takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リッジソアリング(斜面上昇風)

シングルサーフェイスの機体からダブルサーフェイスの機体へ、ダブルサーフェイスの機体からキングポストレスの機体に乗り換えたのに、かえってリッジに寄れなくなって、フライトタイムが短くなってしまっている人をみかけます。ファルコンで飛んでた時はリッジソアリングできてたのに⁉

まあ、上級機程、低速でのコントロールの自由度がなくなるので、怖くてリッジに寄れない、という言い訳はよく分かりますが、つまりそれは乗れていないという事です。

実は斜面上昇風は非常にありがたい確実性の高い上昇風で、世界中のあらゆる斜面、物体で発生するので、世界的なコンペティションでも、うまくリッジ風を使えるかどうかで、飛び続けられるか、降りてしまうか、の明暗を分ける事もあります。

だいたい、霊石の渋いリッジの時に降りてしまうパイロットは、僕に比べて、1.5〜2スパン(翼長、1スパンは約10m)山から離れています。
ちなみに、僕の霊石でのノーマルなコンディションでの安全マージンは約0.5スパンです。

スパンという単位にピンとこない人は自分のグライダーの幅を正確に把握出来ていません。これは、安全性の為にも非常に重要な感覚なので、飛んでいる時に翼端を意識するなどして、自分のグライダーの幅を確認して、見なくでも、翼端の位置が分かるようにしておいて下さい。

まあ、こんな事言って、いきなり山沈されても困るので、まずは、1/4スパンくらいづつ、リッジ帯に寄せていきましょう。

もうひとつ重要な事は、テイクオフの高度を大事にする、という事です。
テイクオフ直後は、フライト自体に慣れていないので、怖くて山に寄れない、という気持ちも、よく分かりますが、だからこそ、たくさん飛んで機体を直ぐに自由にコントロール出来るようにするべきであり、自分の機体のスパンを正確に把握して、これだけ山に寄せても大丈夫、という自信を持つべきです。

上級機に乗り換えたところで、あなた自身はたいして上手くなってはいないのです。もちろん高性能機は夢のようなグライドを可能にしてくれますが、それも上げられて初めて出来る事。

僕らが普段飛んでいる空域は、20年前に既に今ヤンがU2よりも飛ばない機体でたくさん飛んでいる空域なのです。

説教くさくなってしまったな。
シャキッと飛ぼうぜ、
Dっち、Mのちゃん、Sみずさん!
[PR]
by taka_sunama | 2013-09-28 10:52 | technic | Comments(1)

意外に知らないテイクオフテクニックその2

横にステップする事による、とられの修正

何のこっちゃ?って感じですが、私は風が強めで、なかなかテイクオフしにくい時に、わりと使っています。

要は、とられの修正のテクニックのひとつですが、
例えば風が強くてなかなかホールドが定まらない。何回やっても左翼が上げられる。なんとか水平を保って出ようとするが、やっぱり左翼が浮き上がる力を感じる(右にとられる)時、前回のダイナミックコントロールをしながら、半歩真横に右に動くと、機体を少し逆方向(左に)傾ける事が出来ます。左翼が上げられる力とバランスがとれ、この瞬間を逃さず、前に走り出すと、まっすぐテイクオフ出来ます。

普通の条件のテイクオフでも、右にとられだしたら、とられた側の右に動くのが正解です。とられた側に動く事によって、とられをそれ以上大きくさせない事ができます。

たぶん、パラグライダーのグラハンがある程度できる人にはよく理解できると思うのですが、とられた側に動く事によって、パラの真下に入って、翼の傾きを直すのと同じです。
ハングの場合、テイクオフで走り出した後にとられると、とられを完全に直すのは難しいのですが、とられた側に少し動く事によって、とられる力を分散させるというか、小さくする事ができます。

なんだか、難しそうですが、前回のダイナミックコントロールはあくまで力づくで、機体の傾きを直すテクニックですが、今回の横動きは機体に逆らわずに引っ張られる方向に少し動く事によって、とられの力をいなす感じです。

これは、なかなか練習が難しいのですが、原理を理解するにはパラグライダーのグラハンが一番です。引っ張られる方向に先回りして、翼の真下に入ると、パラの傾きを直せます。
ハングのグラハンでも、意識しながらやれば、理解できるかもしれません。
関西の学生は、砂丘で練習する時に、意識してやってみて下さい。

もっとも、感のいい人はとっくに分かっている話だろうし、砂丘の強風でたくさん練習した人にとっては当たり前の事かもしれませんが、よく分かっていない人も多いと思います。
わからない人は、近くのベテランインストラクターに聞いてみて下さい。

ちなみに私も、前回のダイナミックコントロールと、今回の横動きのテクニックを身に付ける前は、風がちょっと悪いと、とられまくって危なっかしいテイクオフをしていましたが、この2つのテクニックを身につけてからは、ちょっと風が悪くても、比較的、危なげなくテイクオフできるようになりました。

ただ、過信して風を見誤ると、こんな小細工なテクニックは全く歯が立たないで、一気にもっていかれる事もあります。あくまで、いい風を選んでテイクオフする事が基本です。

でも、いくらいい風を選んでも、一歩目でとられる事もあるので、それでもスタチンしない為には、いろんなテクニックを身につける必要があると思います。

わかりにくくて、すいません。
m(__)m
[PR]
by taka_sunama | 2013-09-12 21:09 | technic | Comments(2)

意外に知らないテイクオフテクニックその1

ダイナミックコントロール
要は、力づくのコントロールの事

ハンググライダーのテイクオフでのスタ沈は機体が大きく右か左にとられてしまって起こる事がほとんどだ。
誰でもスタチンはしたくないので、慎重に風を選んで出るし、とられたら全力で直そうとする。まあ、当然である。

しかし、意外に走り始めのとられの修正のやり方を知らない人が多い。現に私も、教員講習検定会で教えてもらうまで、知らなかった。

普通のプローンハーネスだと、ある程度機体が浮いてくるまで、スイングラインに荷重がかからないので、体重移動によるとられの修正は出来ない。
それまでは、力づくでとられを修正しなければならないのだが、体重移動の要領で横方向にしか力をかけていない人がいると思う。例えば機体が右にとられたら体を左に寄せて、左の手に内側の力を加えて、右の手は外に突っ張る感じで。しかし、これでは全然とられは直らない。とられながら機体が浮いて荷重がかかってやっと左に修正が効くので、とられがわずかな時なら危なっかしいながらも、テイクオフする事は出来る。

では、どうすれば良いか。答えは縦方向に力を加えるのだ。
同じように機体が右にとられた場合は、左手で左のアップライトを下に抑えつける力を加え、右手で右のアップライトを引っ張り上げる力を加える。

落ち着いて考えれば分かる事だが、要はロール方向の修正をしたいので、コントロールバーを横に動かしても意味ないワケで、とられた方向とは逆方向に回転させる力を加えるって事です。

ポイントは力を加える方向の意識。上下に力を加えて下さい。
で、この考え方は、簡単に練習できます。空いてるエリアならテイクオフゾーンでも出来るし、降りた後にランディングゾーンでも出来ます。

自分の機体を風に正対させてホールドします。次に誰かにサイドワイヤーを上か下に引っ張ってもらいます。この時、アップライトに上下方向に力を加える意識がない人は全く耐える事が出来ませんが、それを知っている人はサイドワイヤーをかなり意地悪に上下させても、けっこう耐える事が出来ます。

これを教えてちゃんと理解して実践に活用してくれているのは、鈴木由路くらいだろうなあ。

まあ、元々、そんなの当然だろ!って人もいると思いますが、わりと学校では教えてくれないんですよね。

まあ、言葉だけでは分かりづらいので、わからない人はオレをつかまえて聞いて下さい。喜んで教えますよ!

次回は、その2
横に動いてとられを直そう⁈
[PR]
by taka_sunama | 2013-09-10 20:18 | technic | Comments(4)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30