takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

タグ:足尾山 ( 13 ) タグの人気記事

EastJapan Championship 2017 day4

59分50秒でゴール。デイリー4位、879点。

10/9 EJC day4 晴れて日照は1日保ちそう。サーマルトップは900mくらいの予想で気温減率は悪い。山沿いのサーマルは期待できるが平地は上がらない。風は弱い南から南西。という気象予想。
タスクは TO→猿公園1kmEXITスタート→風車南1km→国民宿舎2km→茂木ゴール 総距離約38km スタートゲートは12:20、12:40の2回。

気象予想は悪かったけど、パラグライダーはまずまず上がっていたし、タスクの難易度が低く感じたので大量ゴールを予想。まずまず効率良く飛ばないと前日のリードを守れない可能性はある。テイクオフの風が安定しないおそれがあったので、さっさとテイクオフ。わりとすんなり上がって上空待機。
スタートゲート30分前には猿公園の西側の稜線上空で雲底1040mに付ける。それでも猿公園の上にガーグルができると、そっちに向かってしまい、それがイマイチ上がらないどころか、だんだん下がってしまう。もう一度稜線に戻って上げ直すか迷ったが、弱いリフトを引っかけたりしていたので、猿公園の上で待機。結局高度750mくらいでスタート。明らかに失敗だけど、仕方がないのでレース開始。パラ尾根で上げ直した後は風車、国民宿舎はまずまずハイペースでクリア。風車CTRを避ける為に足尾山でしっかり上げて、燕鉄塔で上げて、雨引山で上げて、谷渡り。国道50号付近で弱いサーマルで回していると、高峰山の稜線上に先行機が見えて回していたので、平地ショボサーマルは早めに見切って高峰へ。
高峰の西側稜線はリフト帯ながらサーマルはイマイチで結局、高峰山頂でチョット上げ足して北側にこぼれ、北に伸びる稜線上で平均+2のサーマルをヒット。1000mくらいまで上げて、残り10kmくらいをファイナルグライド。わりと遠くて痺れたけど、途中のリフト帯で減速したりして、ピッタリゴール。
先行していた3機には、結果的には1度も追いつけなかったわけだけど、最後に少し差を詰めれたかな?と思う。
ショートタスクでスタートに失敗すると逆転は難しいようです。
総合得点では優勝しました!
楽しかったです。
d0065302_20164528.jpg

d0065302_20164839.jpg

d0065302_20165150.jpg

EJC day4 結果
EJC 2017 総合成績

[PR]
by taka_sunama | 2017-10-10 19:02 | competition | Comments(1)

EastJapan Championship 2017 day3

ファーストゴールでデイリー1位。

10/8 day3 一応晴れてはいるものの、800m程の低い雲底、海風の早めの進入が予想され、タスクはテイクオフ3kmEXITスタートから西に20km、北に10km、また西に9km進んでゴールの39kmショートタスク。スタートはオープン時間無しのエラップス。つまりいつでもいい。
ポイントは西にこぼれるタイミングか?とのテイクオフ前の予想。
2番目にテイクオフするも一上げに苦しみ、ムタが先行して行ったのは知らなかった。最初は雲底700m程なので、もう少し高度が欲しくて待機。時間は12時を回ってきて、西の空は東よりは晴れているので、雲底に着けた人から西へ向かう。足尾山の西側の比較的近いところで上げ直しのガーグルが出来ていたので、そのサーマルに入れそうなタイミングで西側へこぼれる。
まだ、スタートシリンダーの中なので、加波山、足尾山付近でしっかり上げてからスタート。近くに田中元気選手。世界選手権の最も渋い日に単独ゴールを決めるパイロットと一緒に飛ばない手はない。元気君を見失わないようにしながら、やや北側のコースを進む。
高度が取れないので、ちょくちょく上げながら進み、第一パイロン手前4km付近の街の上で元気君に引き離されてしまったで、自分でサーマルを探したら割と良いサーマルに当たり900m程まで上がる。
第一パイロン取って北に進むレグは下層の南風と鬼怒川の東側に出来ていたリフトラインに乗って、わりと順調。先行していた太田君をかわし、再び先行する元気君が見える位置になる。しかし、第ニパイロンの橋に近づく頃には高層雲がしっかり張り出してしまい日照が弱まり、本日終了の雰囲気。橋を取った先の小さな集落の上で元気君が回していたので、そこに合流するけど、とても上がるサーマルではなく、元気君はサーマルを探しに更にゴール方向へ向かって行ってしまった。高度300mくらいで回しだして250mくらいまで下がったところで太田君が近くにきて少しだけ南側で回しだしたのでリフト帯を外さないように丁寧に回していると少しずつ上がってきた。高度350mくらいまで上がった頃に後続の集団が合流。南東風に流されていき、ゴールまでは6.5kmくらい。700mくらいまで上がったところで、砂間がファイナルグライドをかける。
ゴールが見えてきたけど、機体が見えないのでどうやらファーストゴール。
なかなか気持ちいいもんです。
結局、最後の渋々サーマルで上がった7機だけがゴール。いろいろラッキーな展開でした。
d0065302_17143279.jpg

d0065302_17143715.jpg
自撮り難しい。(^^;;

EJC2017 day3 結果


[PR]
by taka_sunama | 2017-10-10 16:06 | competition | Comments(0)

2015/9/23 足尾 日本選手権 Day5

晴れ 南東〜南西の風 雲底1600m
タスク TO→スタートビッグシリンダー→猿公園→高根沢町仁井田駅→黒羽ニコンゴール 総距離約80km
効率よく速く飛べたという意味で印象深いフライト。
ファイナル勝負で大門さんに引き負けて10秒差の2番手でゴール。

ぶっ飛びのリスクは低そうだったので、早めにテイクオフしてスタートに備えた。飛んでみなければわからないこともあるもので八郷役場周辺のグランドにもしっかり雲ができていて山で一緒に雲底に着けた博司さんもグランドへ。よく見るともう一人(シゲト)既にグランドで回していた。結果的にこのグランドサーマルは広範囲に30分近くも続き、有力選手の多くがスタートシリンダーの風上であるグランドの雲底からスタートしていた。

スタートしてから猿公園、加波山、富谷山を越えて10kmくらいまではペースの速いスピードレース。上昇率の高い高度帯(900m〜1400m)をキープしつつ、ほぼ真っ直ぐグライド。富谷山の北側からは、大門、板垣、鈴木博司、砂間、田中元気の5人で集団を形成し調子よく進むが仁井田駅パイロンの手前15kmくらいからのサーマルはそれほど強くなく、ややペースが落ちる。
グライドのコース取りで失敗したのか元気は低くなり集団からは脱落。砂間も駅パイロン手前5kmくらいでのサーマルで上げ遅れ、やや遅れをとる。
仁井田駅を取ったあと弱いリフト帯に入ったのでブレーキを踏んで上げ直しをはかる。先に進んだ3人も2〜3km先で回しているが上がりはよくない。砂間がまずまず上がりかけたところで、シゲト、まっつん、岡田さんがサーマルに入ってくる。情報量が増え、上げの効率がよくなり1500m以上上がる。残り20数km。そのままファイナルのつもりでグライドをかけるも、もうひと上げしたいところで回っている大門さん発見。迷わず被り、充分にゴールに届く高度を稼いでからファイナル。意地の張り合いで引き込み過ぎてゴールをショートするのを嫌い、大門さんの10m後方を100km/hくらいでグライド。ESSに近づくと大門さんのスピードは更に上がり、やや引き離される。
ゴール役員の岩村さんのゴール設営がなんとか間に合い、黒羽ゴールにランディング。
凄く楽しかった。




[PR]
by taka_sunama | 2015-09-26 03:38 | competition | Comments(0)

2013/10/14 EJC day4

板さんや北野さん、リョウスケがフライトログを書いていたので、恥ずかしながら、私も書いておきます。
目的としては、私の飛び方を参考にして、これからの大会で少しでもうまく飛べる人がいるといいなあ、程度です。

ダラダラ書いてたら、長くなりました。

タスク
TO→猿公園1kmエントリースタート→猿公園→キノコ山→リムジン→燕山→新nasaショップ→関城APゴール

タスクが決まって、ゲートオープンまで時間があったので、状況を観察していたが、風が強めでサーマルが流されていて、あまり高く上がっていない。
が、時間とともに徐々に良くなりつつあり、ダミーの名草が順調に上がっていたので、サッサとテイクオフすることにする。全体では、ムタ、秀子に次いで3番目、ランチャーからは1番。

イマイチ上がらないコンディションで時間が経過するが12時近くになって、前で上がっている北野さんを見つけて、前に出してボチボチ上がり、スタート時間も近くなってきたので猿公園の尾根へ。猿鉄塔近くの尾根の近くで、渋く上げる。数機が下に入ってきて一緒に上げるが、渋い。みんな、もっと沖の日照がある方へ行ってしまったが、1回目のスタートまで、あと数分、高度を落とさなければ、悪くない高度でスタートを切れると考え、居残る。

実際、既に足尾山系は積雲によるオーバーキャストになりつつあり、下手をするとタスクの前半で降りてしまうリスクがあったので、早くスタートして、前半の山での生き残りを有利に進めようと思った。

12:15ほぼきっかりにスタート、そのままキノコ山に向かうが、矢印がキノコに向かない!直ぐに猿公園400mに入っていないことに気づき、猿公園取り直し、キノコ山のCoo東TOに向かうが、すぐにとれない、あっ、チョット手前の山頂なのね。とミスしまくりで高度ロス。おまけに猿公園付近が渋くなり、リムジン取る前にピンチ!中ダンナが猿公園より低いところから上げてきたので、そのサーマルをいただき、繋いで繋いでるうちに2回目のスタート時間になったっぽい。チョット焦ってリムジンをとって、あげ直し、750mくらいまで上げて足尾へ。ここからムタとサイドバイサイド。
足尾イマイチなのでスルーして風車の前で上げたして燕へ。高度がそこそこあったので燕の尾根の懐に飛び込んだら、パイロンが取れた。チョット低かったムタは北に回りこんで燕をとっていた。加波山の東で、2周くらいしたけど、ムタは低いまま、雰囲気の悪い足尾に戻っていった。
いやっ、それは気まずいだろ!と思い、しばらく加波で上げていると、板さん率いる2回目スタート集団がやってきたので、我慢できずに足尾へ。

足尾、渋い。とりあえず、最も確実に高度をキープしやすい、パラTO上で粘るが、たいして上がらない。ので動けない。そのうち2回目スタート集団が、さらに低く足尾に戻ってきた。デコ山付近で回しだし、まあチョットだけ上がり出したので被る。しばらく粘っていると、リョウスケが隣に!いや、リョウスケはまだ燕の前だろう、と気にしない。
と、低い板さんが、猿公園に向かった!マジですか⁈と思いつつ、新nasaショップと猿公園はめっちゃ近い、という事前情報が頭に浮かび、チョット高かったオレは新nasa取ってからでも猿公園にとっつける!と読み、それを実行。猿公園北東側でサーマルにヒット、このサーマルは徐々に良くなり、小高さん、良平と一緒に上げ切る。オレはあとは西に流すだけだからね。

ムタの事をすっかり忘れたオレは、先頭だと思い込み、逃げ切りを図ろうともくろむ。西の景色はなかなか良くて、もう一発当てればファイナルだろう。西に出て、ちょっとしたサーマルで上げていたら、太田が下に入ってきた。ここは、抜かれる訳にはいかないので先に進む。
で、しばらく進むと、ヒット!太田もすぐに入ってくるが、高度差はあるので上げきって、ファイナル!のつもり。残り15km、高度1100m、フォローだし、イケるだろう。一応、コンバージェンスらしきものを意識しつつ、順調に進むが、残り5kmくらいから怪しくなってきた。
残り3km、高度300m。あっ、これ海抜高度だ、対地は200チョイしかない!ダメだ、届かない。
ゴール付近は南風が押していて、南東くらい。煙りを頼りにフォローに流し、しょぼいサーマルになんとかヒット。高度を100mくらい足して、なんとかゴール!

残念ながら、とっくにムタがゴールしていて、オレを見ながらタバコを吸っていた、ように見えました。
すぐに、太田、板さんがゴール。

この日、14人ゴールで、タイムは平凡で、9番目、着順の2番がちょっと効いてこの日の点数は7番でした。

長々とすいません。まあ、たくさんミスもしていますが、あきらめず冷静に判断することで、あんまりよく分かっていない私みたいなパイロットでも、ゴールできるということです。
あー、恥ずかしい。^_^;

もうちょっとまとまった、ポイントとなる大門さんの名言を次回の記事に載せる予定です。
[PR]
by taka_sunama | 2013-10-24 19:40 | competition | Comments(0)

2010/10/11 EJC day4

max1337m
2h52min
ランディング A

早めにテイクオフしてカバ、ツバメでスタート待ち。まずまずの位置でスタートできて、しばらくは先頭集団で進む。それほど高度が取れないわりに、コカジや岡田さんがガンガン先に進むので、負けてられんと自分が上がると思ったポイントに突っ込むがスカッ。低くなってスタック。

どうにも上がらないので、飯田ダムを700mくらいの半端な高度でとってねちねち上げる。
高峰近辺で復活し、富谷山でも上げきるが、その後は激渋で橋パイロンを取って降りてしまった。
成績は平凡だったけど、まあ頑張れたかな。
[PR]
by taka_sunama | 2010-11-03 00:01 | competition | Comments(0)

2010/10/8 EJC day1

max1220m 3h11min
東北東の風 3~5m/s

task:TO→猿鉄塔→燕鉄塔→西に30km→南に10km 総距離約50km
ゲートオープン後、間もない11:40頃テイクオフしたが、思いのほか渋くなかなか上がらない。何度かタイミングを逃した後、雲底に付けて12:57にスタート。燕鉄塔に行ったタイミングが渋く降りそうになるが、なんとか復活し大集団を組んで西へ。途中からとのやん、濱口と3人でフライト。パイロン手前7kmくらいで前を飛んでいた、うじーえさん桂さんに追いつく。
最終パイロンの上で900くらいまで上げてファイナル。
ジャストインゴール。この日の5位。
燕から西に出るのが遅かった。ただ、集団の利点は活かせたかなあ。

ランディング B
ゴール高度が低すぎて、リスクのあるランディングだった。
[PR]
by taka_sunama | 2010-10-10 14:05 | competition | Comments(0)

2010/10/7 足尾

max900m 1h58min
北東5~7m/s
TOの風が強く、みんながテイクオフをためらう中、14:30頃テイクオフ。
リフトはわりと豊富でけっこう楽しめた。燕山ときのこ山の間を5往復くらい。
やはり風は強く、場所によっては荒れていた。加波山では楽にリッジが取れた。
ランディング A
足尾LZでの北風のアプローチ。OK
[PR]
by taka_sunama | 2010-10-10 13:44 | Flight Log | Comments(0)

2009/10/12 EJC4日目

max1100m
2h01min

ゲートオープン後、ランチャー台からの選手としては1番にテイクオフ。さる壁でもパラ前でも上がらず、ぶっ飛びかけるが足尾LZ上100mでヒット。丁寧にサーマルを追いかけて600mくらいまで。その後なかなか上がらないがウロウロしながら高度をキープ。スタート時間の13時にはガーグルのトップへ。さる公園上のサーマルでも高く上がった4人は板さん、オレ、まつ、あき。この時高度1000mくらい。板さんは単独で山の西側を通り、その後、富谷山、下館と進んだらしい。残りの3人は東側を足尾に戻るが、あまり上がらず、右往左往。その内にリフライトの選手とも一緒に飛ぶはめに。1時間くらい飛んだ後、さる壁600mで加波山に渡るが全く上がらず、そのまま雨引の北側麓にランディング。
我慢が足りなかった。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-12 20:57 | competition | Comments(0)

2009/10/11 EJC3日目

max2000m
4h06min

100kmタスク。
ゴール手前2.5kmショート。
12:30 1450m雲底からスタート。あちこちで集団を作りながら佐野藤岡ICまで進む。リターン後、シゲト、まっすー、北野さんと回すがあまり上がらず、高度700mくらいで単独で動き出してしまう。小山の町の南側で何度か切り返しながらやっと上がる。しかしこのサーマルは雲底まで届かない。高度1700m、残り23kmでファイナルをかけたが、下層の北東風に阻まれ2.5kmショート。オレのタイミングでは、ユージやまっすーのようにコースの南側の晴れ間を進んでも、北野さんのように雲底に付けてファイナルをかけてもゴールできたと思う。最後の詰めが甘いなあ。
この日ゴールは順番に大門さん、平林さん、ユージ、北野さん、まっすーの5人。オレはコカジと並んで6位タイ。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-11 00:00 | competition | Comments(0)

2009/10/10 EJC2日目

max1300m
2h29min

さる公園スタート→高峰→自治病院→関城ゴール

スタートオープン1時間前に上げきっていたが、スタート時間には中途半端な950mくらいでスタートしてしまう。
それでも高峰までは順調に進むが、Y寺さんの事故情報で動揺してペースダウン。富谷山では集団で大スタック。800mくらい上がったところで動くが、その後も高くは上げれず、自治病院バイロン9km手前にランディング。

上手い人に比べると周りが見えていないようだ。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-10 00:00 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30