人気ブログランキング | 話題のタグを見る

takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

第23回 ハンググライディング世界選手権 in 北マケドニアクルシェボ

第23回 ハンググライディング世界選手権 in 北マケドニアクルシェボ_d0065302_18453908.gif

総合成績 54位 3525点
優勝したアレックスの点が7096点なので、約半分の点しか取れなかった。明らかな惨敗。
過去数回の世界選手権で近づいた世界がまた遠ざかってしまった気さえする。
批判を恐れずに告白すると大会が始まる前からうまく飛べないかもしれない不安はあった。過去に1度も飛んだことのないエリアでの大会でいきなり好成績を残せるほど世界選手権は甘くないし、大会前の自主練習フライトで時間はそこそこ飛べたもののイメージ通りのフライトとは程遠く、エリアのイメージも実力差がタイムに現れやすい感じがした。基本的にコンディションは良いのだが、時間や場所によって全然上がらなくなることもあれば、ずっと上がりっぱなしになるラインも出来る。他機の動きや、雲の観察によって、どうタスクとコンディションと自分の動きに折り合いをつけるか、それが簡単ではないように感じた。
大会期間中、8タスクが成立して、初日はコンディションが弱くなるのがやや早く、遅れたパイロットや先を急ぎ過ぎたパイロットが降りてしまい35名くらいのゴール者に止まったが、残りの7日間は多少の向かい風はものともしないのか40名から多い時は70名くらいのゴール者が出ていた。(タスクはだいたい120kmから150kmくらい、タスク4は例外的に69km)
私は8本中4本ゴール。私がそこそこ上位に食い込む為には毎日ゴールするしかないのにゴール率が50%では総合成績が沈むのは順当。ゴールできなくてもゴール直前くらいまで飛んでおけば致命的な点にはならずに済むのだが大失敗を繰り返してしまった。自虐的な反省をいくら書いても意味がないので、今回気がついたことをいくつかメモしておく。
1. スタートはとても重要だけど、スタートに失敗したからといって必要以上に悲観的になることはない。トップパイロットやトップパイロットの集団でもスタートに失敗している。コンディションによってはみんなやや低めのスタートを切らざるを得ない場合もあり、それはそれでしっかりあげ直して先に進むしかない。
また、コンディションの割にタスクが長い日は多少遅れても1回目のスタート時間でスタートしないと最終的に時間切れになる可能性が高くなる。ただショートタスクの場合は2回目を選択する利点もある。(それでも大半の選手は1回目のスタートを選択するので2回目をあえて選択するのは難しい)
2.その日の上限高度近くを飛んでいる場合を除いて、ほとんどの場合+3m/秒以上の強さのサーマルを無視してはいけない。たとえ少し戻ることになっても強いサーマルを使って高く上げた方が先の展開が楽になる。(チームメートの貴重な情報を無視して向かい風をグライドした結果、降りる寸前の高度になり、30分以上スタック、レースから脱落した最終タスク9の教訓)
3.レベルの高いコンペでは終盤まで大集団が保たれることもある。ここでの勝負はファイナルグライドの見切りと、ファイナルグライドのスピード。これだけで数分の差がつき、20から40位くらい順位が変わってしまう。実は点差は順位ほどは離れないが、きっちりゴールしつつ出来るだけ早くゴールすることも大事。
4.当たり前だけど、自分の安全は自分で守らなければならない。世界選手権に行くと、どう見ても危ないでしょ、とか、それ上がらなかったらどうすんの?みたいなところを飛んでいる人もいるけど、それに影響されて自分の限界を超えて危険を犯せば簡単に事故につながる。往々にしてしっかり安全マージンをとって心に余裕がある状態で飛び切れたタスクが良い結果になることが多い。
5.グライダーの性能は大事だし、良く飛んで良く浮く方が有利だけど、みんながみんな最高性能のグライダーに乗れるわけじゃない。
It's not the glider. It's the pilot.

当たり前のことをダラダラと書いてしまいました。もっと上手くなりたいもんです。


# by taka_sunama | 2023-08-27 16:23 | competition

2022年5月29日 龍門

2022年5月29日 龍門
晴れ 西〜北西の風弱め
予報は前日より上限高め、風弱めだったので、いつもの往復ながら長めの68.4kmタスクをセット。
TO→Lタン3kmEXITスタート→荒川小1.5km→Lタン1km→C16デルタ11km→お城2km→コーナン2km→ピラミッド1km→井阪橋1km→龍門LZ1km(ESS)
スタートゲート 12:50 13:00 13:10 13:20
ゴールなし。トップはコーナンに一番近づいたムーミンさん、続いて元気と砂間。お城まではだいたいの人が行っていた感じ。私は珍しくテイクオフで出遅れ、なんとか1回目のスタートには間に合ったが元気よりだいぶ低くスタート。上限高度が予想より低くスタート前の元気達が1500mくらい上がったみたいだけど、私は上がって1400m。1000m〜1200mトップのサーマルが多く、コーナンは遠かった。
いつものように、まりさんとタモンさんがずっと飛んでいて、後半よく上がったタイミングでまりさんはタスクをこなし、タモンさんは船渡鉄塔まで行ったらしい。
もうちょっと粘れば、コーナン行けたかもなあ。
砂間ランディング
2022年5月29日 龍門_d0065302_23524834.gif
タモンさんランディング
2022年5月29日 龍門_d0065302_23540848.gif


# by taka_sunama | 2022-06-03 23:24 | Flight Log

2021年9月5日 龍門

2021年9月5日 龍門
曇り後晴れ
風 南東のち北西弱め
max1236m
フライト時間 1時間46分
タスク TO→体育館C07 3.5km(SSS)→デュプロB01 1km→大池駅D11 7km→北山B04 1km→井阪橋D04 1km→龍門LD ZAL 1km(ESS)→龍門LD
タスク距離 35.7km
スタートゲート 13:10 :20 :30 :40 の4回
セット by すなま
前山の積雲は景気がいいが、龍門付近は渋そう。12:00頃の上空は東風。一応晴れてきたので上がったらいいな、のノーミナル距離35kmのタスクをセット。先週のリョウスケ作のショート版。
ゴールは砂間 13:30 スタート 14:52:26(ESS)
元気が北山取って龍門LD
ひかりんが北山向かうが北山取れず

リフトは龍門山南西斜面〜旧ゴルフ場〜ヘリポ〜寺山〜JRのライン
砂間は龍門南西斜面でしっかり上げて東側のパイロンをクリア。西側のパイロンはヘリポ、寺山で上げ足してクリア。感覚的には一番遠い北山に向かう前に雲底1200mまで上がったのでゴールが可能になった。
さすがのコンペ組は一上げはしっかり上がっていたが、上限が900m〜1050mくらいだったのでスタートはバラバラだった。

コンディションなりのショートタスクを淡々とこなす事ができて、わりと楽しかった。

# by taka_sunama | 2021-09-06 00:35 | Flight Log

2021年2月7日 龍門

2021年2月7日 龍門
晴れ時々曇り 西北西の風 強め
max1370m(雲底)
task:TO→Lタン1km→寺山1km→お城2km→近大3km→北山1km→井坂橋1.5km→龍門LD
タスク距離 36.2km
スタートゲートLタン1kmEXIT 13:00 13:10 13:20 13:30
セットbyすなま
ゴールは順に ミノちゃん、ナグサ、すなま
最後龍門LD届かず竹房LDまでがRすけ?、KP S水さん。
すなまのタイムは1時間36分
ミノちゃんは1時間25分くらいと思われる。

西風強めの予報だったので、大きくは動きづらいと予測し、タスクセット。Dイヤがサッサとテイクオフしてくれたので、みんなの動き出しが早く上空でスタート待ち。沖(北側)のラインで高く上げていたRすけとDイヤがタスク前半はリード。近大3kmの帰りにナグサとすなまが前に出たと思っていたが、もっと北のリフトラインに乗ったミノちゃんが高く近大をゲット、そのまま山に戻らずに沖での上げ直しに成功し、一気に先頭へ。龍門山頂の上がりがタスク開始後はイマイチだったのでいいタイミングで風上側に切り返して上げ切るテクニックと、リフトラインに乗せるイメージ、高速グライドの技術などで差がついたように思う。

リフトラインの信奉者がまた一人増えた。
若者がどんどん上手くなってきて、おにいさんは嬉しいです。

# by taka_sunama | 2021-02-07 22:14 | Flight Log

2021年1月17日 龍門

2021年1月17日 龍門
晴れ 時々曇り 所により一時雨
西西北西 かなり強め
max 1390m(ナグとzaizはmax1600mくらい)
task TO→Lタン2km EXITスタート→船戸ゴルフ5km(ほぼJR付近)→橋本橋1km→龍門LD(46km)
スタートゲート 13:10 13:20 13:30
ゴールなし
橋本橋取ってちょっとリターンがG気、M田さん、zaiz
九度山から竹房まで帰った ナグが良い判断。
すなまは九度山から帰ろうとしたが、先週と同じパターンでピラミッド北側にランディング。

飛んでいた高度の平均風速は7m/sくらい。
地上の平均風速は4m/sくらい。

今日は一上げが狙い通り気持ち良く上がって、そこそこ飛べたからまずまずかな。
龍門テイクオフは西風が強めの時でも、テイクオフ前に強めのリフトが発生すると、リフトが風をブロックして、テイクオフできる風速になるタイミングが生まれているように感じます。
なんだかんだでハングは全員飛んだみたいだから、よかったんじゃないでしょうか。


# by taka_sunama | 2021-01-18 00:18 | Flight Log
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31