takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

そこにいても上がらないんだから、先に進んで上げる。

ハンググライダーの競技における考え方のひとつ。日本ハング界の横綱、大門さんに聞いた話です。
私からしたら、ちょっと衝撃的な発想でした。
2年前だから、2011年夏の池田山カップの最終日だったと思います。15人くらいがゴールする、タイミングが良ければゴールできるけど、はまるとあっさり降りてしまうトリッキーなタスクでした。
池田山でしっかり上げて、そうそうたるメンツで対岸の低い山並みに渡ったはいいが、激渋。大門、太田、松村、砂間等々が低いリッジと同レベルで、のたうつハメに。
オレはここで動いたら降りてしまうから、僅かでもリッジがとれて、たまに弱いリフトも上がる尾根の上にしがみついていました。もはや大門さんが何処に行ったかをみる余裕はありません。オレは10分以上もがいた末にやっとの思いで少しはましなサーマルに入り、レースに復帰?もはや一度、死にかけたタスクでその後もペースは上がらずかなり遅いタイムでゴールしました。

が、大門さんは同じようなピンチにいたはずなのに、さすがにトップタイムではありませんでしたが、3番目くらいのタイムでそれほど遅れずにゴールしていました。

不思議に思ったオレは大門さんに、あそこでどうやって上げたか聞いてみました。
大門さん「次のパイロンの権現山の方までリッジで動いてサーマルヒットした。確かに低くてピンチだったが、先のサーマルポイントまで、リッジで届く高度だったから進んだ。そこにいても上がらないんだから、先に進んで上げる。」

ほ〜〜〜、 へ〜〜〜〜〜、
って感じでした。オレが低くてビビって焦りまくってる時に、冷静に先の状況を観察し、たとえ今よりさらに低くなっても移動して、先のサーマルヒットの可能性にかけている。

もちろん、このやり方がいつもうまくいくわけではありません。動いてしまった為に降りてしまうこともあります。

ただ、リッジをうまく使えば、たとえ高度が低くても、僅かな高度ロスで移動でき、広い範囲のサーマルを探せること。どんな状況でも、冷静に周囲の状況を観察し、より上がる可能性の高い場所を探すこと、が大事だと思いました。

で、この前の2013EJCの最終日、あの日はちょうどスタート時間くらいから、足尾周辺はオーバーキャストでかなり渋くなっていました。猿公園の周りはときどき良いサーマルが上がっていたようです。燕鉄塔のパイロンが高かったのがネックになってしまいましたが、速いパイロットは、高く上げて燕をとったわけではなく、ほとんどギリギリの高度で燕をとり、たいして上げもせず、リッジを使い足尾に戻っています。さらに足尾がたいして上がらないと分かると、猿公園の状況を見て、高度が300mほどしかないのに、猿公園へ移動していきました。そして高度200m前後でサーマルヒットし、先に進んでいきました。

まあー、オレには無理っすね。^_^;

ただ、今は以前ほど高度貧乏ではなくなりました。その日の最高高度まで上げなくても、先に進める高度と先のリフトの予測さえつけば先に進めるようになりました。

大門先生に感謝です。

しかし、依然として、上げるテクニックが最も重要である事には変わりはないのだが。
[PR]
by taka_sunama | 2013-10-27 22:44 | technic | Comments(0)

2013/10/14 EJC day4

板さんや北野さん、リョウスケがフライトログを書いていたので、恥ずかしながら、私も書いておきます。
目的としては、私の飛び方を参考にして、これからの大会で少しでもうまく飛べる人がいるといいなあ、程度です。

ダラダラ書いてたら、長くなりました。

タスク
TO→猿公園1kmエントリースタート→猿公園→キノコ山→リムジン→燕山→新nasaショップ→関城APゴール

タスクが決まって、ゲートオープンまで時間があったので、状況を観察していたが、風が強めでサーマルが流されていて、あまり高く上がっていない。
が、時間とともに徐々に良くなりつつあり、ダミーの名草が順調に上がっていたので、サッサとテイクオフすることにする。全体では、ムタ、秀子に次いで3番目、ランチャーからは1番。

イマイチ上がらないコンディションで時間が経過するが12時近くになって、前で上がっている北野さんを見つけて、前に出してボチボチ上がり、スタート時間も近くなってきたので猿公園の尾根へ。猿鉄塔近くの尾根の近くで、渋く上げる。数機が下に入ってきて一緒に上げるが、渋い。みんな、もっと沖の日照がある方へ行ってしまったが、1回目のスタートまで、あと数分、高度を落とさなければ、悪くない高度でスタートを切れると考え、居残る。

実際、既に足尾山系は積雲によるオーバーキャストになりつつあり、下手をするとタスクの前半で降りてしまうリスクがあったので、早くスタートして、前半の山での生き残りを有利に進めようと思った。

12:15ほぼきっかりにスタート、そのままキノコ山に向かうが、矢印がキノコに向かない!直ぐに猿公園400mに入っていないことに気づき、猿公園取り直し、キノコ山のCoo東TOに向かうが、すぐにとれない、あっ、チョット手前の山頂なのね。とミスしまくりで高度ロス。おまけに猿公園付近が渋くなり、リムジン取る前にピンチ!中ダンナが猿公園より低いところから上げてきたので、そのサーマルをいただき、繋いで繋いでるうちに2回目のスタート時間になったっぽい。チョット焦ってリムジンをとって、あげ直し、750mくらいまで上げて足尾へ。ここからムタとサイドバイサイド。
足尾イマイチなのでスルーして風車の前で上げたして燕へ。高度がそこそこあったので燕の尾根の懐に飛び込んだら、パイロンが取れた。チョット低かったムタは北に回りこんで燕をとっていた。加波山の東で、2周くらいしたけど、ムタは低いまま、雰囲気の悪い足尾に戻っていった。
いやっ、それは気まずいだろ!と思い、しばらく加波で上げていると、板さん率いる2回目スタート集団がやってきたので、我慢できずに足尾へ。

足尾、渋い。とりあえず、最も確実に高度をキープしやすい、パラTO上で粘るが、たいして上がらない。ので動けない。そのうち2回目スタート集団が、さらに低く足尾に戻ってきた。デコ山付近で回しだし、まあチョットだけ上がり出したので被る。しばらく粘っていると、リョウスケが隣に!いや、リョウスケはまだ燕の前だろう、と気にしない。
と、低い板さんが、猿公園に向かった!マジですか⁈と思いつつ、新nasaショップと猿公園はめっちゃ近い、という事前情報が頭に浮かび、チョット高かったオレは新nasa取ってからでも猿公園にとっつける!と読み、それを実行。猿公園北東側でサーマルにヒット、このサーマルは徐々に良くなり、小高さん、良平と一緒に上げ切る。オレはあとは西に流すだけだからね。

ムタの事をすっかり忘れたオレは、先頭だと思い込み、逃げ切りを図ろうともくろむ。西の景色はなかなか良くて、もう一発当てればファイナルだろう。西に出て、ちょっとしたサーマルで上げていたら、太田が下に入ってきた。ここは、抜かれる訳にはいかないので先に進む。
で、しばらく進むと、ヒット!太田もすぐに入ってくるが、高度差はあるので上げきって、ファイナル!のつもり。残り15km、高度1100m、フォローだし、イケるだろう。一応、コンバージェンスらしきものを意識しつつ、順調に進むが、残り5kmくらいから怪しくなってきた。
残り3km、高度300m。あっ、これ海抜高度だ、対地は200チョイしかない!ダメだ、届かない。
ゴール付近は南風が押していて、南東くらい。煙りを頼りにフォローに流し、しょぼいサーマルになんとかヒット。高度を100mくらい足して、なんとかゴール!

残念ながら、とっくにムタがゴールしていて、オレを見ながらタバコを吸っていた、ように見えました。
すぐに、太田、板さんがゴール。

この日、14人ゴールで、タイムは平凡で、9番目、着順の2番がちょっと効いてこの日の点数は7番でした。

長々とすいません。まあ、たくさんミスもしていますが、あきらめず冷静に判断することで、あんまりよく分かっていない私みたいなパイロットでも、ゴールできるということです。
あー、恥ずかしい。^_^;

もうちょっとまとまった、ポイントとなる大門さんの名言を次回の記事に載せる予定です。
[PR]
by taka_sunama | 2013-10-24 19:40 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28