人気ブログランキング |

takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Flight Log( 152 )

2019年2月17日 龍門月例会

晴れ、北西風弱め、積雲豊富、max1450m(雲底)
タスク TO→Lタン2kmEXITスタート→コーナン2km→名手小3km→和歌山インター1km→大門口橋LD1km→コカコーラ1km→龍門LDゴール タスク距離68.5km
スタートゲートは12:30、12:40、12:50、13:00
セットby リョウスケ&名草
ゴールは砂間、名草
砂間は12:40スタート、15:20頃ゴールだから、タイムは2時間40分くらい。
和歌山インター取って竹房LD迄がリョウスケ
集計結果は後日。
コーナン、名手小を、そこそこ順調に取ったあと、寺山、JR周辺が上がらないタイミングになり、スタック。
なんとか生き残り山頂戻ってやり直したりしたが、結局JR付近で雲底に付けて西へ。タイミングよく積雲が出来て、リョウスケと一緒に和歌山インターへ。帰りはアテにしていた、グランドサーマルにヒットせず、船戸から西に伸びる低い山並みに取っついて、なんとか上がりました。
今日はライブトラックがとれてたみたいなのでリンクを張っておきます。


by taka_sunama | 2019-02-18 01:10 | Flight Log

2019年1月2日 耳納

2019年1月2日 耳納
10:30頃テイクオフに着くと、まだ曇っていて、ところどころに雪雲もあった。それでも前向きにせっせとグライダーを組む。時間の経過とともに北西の福岡市の方から晴れ間が近づいてきていて、先に飛んだオガとふじぺーも少し浮いていたので、まあ、上がるでしょ、でテイクオフ。サーマルもリッジもあるにはあるが、かなり上げにくい。テイクオフの高度を行ったり来たりして耐えていると、ユキちゃんと高波がテイクオフしてきて、3人でテイクオフの近くをウロウロするが、ますますジリ貧に。山では粘れなくなったので、ランディング方向へ。しばらくシンクが続いた後、リフト帯に入る。ユキちゃんと高波とオレで協力しながら上げる。ちょうど風向き方向、少し西よりの北西風に沿ってリフトラインが出来ていて何度も切り返して上げた。ユキちゃんが高い位置をキープしながら、積極的に風上のサーマルを当てていて、上手だった。かなり東に流されたけど1300mくらいまで上がったので山に戻ってリッジ沿いに西へ。テイクオフの少し西で荒れている強烈なサーマルにヒットしたので上げていくとわりと裏に流されてしまい、雲底近くまで上げるも効率悪し。また山沿いに戻って西へ。進みは悪いがリッジ沿いはあんまり下がらないのでえっちらおっちらグライダー山まで行ってリターン。テイクオフ近くまで戻ってくるとコンディションが好転していて(風向がやや北に振り、北北西に)みんな上がってる。氏家さんからテイクオフとランディングの間で雲底1500mにいるとの無線。だいたいテイクオフの東尾根から北北西方向に大規模な雲のラインが出来ている。みんなに混ざって上げつつ、北北西へ向かう。サーマルの周期にイマイチ合わず、あんまり上げきれないし、雲の下でも順調に高度を落とす。筑後川の少し手前でサーマルヒット。仲間が欲しくて無線を入れる。
数キロ先の雲底近くに氏家さんを発見。前を飛んでいる人がいると少し強気になって進む。大分自動車道付近まで来るとかなり遠くまで来た気分になり後で確認したら筑後小郡インター付近。ここで1400mオーバーすると、鳥栖JCTはすぐ近くに見えるし、福岡市内も大きく見えてくる。が振り返るとランディングも遠い。氏家さんが上げていたように見えた城山の西の池まで行くが、上がらず、高度も落ちてきたのでリターン。帰りもなかなかしっかりは上がらないものの、そこそこ上げつつ耳納連山に向かうと山裾辺りのサーマルで雲底まで上がり、そのまま雲づたいに西に進み、久留米インター近くまで行って、帰りはリッジに戻って楽々テイクオフへ。(久留米近くのリッジは低いので、ちょっとビビっだけど、大丈夫だった。)
後はお約束で東の鷹取山鉄塔まで行って、適当に高度を落としてランディング。

昔の大会も含め、過去20本くらいは耳納で飛んでいるけど、一番広範囲を飛べたので、記録としては大したことないけど、HG競技委員会のフライトコンテストに申請してみた。
mutaさんのおかげで簡単にフライト軌跡を確認できるようになっていて、素晴らしいと思う。

d0065302_13325088.gif


by taka_sunama | 2019-01-12 13:16 | Flight Log

2017/6/3 霊石

草刈りをしていてテイクオフ出遅れ。
12時ちょっと前にテイクオフ。
先にテイクオフした3人が調子良く上げていたので、少し油断して高度をしっかりとらずに良いサーマルを探したら、見つからず、ぶっ飛びかける。
30分近く粘って上がると、とても良いコンディション。前半こそ、サーマルトップが600m〜900mだったが、13時前くらいからは雲底1100mに何回も着けることができ、比較的広範囲を飛ぶことができた。
d0065302_21583231.jpg
d0065302_21583270.jpg


ライブトラックリンク


by taka_sunama | 2017-06-05 16:40 | Flight Log

2017/3/26 霊石山

ブログの気分的な理由で、フライトログ。
春の霊石は普通に良いコンディションで、霊石としては比較的、広範囲を飛べました。
テイクオフ 10:58
ランディング 14:24
フライトタイム 3時間26分
最高高度 1391m
累積獲得高度 8487m
ライブトラック (13:40頃まで)
砂間テイクオフ
砂間ランディング
動画はらんぽうさん撮影。ありがとうございます。

by taka_sunama | 2017-03-29 19:08 | Flight Log

2016/05/02 霊石

晴れ
西日本の本流は南西風
鳥取は徐々に海風と思われる北風が入る予報

いつもの時間に集まって北TOで準備して状況を観察。TO付近は南風なれど、地表付近は既に北風が入っている模様。11:50過ぎにTO右前でトンビが上げ出しTO+70mくらいゲイン。続いてサーマルブローっぽい北風が吹いて、テイクオフすることにする。
12時ちょっと前に1番手でテイクオフ。先ほどトンビが上げていたところを探ってみるがイマイチ。なので第2プランの南西斜面への回りこみを実行。直ぐにヒットしたわけではないが、リフト帯を探るうちにまずまずのサーマルにヒット。サーマルは明らかに南風に流される。きくりんも上げてきたので一緒に上げて1000mちょっと。もう少し上げれば砂場チャレンジが出来そうなので何度も切り返して高度を稼ぐ。途中きくりんは中途半端に動いて高度を失ってしまっていた。
結局、海抜1200mほどでサーマル離脱、北へグライド。低くなれば北風にぶつかるのは目に見えているので、慎重なピッチ操作とコース取りで砂場に向かう。高度約450mくらいで砂場到着。
ほぼ最後まで南南西くらいの風だったが、地表付近は北西5〜6m/s。I landed safe.

きくりんは少し山から離れても上げていたので下層のコンバージェンスをうまく使っていた、とも言えるが、砂間が飛んだ空域はほとんど全部南風だった。この日は全体的には400m以上は南風が残り、海風がしっかり入った時に霊石のリッジとサーマルで600mくらいまで上がったんだと思う。
北風爆風になったのも南風がわりと低い高度まで蓋をしていたので海風のパワーが増幅されたのではないだろうか。
d0065302_09195559.jpg

これは5/1の大佐山

d0065302_09232745.jpg

d0065302_09232857.jpg

5/2 霊石山のフライトデータ


by taka_sunama | 2016-05-04 08:28 | Flight Log

2015年春の大佐山 まとめログ

今年の春の大佐山はクロカン条件が多く、よく飛べた印象だが、実際にクロカンへ出たのは6日だけだった。
また、追い風となる西風の日はなく、南風または北風でサーマルでしっかり上げて東方向にクロカンする感じだった。おかげで大佐山テイクオフ前はローターで荒れることはなく飛び易かった。
なお、記載のフライト以外の日にも地元のフライヤーが飛んだ日もあるようですがクロカンには出ていない模様です。

以下、把握している今年の春の大佐山のフライト記録。ほとんどは氏家さんのブログからのデータです。失礼ながら敬称は略させていただきます。

4/16(木) 冨原 25kmくらい
4/17(金) 冨原 大佐町LDG

4/18(土) スプリングカーニバル初日 南西
砂間 92.8km
氏家 81.8km
湯浅 80kmくらい
松田H 78kmくらい
松村 71kmくらい
冨原 71kmくらい
その他、多数フライト。ちーちゃんも津山まで。

4/25(土) 北風 max3000mオーバー
松村 136km
田中T 130km
鈴木A 125km
氏家 115km
砂間 115km
大竹 113km
服部 72kmくらい
松田H 62kmくらい
二宮 62kmくらい
竹野 40kmくらい
金 35kmくらい
湯浅 25kmくらい
高波 25kmくらい

5/2(土) 南風
砂間 173km(今期最高距離)
竹野 ハーネストラブルにより大佐町LDG

5/5(火) 北風
田中T 137km
砂間 134.5km
氏家 125.7km
鈴木A 100km
湯浅 80kmくらい
服部 25kmくらい
竹野 10kmから戻って大佐町LDG

5/17(日) 弱い北風
砂間 97.7km
氏家 93km
湯浅 65kmくらい


d0065302_08100680.jpg

d0065302_08100758.jpg

d0065302_08100787.jpg


by taka_sunama | 2015-06-05 23:21 | Flight Log

2015年5月2日 大佐山

大佐山から京都府京丹波町まで173kmのクロスカントリーフライト

細かくログを書こうと思ったが、長くなり過ぎて収拾がつかなくなりそうなのでポイントを箇条書きにします。研究したい人はライブトラックでどうぞ。

良かった点
1. 大佐山エリアに行った事
大佐山のハングは人が少なく、一人でエリアに行くと誰もいなくて飛べないので、事前にフライト仲間か回収者を確保しなければならない。今回は志が高い竹野氏が一緒にフライトしてくれたので、フライトすることができた。

2.津山盆地までは南東の風でサイドアゲンストだったが、積雲やリフトラインに沿ってしっかり上げて進み、向い風の空域をクリアできた。

3.海風の回避
南風だと海風が進入しやすく、海風に捕まると距離が伸びない。作用インター付近のサーマルが荒れていて流されて上げにくく、海風の影響を感じたので、作用以降できるだけ北側にコースを取り海風を回避した。山コースはリスクもあるが2000m以上の高度が取れれば、先が見えるので何とか進める。

4.後半(16時以降)南西の風とリッジソアリング、アーベントっぽさもあり、高度が取れないながらも距離を伸ばし篠山まで進めた。

5.篠山盆地でヒットしたラストサーマルを時間をかけて上げきれたこと。

6. 11:10テイクオフ 18:00ランディング
フライトタイム6時間50分
目一杯飛べたこと。

悪かった点
1.ファイナルグライドが南東風で向い風、高度が低くなるほど強くなって距離が伸びなかった。

2.ランディング場所の選定ミス
グライドパス的に最も東の田んぼに届きそうだったが、下層に入り向い風成分が強まって届かない可能性が少しでてきたのでコースより少し北側の広い田んぼに降りた。しかしここは南東側に山があり、ローターで酷く荒れていた。何事もなく済んだのは運が良かっただけ。最初からずっと北側の南側が開けている田んぼを狙うべきだった。

ライブトラックへのリンク

XCリーグへのリンク
by taka_sunama | 2015-05-08 21:52 | Flight Log

2015年4月18日 大佐山スプリングカーニバル

春の大佐、大会初日 晴れ ブルー
1500m以下 南南西5m/s
1500m以上 西南西5m/s
15:00山崎付近 南東5m/s

上手そうなパラ(植田真ちゃんだったらしい)がまあまあ上がっていて、そこそこの距離のクロカンを狙うなら時間的にもギリギリになってきたので、
11:25 1番機でテイクオフ。南風が強めで上げにくい。大佐山南西斜面にいい高度で周り込めたので、高度をキープしながら同志を待つ。VR10の冨原さんがテイクオフ前で当てたサーマルで一緒に上げるも1300mで上がらなくなり、発射には厳しい高度なのでテイクオフに戻る。冨原さんはそのまま発射。
氏家さんがテイクオフしたら、サーマルが立ち上がりだして、二人で1500m以上上がる。氏家さんはテイクオフに戻ったが砂間はそのまま大佐盆地の端まで流して1900m弱で発射。
冨原さんを探しつつ、キープハイでゆっくり東進。弁当屋(久世)の南で1000m→1600m。南東に進むとプラス4m/sのサーマルにヒット。1900m程まで上がり東進すると次々に強めのリフトにヒットし、2100mまで上がる。
2000m付近は風向きが西寄りで、進みが良いが、結局2000m上がったのはこの1度だけだった。
冨原さんは見つからないが、後続は20km近く離れているので、単独でどんどん進むことにする。
その後は、良くて1600m、だいたい1400mくらいのサーマルトップだったがサーマルは豊富にあってあまり低くはならずに進む。
作用のゴルフ場の先でヒットしたサーマルをだいぶ流して1400mくらい。高圧線を越した先で当てたサーマルは1000mで流れていくだけ。そのまま山奥に入り込む選択もなくはないが、上がっても上限が低い為に先に進めなくなるので、弱気に低い尾根沿いに東進。山崎市街地から北西に伸びる尾根沿いに強めの風が吹いていてリッジはとれるものの向かい風で上がらない。海風っぽい。
最後は広い場所に降りる為にリッジを乗り継いで、少し距離を伸ばす。
15:05ランディング。約93km。

降りた時間が早く、まだ飛んでいた人もいたので、上を越えられるかな?と思っていたけど、やはり海風の進入には勝てなかったようで、砂間がこの日の最長距離になった。

グライダーのパッキングが済む前に、氏家慶子さま到着。幸せ過ぎる(^_^)。
しんちゃん、いつもありがとうございます‼︎

最高高度 2146m
飛行距離 92.8km
飛行時間 3時間40分

ライブトラック
d0065302_19224122.jpg

d0065302_19224288.jpg

d0065302_19224310.jpg

d0065302_19224495.jpg

d0065302_19224484.jpg

写真の一部は高波、大竹から拝借しました。
by taka_sunama | 2015-04-24 18:07 | Flight Log

2015年4月11日 霊石

朝は予報通りの曇り空で出足が鈍るものの、昼前に登頂すると晴れ間も増えてまずまず良さそう。
おにぎり食べて、ぼちぼちテイクオフ。リッジであっさり450m。根拠はないがサーマル探しに谷でうろうろ、春らしい珍しく流されないサーマルヒットで雲底850m。
雲は豊富にあるが、相変わらず周期がよくわからんので、頑張って北上しては、ちょっと戻り上げてを数回繰り返し、鳥取市街地へ。市街地南半分をうろうろして、ちょっと突っ込みかけたら、高度600を切ってしまい、慌ててリターン。メインランディング、カツカツでした。終わってみれば、1時間にも満たない淡白なフライトで、もったいなかったなあ。
写真はタンデムをせっせとこなす the matu。
d0065302_00471919.jpg

by taka_sunama | 2015-04-12 00:25 | Flight Log

2015年2月1日 龍門競技会

前日の1/31は雪雲が断続的にテイクオフを襲い、フライト断念。2/1も様子を見ていたが、チョット風が強めながらいけそうな感じ。
寒い曇り 北北東〜北北西5m/s

12:10 テイクオフ
14:16 ランディング
フライトタイム 2時間6分
最高高度 1223m(ASL)
累積獲得高度 5479m
最高速度 99km/h

タスク:TO→城→パナ→九度山鉄塔→井阪橋→龍門LZ

テイクオフがやや東被りで、氏家さん、砂間の後はテイクオフが遅れて、一緒にスタート出来ず。
1回目のスタートを氏家さんと二人で切ってレースしていたが、広岡が、やや低めながらリッジを上手く使って、それほど遅れずについてきていた。
スタートから氏家さんに上につかれてしまい九度山行きの北山、ピラミッドでも上げ遅れていたので、低めながら先行して九度山を取りに行く。帰りのピラミッドで上げ直していたところで氏家さんに抜かれたが、北山で合流した林寺さんと龍門とLタンの間くらいでいいサーマルにヒット。1200m近くまで上がったので、残り13kmをグライドしてゴール。氏家さんが北山の後スタックしていたようで、ファーストゴールの1000点だった。

by taka_sunama | 2015-02-20 11:00 | Flight Log
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30