takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

タグ:大佐 ( 19 ) タグの人気記事

2015年春の大佐山 まとめログ

今年の春の大佐山はクロカン条件が多く、よく飛べた印象だが、実際にクロカンへ出たのは6日だけだった。
また、追い風となる西風の日はなく、南風または北風でサーマルでしっかり上げて東方向にクロカンする感じだった。おかげで大佐山テイクオフ前はローターで荒れることはなく飛び易かった。
なお、記載のフライト以外の日にも地元のフライヤーが飛んだ日もあるようですがクロカンには出ていない模様です。

以下、把握している今年の春の大佐山のフライト記録。ほとんどは氏家さんのブログからのデータです。失礼ながら敬称は略させていただきます。

4/16(木) 冨原 25kmくらい
4/17(金) 冨原 大佐町LDG

4/18(土) スプリングカーニバル初日 南西
砂間 92.8km
氏家 81.8km
湯浅 80kmくらい
松田H 78kmくらい
松村 71kmくらい
冨原 71kmくらい
その他、多数フライト。ちーちゃんも津山まで。

4/25(土) 北風 max3000mオーバー
松村 136km
田中T 130km
鈴木A 125km
氏家 115km
砂間 115km
大竹 113km
服部 72kmくらい
松田H 62kmくらい
二宮 62kmくらい
竹野 40kmくらい
金 35kmくらい
湯浅 25kmくらい
高波 25kmくらい

5/2(土) 南風
砂間 173km(今期最高距離)
竹野 ハーネストラブルにより大佐町LDG

5/5(火) 北風
田中T 137km
砂間 134.5km
氏家 125.7km
鈴木A 100km
湯浅 80kmくらい
服部 25kmくらい
竹野 10kmから戻って大佐町LDG

5/17(日) 弱い北風
砂間 97.7km
氏家 93km
湯浅 65kmくらい


d0065302_08100680.jpg

d0065302_08100758.jpg

d0065302_08100787.jpg


[PR]
by taka_sunama | 2015-06-05 23:21 | Flight Log | Comments(0)

2015年5月2日 大佐山

大佐山から京都府京丹波町まで173kmのクロスカントリーフライト

細かくログを書こうと思ったが、長くなり過ぎて収拾がつかなくなりそうなのでポイントを箇条書きにします。研究したい人はライブトラックでどうぞ。

良かった点
1. 大佐山エリアに行った事
大佐山のハングは人が少なく、一人でエリアに行くと誰もいなくて飛べないので、事前にフライト仲間か回収者を確保しなければならない。今回は志が高い竹野氏が一緒にフライトしてくれたので、フライトすることができた。

2.津山盆地までは南東の風でサイドアゲンストだったが、積雲やリフトラインに沿ってしっかり上げて進み、向い風の空域をクリアできた。

3.海風の回避
南風だと海風が進入しやすく、海風に捕まると距離が伸びない。作用インター付近のサーマルが荒れていて流されて上げにくく、海風の影響を感じたので、作用以降できるだけ北側にコースを取り海風を回避した。山コースはリスクもあるが2000m以上の高度が取れれば、先が見えるので何とか進める。

4.後半(16時以降)南西の風とリッジソアリング、アーベントっぽさもあり、高度が取れないながらも距離を伸ばし篠山まで進めた。

5.篠山盆地でヒットしたラストサーマルを時間をかけて上げきれたこと。

6. 11:10テイクオフ 18:00ランディング
フライトタイム6時間50分
目一杯飛べたこと。

悪かった点
1.ファイナルグライドが南東風で向い風、高度が低くなるほど強くなって距離が伸びなかった。

2.ランディング場所の選定ミス
グライドパス的に最も東の田んぼに届きそうだったが、下層に入り向い風成分が強まって届かない可能性が少しでてきたのでコースより少し北側の広い田んぼに降りた。しかしここは南東側に山があり、ローターで酷く荒れていた。何事もなく済んだのは運が良かっただけ。最初からずっと北側の南側が開けている田んぼを狙うべきだった。

ライブトラックへのリンク

XCリーグへのリンク
[PR]
by taka_sunama | 2015-05-08 21:52 | Flight Log | Comments(0)

2015年4月18日 大佐山スプリングカーニバル

春の大佐、大会初日 晴れ ブルー
1500m以下 南南西5m/s
1500m以上 西南西5m/s
15:00山崎付近 南東5m/s

上手そうなパラ(植田真ちゃんだったらしい)がまあまあ上がっていて、そこそこの距離のクロカンを狙うなら時間的にもギリギリになってきたので、
11:25 1番機でテイクオフ。南風が強めで上げにくい。大佐山南西斜面にいい高度で周り込めたので、高度をキープしながら同志を待つ。VR10の冨原さんがテイクオフ前で当てたサーマルで一緒に上げるも1300mで上がらなくなり、発射には厳しい高度なのでテイクオフに戻る。冨原さんはそのまま発射。
氏家さんがテイクオフしたら、サーマルが立ち上がりだして、二人で1500m以上上がる。氏家さんはテイクオフに戻ったが砂間はそのまま大佐盆地の端まで流して1900m弱で発射。
冨原さんを探しつつ、キープハイでゆっくり東進。弁当屋(久世)の南で1000m→1600m。南東に進むとプラス4m/sのサーマルにヒット。1900m程まで上がり東進すると次々に強めのリフトにヒットし、2100mまで上がる。
2000m付近は風向きが西寄りで、進みが良いが、結局2000m上がったのはこの1度だけだった。
冨原さんは見つからないが、後続は20km近く離れているので、単独でどんどん進むことにする。
その後は、良くて1600m、だいたい1400mくらいのサーマルトップだったがサーマルは豊富にあってあまり低くはならずに進む。
作用のゴルフ場の先でヒットしたサーマルをだいぶ流して1400mくらい。高圧線を越した先で当てたサーマルは1000mで流れていくだけ。そのまま山奥に入り込む選択もなくはないが、上がっても上限が低い為に先に進めなくなるので、弱気に低い尾根沿いに東進。山崎市街地から北西に伸びる尾根沿いに強めの風が吹いていてリッジはとれるものの向かい風で上がらない。海風っぽい。
最後は広い場所に降りる為にリッジを乗り継いで、少し距離を伸ばす。
15:05ランディング。約93km。

降りた時間が早く、まだ飛んでいた人もいたので、上を越えられるかな?と思っていたけど、やはり海風の進入には勝てなかったようで、砂間がこの日の最長距離になった。

グライダーのパッキングが済む前に、氏家慶子さま到着。幸せ過ぎる(^_^)。
しんちゃん、いつもありがとうございます‼︎

最高高度 2146m
飛行距離 92.8km
飛行時間 3時間40分

ライブトラック
d0065302_19224122.jpg

d0065302_19224288.jpg

d0065302_19224310.jpg

d0065302_19224495.jpg

d0065302_19224484.jpg

写真の一部は高波、大竹から拝借しました。
[PR]
by taka_sunama | 2015-04-24 18:07 | Flight Log | Comments(0)

2014/4/27 大佐山SC day2

簡単なログのみ。
競技はキャンセル。
テイクオフレベルの風は南5〜7m/s
10:45 テイクオフ
風は南南東強めながら、雲もリフトも豊富。雲底は約1700m(海抜)。
大佐山→大佐盆地の南南東方向へ、北房エリアはわからなかった。→大佐LZ近くに戻り→東へクロカン開始→いつものコースでゆっくり津山盆地へ。→依然南風強く、那岐山並びの山並みへ。→ちょくちょく上げながら那岐山到着14:30→フォローを背負って鳥取へ。→一度上げなおして霊石に到着。南強いがリフトもあり、市立病院まで行ってリターン。→霊石LZの上で高度処理中にアンコントロールになり、少しだけ逃げて1.5km北西の老人ホームの前に15:25ランディング。
直線距離で75kmくらい。那岐山をターンポイントにすれば、85kmくらい。

飛行時間 4時間36分
最高海抜高度 1860m
積算獲得高度 16244m
[PR]
by taka_sunama | 2014-05-01 23:43 | Flight Log | Comments(0)

2014/4/26 大佐山スプリングカーニバルday1

晴れ、南東強め
11:30 2番目にテイクオフ。大佐山で1900m。南側の山で上げていたマツの下に入り1400→1800m。マツ2000mで発射を見て、やや低いが追いかけるも、直ぐに+4のサーマルにヒット。2500mまで上げる。真っ直ぐ勝山の南側のゴルフ場を目指すが、強めの向かい風と長いシンクに捕まり、まさかのワングライドで沈。月田駅の脇に降りる。L/D 5.3くらいか?
飛行時間 58分

わりとすぐに回収され、大佐ランディングでのアクシデント発生もあり、回収斑長に。

さすがの氏家さん、宣言通りの那岐山アウト&リターン。(オレは宣言知らなかったけど。)→本人ブログ参照。
さすがの松村貴博、那岐山から中国山地のコンバージェンスに到達。シコタマ上げて鳥取、岡山、兵庫の県境を周遊し、霊石エリアにランディング。最長距離でこの日のトップ。→本人ブログ参照。
さすがの田中猛さん、大佐山→新見IC→那岐山で17時過ぎにランディング。
さすがの中野、大竹、美作まで。
新人巨神兵、箕谷、大佐初クロカンで津山盆地横断。一歩、歩いただけらしい。

多くの賢明なクロカンパイロットは向かい風の中、東へ向かうも無理せず引き返し、大佐エリアにランディング。

宴会、楽しかった。^_^
[PR]
by taka_sunama | 2014-04-29 17:01 | Flight Log | Comments(0)

2014/4/25 大佐山〜山崎 96km

2014年4月25日(金)
大佐山からのクロスカントリー。
前々日の予報では、コース上にコンバージェンスラインが形成されていたが、前日の予報では、それがだいぶ北上していたらしい。

最高海抜高度 2615m
積算獲得高度 14742m
飛行時間 4時間33分
風向は高度2000m以下は南南東3m/sくらい、2000m以上は西南西4m/sくらい。
大佐山周辺はブルー。
津山盆地はパフ程度。
美作辺りからは積雲が出来ていたが、最盛期は過ぎていた印象。

11:08 テイクオフ
11:30頃 高度1800mで大佐山山頂仮発射。
大佐盆地出口でサーマルヒット 1500→2000mで東に発射。
勝山市南側の山で700〜1300mくらいで、もがきながら東進。
弁当屋に降りそうになるも、こいのぼりが弱い西風を示していて、弁当屋東の山に入り込んでヒット。500→1800mくらいまで回復。
津山盆地入口辺りで切り返しを使いながら750→2000m。
津山市街地でリフトラインを感じ、コースを2km近く南にシフトし、この日一番のサーマルにヒット、1200→2600m。
ここから、ややスピードアップ。2000m以上は追い風みたいで進みが良い。
美作IC辺りで低くなるも、雲を頼りに突っ込むと、イマイチなサーマルながら、それなりに上がり、700→1700m程。
この頃、既に15:00頃。高度は心細いが、作用辺りから山に入って行く。
相変わらず風は南南東で進みが悪く、サーマルもショボくなり、上がっても1500m程。あげくに発達した雲から雨が降ってきて、逃げるように尾根を渡る。
最後の尾根筋では頑張って上げて1200mがやっと。その高度では次の谷のランディング候補地が確認出来ない為、進めない。尾根筋をやや北上するも、変電所と高圧線に阻まれ、意気消沈。
南下して15:46広い田んぼにランディング。降りた場所は山崎インターの数キロ北でした。テイクオフからの最長距離で96km。

全体的な印象としては、渋めのコンディションでスピードが上がらなかった。
この日のコンディションで、自分が出来る限りのことはやれたかな、という満足度の高いフライトでした。

弁当屋付近だけ低高度が西風だったのは、地形的に開けている久世の南から入り込んだ南風が久世の町にぶつかって、東西に分かれ、勝山は東風、弁当屋方向は西風になっていたと思われる。
コンバージェンスとは反対の、風が分かれる現象をダイバージェンスと呼ぶらしく、その付近はあまり上がらない、という話を2年程前にマツから聞いた事を思い出した。


昔懐かし、ランディング4方向写真
d0065302_23134130.jpg

d0065302_23134239.jpg

d0065302_23134412.jpg

d0065302_23134621.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2014-04-28 21:50 | Flight Log | Comments(0)

2013年4月28日 大佐山 158km

とり急ぎ、ログアップ2
久世(弁当屋の南)で低くピンチになったときにマツと中野と一緒に上げきり、その後、奈義山~作用JCTあたりまで、3人で飛べたのが良かった。
特にマツと氏家さんは大佐のコースを良く知っているので、一緒に飛べるとすごく頼りになる。
まあ、一緒に飛ぶのはけっこう難しいですが。

ちなみに今日は弁当屋におりました。
d0065302_19552439.png

[PR]
by taka_sunama | 2013-04-29 19:56 | Flight Log | Comments(1)

2013年4月27日 大佐山 188kmログ

取り急ぎ、ログアップ。
クロカンキングの氏家さんが最初にテイクオフしてくれたので、ちょっと精神的に楽させてもらった事と、
作東手前で氏家さんと雲底につけて、スムーズに山コースに入っていけたのが良かったです。
何度か大きなスタックをしているので、スタックなしで飛べれば日本記録更新の可能性もあったかもなあと思います。
d0065302_1928738.png

[PR]
by taka_sunama | 2013-04-29 19:29 | Flight Log | Comments(0)

2011/5/15 大佐TO~霊石LZ

max2246m(雲底付けれず)
大佐TO 950m
4h12min
晴れ、南南西強め
積雲は発生していたが、周期が早く雲底に付けるのは難しかった。

前日、ヒンシュクをかうのは分かりつつ、みんなを大佐に誘ったが、誘いに乗ってくれたのはアキのみ。

予定ではアキがクロカンに行き、オレは大佐周辺を飛んで降りてアキの回収に向かうつもりだった。

11:30頃、アキ、テイクオフ。さすがアキ!あっさり高々と上がって行く。
続いて5分遅れくらいにオレがテイクオフ。サーマルは強いが荒れ気味で流されるので、苦労する。

ふとランディング方向をみるとアキがランディングアプローチに入っていた。後で聞くと荒れ過ぎていて心が折れたらしい。

同じ頃、オレもテイクオフより低くなるが、まずまずのサーマルにヒットし、流されつつも1700mくらいまで上がる。
無線でアキに許可をもらい、クロカンへ。
勝山までも届かない場所でいきなり降りそうになるが、田んぼの風下の最後のトリガーで強烈なサーマルにヒット。でも上がって1300mくらいかな。とりあえず勝山の市街地へ。勝山でヒットしたサーマルも南南西の風に随分流されるし、上げ切っても1600~1700m。

more
[PR]
by taka_sunama | 2011-05-18 22:44 | Flight Log | Comments(4)

大佐クロスカントリー雑感

先日の大佐からのクロカンは、サーマルコンディションが渋かったわりには、距離が伸びた。
うじーえさん163km
すなま、ヒローカ104km
田中さん72km
マツ70kmくらい
にのっち 弁当屋
ちなみに普通の感覚だと、弁当屋もけっこう遠い。
クロカンに適した風というのは、コース上を広範囲に追い風が吹いていることで、その意味ではいい日であったことには間違いない。
上空の風は西北西くらいで、おそらく北西と南西のコンバージェンス上を飛んで行けたんだと思う。
オレ自身は久世で上げた後、もっと北寄りのコースをとろうと思ったのだが、うじーえさんとマツに着いて行って南寄りのコースをとった。
おそらく、この選択は良かったのだが、80km地点で上げ切った後、真西に進んでいるつもりが、中国道と降りやすい地形にだまされて南西方向に飛んでしまったのだろう。結果的には明らかな海風に捕まってランディングすることになった。
うじーえさんは今回のオレのようなフライトは何度もしているので、途中から北に向かうつもりで飛べたんだと思う。

地形の研究の差がそのまま結果に現れた感じだ。

more
[PR]
by taka_sunama | 2011-04-13 23:11 | technic | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30