takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

タグ:霊石 ( 65 ) タグの人気記事

2017/6/3 霊石

草刈りをしていてテイクオフ出遅れ。
12時ちょっと前にテイクオフ。
先にテイクオフした3人が調子良く上げていたので、少し油断して高度をしっかりとらずに良いサーマルを探したら、見つからず、ぶっ飛びかける。
30分近く粘って上がると、とても良いコンディション。前半こそ、サーマルトップが600m〜900mだったが、13時前くらいからは雲底1100mに何回も着けることができ、比較的広範囲を飛ぶことができた。
d0065302_21583231.jpg
d0065302_21583270.jpg


ライブトラックリンク


[PR]
by taka_sunama | 2017-06-05 16:40 | Flight Log | Comments(0)

2017/3/26 霊石山

ブログの気分的な理由で、フライトログ。
春の霊石は普通に良いコンディションで、霊石としては比較的、広範囲を飛べました。
テイクオフ 10:58
ランディング 14:24
フライトタイム 3時間26分
最高高度 1391m
累積獲得高度 8487m
ライブトラック (13:40頃まで)
砂間テイクオフ
砂間ランディング
動画はらんぽうさん撮影。ありがとうございます。

[PR]
by taka_sunama | 2017-03-29 19:08 | Flight Log | Comments(0)

2016年7月18日 霊石でのフライトで気がついた事

自分用メモ
1 良いサーマルは渋そうに感じるリフト帯の近くにある。つまりリフト帯に入っている時はサーマルにヒットするチャンスなので、より慎重にサーマルを探るべき。
2 雲を観察することは絶対に必要。雲の下に行っても上がらないことはよくあるが、やはりリフトの形跡なのでよく観察しなければ、結局いつまでたっても理解出来ない。良いサーマルにヒット出来なくてもリフトラインに乗せて沈下を抑えてグライドできることもある。
3 マツは絶対的な要チェックパイロット。とにかく、マツ君は上手いので、見つけたら視界に入れておく価値の高いパイロットですね。

まあ、世界の常識ですかね⁈
d0065302_22393352.jpg


[PR]
by taka_sunama | 2016-07-18 22:22 | technic | Comments(0)

2016/05/02 霊石

晴れ
西日本の本流は南西風
鳥取は徐々に海風と思われる北風が入る予報

いつもの時間に集まって北TOで準備して状況を観察。TO付近は南風なれど、地表付近は既に北風が入っている模様。11:50過ぎにTO右前でトンビが上げ出しTO+70mくらいゲイン。続いてサーマルブローっぽい北風が吹いて、テイクオフすることにする。
12時ちょっと前に1番手でテイクオフ。先ほどトンビが上げていたところを探ってみるがイマイチ。なので第2プランの南西斜面への回りこみを実行。直ぐにヒットしたわけではないが、リフト帯を探るうちにまずまずのサーマルにヒット。サーマルは明らかに南風に流される。きくりんも上げてきたので一緒に上げて1000mちょっと。もう少し上げれば砂場チャレンジが出来そうなので何度も切り返して高度を稼ぐ。途中きくりんは中途半端に動いて高度を失ってしまっていた。
結局、海抜1200mほどでサーマル離脱、北へグライド。低くなれば北風にぶつかるのは目に見えているので、慎重なピッチ操作とコース取りで砂場に向かう。高度約450mくらいで砂場到着。
ほぼ最後まで南南西くらいの風だったが、地表付近は北西5〜6m/s。I landed safe.

きくりんは少し山から離れても上げていたので下層のコンバージェンスをうまく使っていた、とも言えるが、砂間が飛んだ空域はほとんど全部南風だった。この日は全体的には400m以上は南風が残り、海風がしっかり入った時に霊石のリッジとサーマルで600mくらいまで上がったんだと思う。
北風爆風になったのも南風がわりと低い高度まで蓋をしていたので海風のパワーが増幅されたのではないだろうか。
d0065302_09195559.jpg

これは5/1の大佐山

d0065302_09232745.jpg

d0065302_09232857.jpg

5/2 霊石山のフライトデータ


[PR]
by taka_sunama | 2016-05-04 08:28 | Flight Log | Comments(0)

サーマルのシフト、合流、強いショットに乗せること

2015年5月6日 霊石
晴れ、薄曇り、南風、お昼に下層の海風(北風)到着

前回、4/26日だったかな。注意不足でコンバージェンスをみすみす逃し、たぶんMが御立腹だと思われたので、今日はマジメにフル装備まで準備して、風を観察。登頂時点では普通に南風、風車は一度西を向くが再び南に向き回り方は遅い。ランディングの風は登頂前から弱い北風。
12時近くになって地表付近の風がランディングから山方面に強めに吹き出した。
川が波立ってわかりやすい。ハーネス着どき。南から出ようと思う、と言ってきた若者に直ぐに北風が入ることを伝え、構える。Mに風のイメージのアドバイスをもらいちょろちょろと入ってきた風でテイクオフ。
渋いが大きめのリフト帯で少しづつ上がっていく。リフト帯の中で少しづつ探りを入れて強い上昇を探しつつ、風に流されるリフトを追いかける。まだ南からも風は吹いているはずだから、南から上がるサーマルも合流する可能性もイメージ。この、サーマルというよりも風の流れの立体的なイメージがポイントなのかもしれない。
サーマルのシフト、他のサーマルが合流してより強いサーマルに、リフト帯の中に上がってくる強いショットに機体を乗せること。
そんなことは後付けで、飛んでいる時は全て直感なんだけど、そんなこんなで1100mくらいまで上がり、その後もう1度、一時は平均プラス5m/sの強烈サーマルで1330mまで上がった。
そうは言っても、いいことばかりではなく、1000m以上は南に進まないくらいの南風。これだけ高度によって風速が違うと、当然、激荒れの空域もあり、弾かれてダイブに入ったりして大変だった。で、ビビってたいして動けず、その内下がってきて、あとはいつもの海風の中のフライト。それでも600m以上は南風だったので700mくらいまで上がって北に向かうといつもは遠い小学校にあっというまに到着。帰りに高度が下がると海風フォローで楽に戻ってこれた。
マニアックな霊石の海風コンバージェンスに興味がある人の参考になればとダラダラ書いてみました。

サーマル、リフトラインのイメージは、こういう上げるのが難しいエリアで鍛えられると、他のエリアのわかりやすいサーマルだと簡単に上がりますよ。

今日はコンバージェンスがきっかけのサーマルで上がっただけなので、もっとコンバージェンスラインに沿って飛べるようになることが今後の課題です。

d0065302_19562059.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2015-05-06 18:46 | technic | Comments(0)

2015年4月11日 霊石

朝は予報通りの曇り空で出足が鈍るものの、昼前に登頂すると晴れ間も増えてまずまず良さそう。
おにぎり食べて、ぼちぼちテイクオフ。リッジであっさり450m。根拠はないがサーマル探しに谷でうろうろ、春らしい珍しく流されないサーマルヒットで雲底850m。
雲は豊富にあるが、相変わらず周期がよくわからんので、頑張って北上しては、ちょっと戻り上げてを数回繰り返し、鳥取市街地へ。市街地南半分をうろうろして、ちょっと突っ込みかけたら、高度600を切ってしまい、慌ててリターン。メインランディング、カツカツでした。終わってみれば、1時間にも満たない淡白なフライトで、もったいなかったなあ。
写真はタンデムをせっせとこなす the matu。
d0065302_00471919.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2015-04-12 00:25 | Flight Log | Comments(0)

2014/11/16 霊石山

11月16日 晴れ 昼過ぎまでは日照が弱く、風も始め南で徐々に弱くなっていった。13:30頃から北風がわりとしっかり入り日照も強くなり、容易にリッジがとれるようになる。

12:11 砂間、テイクオフ。15分、ぶっ飛び。ランディングで練習のために1年振りくらいでドラッグシュートを投げる。おおむね問題なし。
オレが降りて、片していたら、北風が入りそうになってきたのでリフライトに上がる。北風が入るまで待ってからテイクオフしたタケシ兄さんが、悠々と飛んでいた。その後、アクシデントがあり、やや遅れて、
14:19 砂間リフライトテイクオフ。容易にリッジがとれ、思いのほかリフトが豊富で、楽しいフライト。上限は650m〜850m(ASL)くらいで、風車に渡って少し動いた程度。15:00頃が一番上がったかなあ。1時間ほど飛んだところでリフトが弱くなったので、空域を初心者に譲ることにして、ランディング。
高速ファイナルグライドの練習からのランディング。なかなか上手く出来た。

2014/11/16 霊石 砂間リフライトLDG
http://youtu.be/340bo_yMBQ4

フライトデータ(リフライト)
フライトタイム 1時間6分
最高高度(海抜) 865m
最高速度(対気) 110km/h
[PR]
by taka_sunama | 2014-11-17 23:04 | Flight Log | Comments(0)

Falcon3 Tandem メモ

ファルコン3タンデム(21.2m2)はフックインウエイトで、150kgくらいで飛んだら、かなり調子が良かった。まあ、ぶっ飛びコンディションだったけど。
以前、一人で(フックイン85kg)飛んでみた時はイマイチな印象だったので、今日のフライトは目からウロコ状態でした。

具体的にはコントロールが軽く、そこそこの足があり、フレアーも軽く良くかかった。

やむをえない事かもしれないが、機重は重いので、テイクオフ時の沈み込みは大きい。落差のないテイクオフでは要注意。

タンデムフライトはなかなか楽しい。
[PR]
by taka_sunama | 2012-11-04 20:51 | Flight Tool | Comments(0)

2012/8/5 霊石〜砂丘

晴れ
本流 南南東強め
max1173m 50min

12時を回っても、テイクオフにはたいして北風が入らない。見込みのありそうなタイミングでパラの上級者が出て行くが、ぶっ飛び。

雰囲気的にリフトはありそうだったので、北風0.5m/sでテイクオフ。しょぼいリフト帯で少しさまよった後、なんとか上がるサーマルを引っかける。直ぐにマツと高波がテイクオフして、下に入る。
が、このサーマルはそんなでもなく、オレは500mくらいまで上がるが、マツと高波は400mくらい。一度霊石の稜線を試すがダメなので、右尾根で上げ出した、二人に被る。
まずまず上がったところでマツは谷へ。谷が上がり出したので、オレも移動。
で、二人でいいリフトを探しながら雲底近くまで上げて、1170m。
今日は確実に砂丘まで行けそうなので、オレは少し右寄りのコースで北上。鳥取の市街地で800m→1000m。
マツが先行して砂丘に向かってくれたので、見失わないうちについていく。
で、あっさり砂丘到着。500m以上は未だ南風だが、波を見たら明らかな北東風。
マツのランディングをよく観察してからオレも近くにランディング。砂丘の爆風は荒れてて、降りにくかったけど、ソフトランディング。

その後、風の弱い場所に機体を移動させるのがしんどかった。
いつのまにか、4年近く鳥取で飛んでいますが、砂丘ゴールは初めて。条件さえ揃えば簡単なのは分かってはいたが、なかなか条件が揃わない。やっぱり難しいんだろうな。
オレは砂丘育ちではないので、みんな程こだわりはなかったけど、一度はやっておきたかったので、出来て良かった。
マツとのコーラでの乾杯は素直に嬉しかったです。

しみずさん、回収ありがとうございました!


d0065302_2154594.jpg

d0065302_215472.jpg

d0065302_2154813.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2012-08-08 21:05 | Flight Log | Comments(0)

2012/6/3 霊石

晴れのち雷ゴロ
北風3〜4m/s のち南風

Falcon3tandemをソロでフライト。
20分くらいリッジで粘った。

渋かったせいもあるが、思っていたより、全然浮かなかったし、飛ばなかった。
最近のコンペ機にも言える事だが、適性重量より、あまりに軽いと、グライダーの性能が出ない、
という気がした。

普通にコンペ機で飛んだ人達は谷で500mくらいまで上がって、数人がサイロに行けたくらいのコンディションでした。
[PR]
by taka_sunama | 2012-06-04 23:24 | Flight Log | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31