takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

タグ:池田山 ( 20 ) タグの人気記事

第13回 池田山カップ 雑感

2016年 8月11日〜14日までの4日間、第13回池田山カップが開催されました。4日ともゴール者が出るタスクが成立して、砂間は4日ともゴールでき、総合成績で2位でした。
考えてみると砂間は過去に3度、HGシリーズ大会で優勝していますが、3度とも2日成立の大会で、4日以上成立した大会としては過去最高位だったかもしれません。

細かいログは省略して、この大会でうまくいった点とうまくいかなかった点、あと、少し池田山の飛び方や、コンペでの飛び方のセオリーをダラダラと書き留めておきます。

1. ルートナビゲーションの変更
私はフライテック6030を使っていて、大会前の練習と過去の池田山の大会での経験から、オプティマムルートを使わずに、普通のコンペティションルートを使っていました。day1、day2とゴールはしましたが、点数には満足出来ず、特にday2は沖に出るタイミングで遅れをとってしまい、結果的にアレックスから約20分も遅い平凡なタイムになってしまいました。このままでは上位入賞は見込めない、と感じたのでday3からはオプティマムルート&オートマップ機能を使いました。結果的にはこれがかなり上手くいったと思います。

2.リフトラインの意識
リフトラインを意識して、うまく使えると、高度を落とさずに移動できるので効率がいいし楽しい!というのは、このプログでも何度もふれていますが、今回の大会でも何度かリフトラインに載せてうまくいきました。山の往復では、池田山の尾根筋の一つ裏側(西側)の尾根筋を上手く使うのがポイントで、特に北の小島パイロン(のビックシリンダー)に向かうとき、多くのパイロットが上限近くの弱いサーマルでしつこく上げているのをしり目に、裏の尾根筋のリフトラインに載せてさっさと小島パイロンを取りに行けました。
また、day1、day2のファイナルグライドでは大野町内を流れる小川沿いのリフトラインを狙って飛び、向い風のレグでの高度の損失を抑える事に成功しました。ただday3では同じコースでもかなりズブったので、いつも使えるわけではない、とも言えます。ちなみにday3は最後のパイロンをとった後も、地上のトリガーになりそうなポイントを繋いでグライドして高度的にギリギリだったわりにはゴールには少し余裕を持ってたどり着きました。

3.風上のパイロンは多少低くても取れるうちに取っておく。
day3で振るいになってしまった最も風上側の焼却場パイロンですが、アレックスと鈴木博司さん(と小高さん?)以外は焼却場を取った高度は割と低かったと思います。砂間も権現山から焼却場の間のサーマルがあまり良くなく、必要以上に粘り過ぎる事なく、高度がある内にちょっと強引に焼却場を取りました。焼却場からセメント工場のレグは低い高度をずっと流す感じになりましたがリフト帯を外さなければ、なんとか浮いていられるので、粘りながら、次のポイントを探し、結局まともに上げ直せたのは権現山でした。

4.スタートが下手だった。
スタート時刻前の上げがイマイチで、スタートする高度が一番高い人よりも少し低く、スタートダッシュに失敗した。ただ、雲底スレスレは精神的にもキツいので意図的に逃げていた面もあったと思う。スタート時刻と上げのリズムもコントロールして、もっとスタートを上手く切れるようにしていきたい。

たぶん、今、成績がいいのは自分にそれなりの自信があり、自分の判断でコンペに臨めているからだと思う。あと、「やっぱりゴールが大事やでー」はトノヤンの名言。
総合成績はこちら

day3、ゴール直後の砂間
d0065302_22190077.jpg


day3、トップ4(アレックスより先にゴールした4人) ナイナイ、砂間、マツ、元気
d0065302_22190167.jpg


写真は、ぴらい撮影


[PR]
by taka_sunama | 2016-09-06 20:16 | competition | Comments(0)

2013ハンググライダー日本選手権で優勝!を逃しました‼

ちょっと落ち着いてきたので、ひとまず結果だけ、記録しておこう。

d0065302_222216.jpg

これが最終日前の総合成績。


d0065302_2222345.jpg

で、これが最終日後の総合成績。

どこに行っちゃったんでしょうね。8番目くらいに名前があります。

大会5日目最終日、失敗しました。点差がなかったので、博司さんに捲られる事は想定内でしたが、まさかゴール出来ないとは。

そこそこのタイムでゴールしていれば、2位か3位にはとどまっていただけに、悔やまれます。
そもそも2回目のスタートを選択した事が間違いの始まりでしたが、平地に出る前に山でスタックしてしまい、焦りが出て、この日のタスクで最も注意しなければならない、向い風の焼却場へ向かうレグで見事に高度を失い、焼却場までも届かずランディング。
自分の力の無さを痛感しました。

もっと、ちゃんと雲を見て、冷静に判断出来るようにならなければいけないな!やっぱり運だけでは日本選手権は取れないな。

と、意味不明な記事を書いて、すいません。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。m(__)m
[PR]
by taka_sunama | 2013-08-25 21:52 | competition | Comments(2)

2011/9/19 池田山

晴れ時々くもり後一時雨
南西弱め
max1020m
1h37min

天気予報が下り坂だったので、早めにTOに上がって準備。10時過ぎからパラが飛び出し、渋そうだが浮いている。雲が多くオーバーキャスト気味だが、雲の吸い上げに期待して、10:40頃テイクオフ。

が、吸い上げられず、秋葉まで回せずに来てしまう。秋葉のリフトもジリ貧だが、秋葉TOレベルで粘る。たぶん、30分くらいがんばってやっと雲底900mにつける。オレがぼちぼち上がってきた頃にUスポーツテストの鈴木ヒロシさんが飛んできてしばらく一緒に飛ぶ。
うーむ、やっぱうめーやヒロシさん。

二つ西の尾根まで行って帰りに一緒に雲底に付けてガレ場へ。ガレ場上がらず、さらに南東方向へグライドするが、雲の様子も頼りなくちょっと分が悪そうだったので、早めに進路を北に替えて池田町上の立派な積雲を狙う。

more
[PR]
by taka_sunama | 2011-09-21 21:19 | Flight Log | Comments(0)

2011/8/16 池田山

max951m
41min
ランディング評価 B

前日より雲底が上がるのが遅く、テイクオフの風も時々フォローが吹く。飛べなくなるのも嫌だし、ちょっと晴れ間もあったので、ハング3番目にテイクオフ。前の二人は左に行ったがあんまり上がってなかったので、いつものように右へ。尾根の上で少し上がるがサーマルはつながらない。秋葉のちょっと南にわりと底の平らな雲があったので、その下まで行くとしょぼいがサーマルがあってわりと上がる。せっかく上がったので、南西の国分寺方向へちょっと行ったがすぐに高度が低くなって引き返す。今度は秋葉で上げてもう一度雲底へ。西方向にも上がりそうな雲があったので、行ってみるがスカっ。秋葉で上げ直すつもりがスカっ。平地で上げ直すつもりがスカっ。であっさり降りてしまった。
教訓、スタート待ちは雲底で我慢する。

なんだかテイクオフの風も悪くて晴れ間もほとんどなくなり飛ばずにたたんだ人もいたようでした。

ランディングは持ち替えからフレアーの間が不安定。油断大敵。
[PR]
by taka_sunama | 2011-08-17 15:22 | Flight Log | Comments(0)

2011/8/15 池田山

max1049m
55min
ランディング評価 B

昼過ぎまで雲底が上がらず、なかなか飛べず。ハング一番機のMIKIKOさんがあっさり上がったので、さだぼんさん川浪さんに続きテイクオフ。山の尾根からあがるサーマルは渋く西風に流される。ちょっと苦労しながら川浪さんと雲底1000mくらいに着ける。
真っ直ぐ東に雲がつながっていたので、東方向へ進みかけ、池田町でもう一度雲底に着けて東へ向かうがなんだか西風が強い気がしてひよってしまい、引き返してやり直すつもりが平地で上がらなくなってしまい、結局、そのまま降りてしまった。
大会じゃなくて良かった。

ランディングは北風だったので、アプローチが窮屈だった。
風が3m/sくらい吹いていたが、翼が急に失速しかけた気がして2段フレアー。結果オーライな感じ。
[PR]
by taka_sunama | 2011-08-17 14:57 | Flight Log | Comments(0)

2011/8/14 池田山

max1333m
3h08min
ランディング評価 B

しばらく池田山周辺をうろついた後、わだっちと高波のガーグルを見つけ、上に被る。最近、池田山エリアを広くしたわだっちをマークすることにし、出来るだけ一緒に飛ぶ。低い雲底ながら大垣駅付近まではあまり落ちずにグライド。
大垣の西の方で上げてさらに南東へグライド。念願の?ソーラーアークに到着するが高度500m。わだっちと二人で渋いサーマルで上げながら今度は岐阜市方向へ。高度がそれほどないので、気乗りしないが、わだっちと心中のつもりで追いかける。

more
[PR]
by taka_sunama | 2011-08-15 21:04 | Flight Log | Comments(0)

2011/8/13 池田山

max1679m
2h18min
ランディング評価 C

高度は池田山TOを750mとした高度。
早めにテイクオフしてペーターと上げて、しばらく池田山周辺を飛び、みんなより早く1350m雲底に着けたので、小島山に渡る。広範囲を探したがスカっ。尾根沿いにテイクオフ周辺に戻る。その頃ハング4機くらいが雲底にいて大垣方面に走り出すのが見えた。じっくり上げ直して、高い雲底1650mから大垣方面に向かう。

大垣の町より南はブルーだし、先行機は見えず、低い高度で戻ってきている機体もあったので、進路を北東へずらす。焼却場の辺りから、大会でよく飛ぶ空域を北上するがイマイチ上がらず、GL3に降りそうになる。GL3の南西の建物の上で高度200mくらいから上げ直して、さらじの山並に付けたけど、たいして上がらず、リッジ沿いに石切場まで行ってようやくヒット。1200mくらいまで上げてLZに戻る。
ランディングの風がわりと強く、アプローチがイマイチでフレアーが中途半端になり、軽くボディランディング。ダサい。
まぁ、それなりの満足感はあったかな。
[PR]
by taka_sunama | 2011-08-15 20:29 | Flight Log | Comments(0)

2011/7/3 池田山

①8:30頃テイクオフ
max1063m 1h37min
ランディング評価A

②12:10頃テイクオフ
max1119m 1h34min
ランディング評価B
高度は池田山TOを750mで合わせた高度。

晴れのちゆっくりくもり
上空南南西3m/s
下層(概ね400m以下)南東3m/s
[PR]
by taka_sunama | 2011-07-08 22:50 | Flight Log | Comments(0)

大事なのは平常心

池田山CUPは土日参加で日曜はあっさり降りてしまったので、もちろん成績は悪かった。

2日間ともスタートがイマイチだった。しかしどんな選手でも、いつも最高のスタートが切れるわけではない。偶然にも2日間ともminoru選手とほぼ同高度、同位置でスタートした。minoru選手は2日間ともまずまずのタイムでゴールしている。

day4はスタート後、ちょっと熱くなっていたかもしれない。雲底にしっかり付けて慎重に動けば、ゴールできたかもしれない。

フライト中の判断は個人差があり、その結果が成績に反映される。熱くなって、回りが見えなくなると、大抵いい飛びが出来ない。

フライト中は常に平常心で飛ぶ事が大事なんだろうなあ、と改めて思った。
でも、やっぱりスタートは大事だなあ。
[PR]
by taka_sunama | 2010-09-05 20:16 | technic | Comments(0)

2010/8/29 池田山CUP day4

max1150m
1h31min

50kmくらいのタスク
15kmくらいで降りる

オレとしては珍しく2回目のスタートゲートから追い上げる作戦を選択。結果的には最初のスタートの方が良かったらしい。

スタート後GL1に向かうが、シンクきつく、振り返ると後ろにガーグルが出来ていたのでちょっと戻って上げ直し。もう少しで雲底、というところで先に雲底に付けた機体が走り出したので、リフトを離脱してGL1を取りに行く。前日の経験からフォローレグで弱いサーマルを引っかければ復活出来ると思っていたので、そのまま北に進むが、あっという間に高度を失い、引っかけたサーマルを追いきれず、そのまま根尾川の川原にランディング。

ランディング評価 A
最後、一緒だったとのやんは生き残ってゴールしていた。
でも、あれは妖術を使っていると思う。
[PR]
by taka_sunama | 2010-09-05 19:55 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31