takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

2015年1月24日、25日 龍門

24日(土)
晴れ 北西から南西 
良く上がったサーマルはゴルフ場西斜面から龍門南西斜面のラインで3回。
12:55 1番機でテイクオフ
15:05 龍門LZランディング
フライトタイム 2時間10分
max1514m(ASL)
累積獲得高度 5910m
TO〜赤屋根から上げて1450〜セブンイレブン〜龍門南西斜面で1400〜北山〜龍門周辺で上げ足して、ゴルフ場西斜面からのサーマルで1500〜船戸500から570でリターン〜JRで上げて、北に向かうも南風が入り、上がりきらず、龍門LZにランディング(南西2m/s)

25日(日)
晴れ 高気圧どっぷりで風弱く、渋々。
12:44 テイクオフ
13:03 竹房LZにランディング
フライトタイム 19分
ぶっ飛び。
15:30頃飛んだ、らんぽうさんは1200mくらいまで上がったらしい。




[PR]
# by taka_sunama | 2015-01-31 16:12 | Flight Log | Comments(0)

2015年1月18日 龍門

1月龍門競技会
天気は晴れ
予報は北西2〜3m/s
実際は西から西南西2〜3m/s
タスク
TO→セブンイレブン→城→JR→北山→岡田スポーツ→橋本橋→三谷橋
デパーチャー セブンイレブン1kmエンター 12:30 :45 13:00

テイクオフ12:11
ランディング 15:16
フライトタイム 3時間5分
最高高度 1369m(ASL)
累積獲得高度 8695m

前日の雨で地面が湿っていたせいか、ちょっと渋そう。上がっているパラもいるがそんなに高く上がっていないので、誰もテイクオフしない。龍門に渡ってきたパラが徐々に上がっていくので、まあ上がるだろう、とオレからテイクオフ。
いつもの場所でサーマルヒット、順調に上がる。後続が続々と飛んでくるも、最初に上がってきたのは、きったんのみ。
1回目のスタートに間に合うが、先は長いので、みんなが上がってくるのを待つ為に2回目スタートを選択。
ちょうど氏家さんとタイミングが合い、一緒にスタート。セブンイレブン上にもサーマルがあり、順調に上がり、特に考えもせず、テイクオフに戻る。北斜面でリッジはとれそうもないし、城方向の雰囲気が悪いので山頂で上げようとするも、龍門が上がらなくなるタイミングでジリ貧。
何処かで上がっていないか見渡すと、寺山の南側でマツが上げていて、ちょうど竹野がテイクオフして寺山に向かったので、上からついていく。パイロンからは逆方向だが、今は生き残ることが大事だと思った。ゴルフ場西斜面でショボく上げていると寺山西側で竹野がヒット。迷わず被せて上げきり1300mくらい。城に向かう。高圧線を越えたところでサーマルヒット、と同時に前からマツが入ってきた。マツは1100mくらいでJRへ向かう。オレは城を取ってからも上げ足して1300くらいまで上げてJRへ。
再びゴルフ場周りで上げて、また高圧線付近で上がるだろうと思い北山に向かうがノーヒット。カツカツで北山をとり、もはや、龍門LZにも届きそうにない。
北山を磨いてなんとか上げて主稜線に戻りTO前へ。TO前で上げていると、寺山辺りの方が良さそうなので移動し、パラと一緒に上げきり、岡田スポーツへ。わりと落ちない時間帯でそれほど苦労することなく岡田を取り、龍門山頂に戻り、東へ。フォローだから橋本までは行けるだろうと思っていたけど、みるみる高度は落ち、三谷橋手前のグランドは野球やってたみたいだったので手前の広い河原にランディング。降りてみたら、南西の風だった。

龍門は南風が絡むと動きづらいので、慎重に上げていくしかないみたいですね。


写真はオークのフェイスブックより
d0065302_1653286.jpg

d0065302_16533136.jpg

[PR]
# by taka_sunama | 2015-01-21 15:25 | Flight Log | Comments(0)

2015年1月前半フライトログ

自分用メモ
1月3日 西富士
20分 ぶっ飛び
リフライト
2時間01分 ゴール
TO→天子→毛無→天子南→毛無→天子→毛無→根原小→MLZ

1月4日 西富士
1時間10分
TO→長者尾根の東屋→養毛とれずMLZ

1月10日 西富士JC 初日
53分
スタート前にタスクキャンセル

1月11日 西富士JC 2日目
26分 ぶっ飛び
リフライト
1時間17分
TO→天子→高デッキ→天子南→タスクストップ
[PR]
# by taka_sunama | 2015-01-17 20:28 | Flight Log | Comments(0)

メキシコ、バジェデブラボー南のEl Penonエリア

d0065302_21543862.jpg

d0065302_21543969.jpg

d0065302_21544348.jpg

d0065302_21544479.jpg

d0065302_21544664.jpg

d0065302_21544884.jpg

d0065302_21544996.jpg

d0065302_21545165.jpg

d0065302_21545225.jpg

d0065302_21545454.jpg

普通に、凄くコンディションの良いエリアです!
[PR]
# by taka_sunama | 2014-11-21 21:50 | Diary | Comments(0)

2014/11/16 霊石山

11月16日 晴れ 昼過ぎまでは日照が弱く、風も始め南で徐々に弱くなっていった。13:30頃から北風がわりとしっかり入り日照も強くなり、容易にリッジがとれるようになる。

12:11 砂間、テイクオフ。15分、ぶっ飛び。ランディングで練習のために1年振りくらいでドラッグシュートを投げる。おおむね問題なし。
オレが降りて、片していたら、北風が入りそうになってきたのでリフライトに上がる。北風が入るまで待ってからテイクオフしたタケシ兄さんが、悠々と飛んでいた。その後、アクシデントがあり、やや遅れて、
14:19 砂間リフライトテイクオフ。容易にリッジがとれ、思いのほかリフトが豊富で、楽しいフライト。上限は650m〜850m(ASL)くらいで、風車に渡って少し動いた程度。15:00頃が一番上がったかなあ。1時間ほど飛んだところでリフトが弱くなったので、空域を初心者に譲ることにして、ランディング。
高速ファイナルグライドの練習からのランディング。なかなか上手く出来た。

2014/11/16 霊石 砂間リフライトLDG
http://youtu.be/340bo_yMBQ4

フライトデータ(リフライト)
フライトタイム 1時間6分
最高高度(海抜) 865m
最高速度(対気) 110km/h
[PR]
# by taka_sunama | 2014-11-17 23:04 | Flight Log | Comments(0)

バジェデブラボーの町並み

2015年、世界選手権の開催地バジェデブラボーの町並みの写真です。
今年のプレ世界選手権に参加した時に撮った物です。
バジェデブラボーはメキシコシティから150kmくらい離れたところにある観光地で、町は小高い丘になっています。一番高いところに教会と中央広場があって、一番低いところに湖があります。湖の近くにハング、パラのショップがいくつかあり、その近くの貸し店舗みたいな場所に大会本部が設置されます。
d0065302_22174928.jpg

d0065302_22175159.jpg

d0065302_22175364.jpg

d0065302_22175521.jpg

d0065302_22175673.jpg

d0065302_22175846.jpg

d0065302_2218125.jpg

[PR]
# by taka_sunama | 2014-11-12 22:04 | competition | Comments(0)

バジェデブラボーで一番上がった日

今年の3月6日のフライトデータです。
場所はメキシコ、バジェデブラボー周辺エリア、プレワールド6本目。
高度4628mは今迄のフライト人生で最高高度だと思います。さすがに寒かったですね。
この日は、体調不良のなか、なんとかゴールするも、結局スタートシリンダーの勘違いで30分以上フライングしていた事になり、ぶっ飛び点でした。T_T
d0065302_20272439.jpg


ゴールはメチャ広かったですが、コリーナはドラッグシュートを使ってました。
d0065302_20272618.jpg

[PR]
# by taka_sunama | 2014-11-11 20:14 | competition | Comments(0)

小林正和さん

d0065302_21161083.jpg

小林さんは、こだわりの人だった。というのが、私の印象です。
グライダー、ハーネス、車、料理、仕事、小林さんは流行りの物より、自分のこだわりで選び、生きていたように思います。
年齢が私より4つ上ですが、小林さんも私も学生時代が長かったので、大学は違いましたが、ハンググライダーの先輩でした。私がそこそこ上達し、大会に出始めた頃は、よく一緒に大会に行きました。私が新人、小林さんが中堅、古坂さんがベテラン、といった感じでした。
物静かで口数は少なく、私との会話も、ほとんど私がしゃべっていたような気がします。ただ、内に秘めた熱い闘志は伝わってきました。
四国、丹沢、龍門、私がハング業界で仕事をしていた頃はオーストラリアにも一緒に行ったなあ。

その後、生き方も翼の種類も違いましたが、フライトに対する姿勢は近い方向を向いていたと思います。

2014年7月3日フランスのアヌシーというエリアで、ハンググライダークラス5(リジット)の世界選手権の競技中に、小林さんは単独事故により亡くなりました。
事故の原因は不明ですが、日本のチームリーダーが帰国後、GPSログデータ等で事実関係の確認が行われるようです。
ただ、本人がいない今、原因を特定するのは難しいと思われます。

(生きて帰ってくること、が何より大切だということは誰よりも分かっていたはずだった。信じられない。何やってるんですか、小林さん!)

小林正和さんの御冥福をお祈りいたします。

砂間隆司
[PR]
# by taka_sunama | 2014-07-07 20:19 | Comments(1)

フランスアヌシーで活躍中の日本代表選手の皆さんへ

フランスアヌシーで活躍中のハンググライダー日本代表の皆さん、フェイスブックやブログでのフライト報告よりも、しっかり睡眠をとって体調管理に重点を置いて下さい。大会は約2週間の長丁場です。体力が無くて、途中で降りてしまうのは仕方ないですが、風邪を引いて飛べない!なんて事になると、悔んでも悔みきれません。
外国でのフライトは刺激的だし、遠く日本からの応援メッセージには直ぐに返信したいと思いますが、シャワーを浴びた後は身体が冷える前に、サッサと寝ましょう。

なぜ、こんなあたりまえの事をわざわざいうのか?というと、過去、私はスペインでもメキシコでも普段はめったにひかない風邪を引いてしまったからです。
特に、大会後半は体力が消耗しているので、ちょっとした不注意で簡単に風邪を引いてしまいます。
とにかく、早く寝てください!

どうしても記録を残したい人は、朝、少しだけ早起きしてネットするのがお勧めです。フォーブスでは氏家さんが毎朝、ブログ報告してくれてました。

幸い、ライブトラッキングやチームリーダーの報告、わりと早いリザルトのアップで大会の雰囲気は感じられます。

まだまだこれからです。
頑張れ、日本!
[PR]
# by taka_sunama | 2014-06-27 19:36 | competition | Comments(0)

ドラッグシュート

なんだか、海外遠征のたびに言っている気もしますが、特にキングポストレスのハンググライダーで飛んでいる人で、クロスカントリーに行く人は、ドラッグシュートを装備することをお勧めします。

ドラッグシュートとは、ランディング時に滑空性能を落とす為に開く小さなパラシュートです。キングポストレスの機体が出回りだした頃に普及しましたが、日本では使用する人が少なく、若い人は知らない人もいるかもしれません。

実は、海外に限らず、国内でもドラッグシュートを上手に使った方が、楽に降りられる場合はあります。

まあ、使い方を誤れば危険だし、リスク要因にもなり得ますが、ヨーロッパの山岳エリアは平らなところはほとんどないので、上空から見て、凄く広く見えても、風向き方向に下っていれば、予測より大きくロングしてしまい、危険な状況になりかねません。アプローチ中に地面の傾斜に気づいても、ドラッグシュートがなければ、サイドフォローで登り斜面に張り付くしかなくなります。

チームリーダーのO沼さんも、言っていたので、強気に言えば、世界選手権に出場する女性パイロットは全員、ドラッグシュート必須です。
今まで使った事なくても、持っていきましょう!

わかっていると思いますが、念の為。
^_^;
[PR]
# by taka_sunama | 2014-06-12 20:41 | Flight Tool | Comments(1)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30