takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010/4/28 霊石

max705m
52min

晴れ、積雲なし
北3~5m/s

テイクオフ13:10頃
ランディング評価 B
荒れ気味のランディングのわりには、うまく降りれたが、
アプローチがイマイチで、最後も軽ーくベースバーを付く。

登頂すると明らかに風が強めだが、とりあえず機体を組んで準備。
組み終わって観察していると風が弱まりテイクオフできるタイミングが多くなったのでテイクオフ。
最初の10分は400mまで、次の10分は450mまであがり、谷に行ってみたらサーマルヒット、650mくらいまであがる、リフトラインにのせてサイロに移動、風車の前を探るがヒットしないので帰ろうとしたところでリフトの気配。北に進路をとると少し行ったところでヒット、700mまであがる。そのまま北上してみるが高度が下がってきたので前山先端へ。弱いリフトはあるが、あげられずそのまま低くなってしまい霊石LZへランディング。

低い高度から上げ直すドラマがなく、1時間未満のフライトで飛び足りないが、一人で飛んだわりには結構楽しめた。
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-28 17:38 | Flight Log | Comments(0)

いざ、ヨーロッパ!?

オレは明日から大型連休。
連休前の大仕事は会社に長期休暇を申し出る事。
案外、あっさりOK。
7月にスペインに行く予定が現実的になってきた。
ぼちぼち準備して行こうっと。

おまけ:今日で年齢がひとつ減って34歳になりました。
誕生日メールや電話やプレゼントは遅れても気にしないのでまだまだ受付中。
f^_^;
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-27 21:43 | Diary | Comments(0)

2010/4/18 大佐

d0065302_14565896.jpg

max1660m
1h36min

霞んだ晴れ
南西1~2m/s

大佐TO(11:00)→久世IC手前(12:35) 22km

ランディング評価A
選んだ休耕田が良かった。(有名な弁当屋LZらしい)こいのぼりで風向きも分かった。フレアが若干ロケットっぽかったが、見ていた地元の人に、「かっこよかった」と言われたのでOKとする。

今シーズン、初大佐。クロカン?行ったのはオレだけ。
予報では下層は南東だったが、実際は下層まで弱い南西で普通にクロカンに行けた。みんなで飛べば誰か100kmくらいは飛べたと思うけどなあ。
オレが飛んだコースより10km程北にクラウドストリートが出来ていて、そっちに入っていきたかったがあまり高度がとれず、結局前回飛んだコースを飛んだ。
一人でクロカンはけっこう寂しかった。
近場に早い時間に降りてしまい、若干、ぶっ飛んだ気分。

ちなみに、この記事は自己回収電車待ちの久世駅で書いている。
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-18 14:56 | Flight Log | Comments(1)

リフトが風をブロックする

THE SECRETS OF CHAMPIONS で パリス・ウィリアムズが言っていた話をはっきり経験したので、ちょっとメモ。

板敷日選最終日、オレがテイクオフしたタイミングはTO前で上がりだし吾国山に流されて上がった。わりと西風が強めでサーマルは流れて千切れ、なかなか高く上がらない。それでも途中から平林さん、オオガ、上田さんと一緒に流されながら1300mくらいまでは上がった。オレ以外はそのまま北に飛んで行ったと思うが、このタイミングでオレより風上側、ちょうど板敷TOの真上くらいのガーグルが真っ直ぐ高く上がっていた。だいぶ風上側に見えたので少し迷ったが、もっと高度が欲しかったので、ちょっと低くなるのも覚悟して、この風上側のガーグルに向かう。

すると、今まで感じていたよりもずっと弱い西風で、ほとんど高度ロスなくこのガーグルに入れた。
ここで1600m以上上げてスムーズに高峰渡りが出来た。

この経験は明らかに板敷TOから真っ直ぐ上がった大きくて強力なサーマルが、強い西風をブロックしていた。
新しい発見だった。

向かい風を進む時はリフトラインを使うべし。理由はリフトが風をブロックしてくれるからだ。
PARIS WILLIAMS
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-14 23:01 | technic | Comments(0)

2010/4/10 龍門

max1750m
2h35min

晴れ、TOより東側と前山に積雲たくさん
南西2~3m/s後西3~4m/s

テイクオフ12:10頃
ランディング評価 A
サーマルだらけの西風5m/sの中、フレアを掛けずに走りながら降りる。

飛んだ経路
TO→ホテル→TO→九度山の南→橋本の東→県境くらいを北上→紀見峠→蔵王峠→北山裾→道の駅対岸の河原
5TPで45kmくらいかな?

すげー楽しかった。

龍門山頂TOに到着すると、すでにパラが1000mくらいまで上がっている。セットアップを急ぐオレとK岩さん。K岩さんに続いてテイクオフするとTO前でヒット。そのまま丁寧につなげて雲底1500m。
みんなが出てくるまでにはまだまだ時間が掛かりそうだったので、すぐに東へ向かうが景気のいい雲の割には次のヒットがこない。急にそのままぶっ飛ぶ気がしてホテル1200mくらいでリターン。尾根の南側からTO前に戻って上げ直す。
ぼちぼち上げているとみんな出てきたので、さの女王を待つ。上げきったところで女王は南西方向にグライドしていってしまった。今日はそっちに行きたくない。
ちょっと東に向かうと再びしっかり雲底へ。
今日は行っとけでしょう!
一人で東に向かう。

More
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-11 19:51 | Flight Log | Comments(0)

2010/4/4 龍門

max1510m
2h45min

晴れ、積雲なし
南西のち西の風 3~5m/s

テイクオフ 12:10頃
飛んだ経路
TO→南東方向へ2km弱くらいグライド→TO→南東方向へ4kmくらいグライド→お城辺りで上げ直し→TO→南西方向の尾根の上→JR→船戸に渡れず川の合流地点→グランドをうろうろ→アルバLZの上→切り返して竹房LZの上→TO→南側を通ってJR→船戸→コーナン辺り→龍門LZ

最初の上げ切りで1300mくらい。一人で南東方向に向かってみるが、ひよってすぐに引き返す。2回目の上げはわだっちと。オレはこの日の蓋も抜けて1500m。しばらくわだっちを追っかける。大丈夫なの?と心配になるくらい突き進むが、上がらないと、ちゃんとお城辺りの尾根に戻ってきて上げ直す。わだっちはサーマルにヒットしてもすぐには回さず、強いコアを探って、強いところで回し出している。勉強させていただきました。

More
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-06 21:53 | Flight Log | Comments(0)

南陽エントリー口座情報

GW前半の南陽スカイフェスティバルにエントリーしました。

エントリーフィーの振り込みに、てこずったので、締め切りギリギリにエントリーする人に役立つ情報。

振り込み先が郵便振替なので、郵便局からなら、指定の記号番号で振り込めると思いますが、銀行やネット銀行からの振り込みは下記口座番号に振り込みましょう。たぶん間違いないと思います。


ゆうちょ銀行
支店名 二二九(ニイニイキュウ)
当座
0085426
南陽市スカイレジャー振興協議会

ちなみに締め切りは今度の火曜日の6日だったと思います。それ以降はエントリーフィーがさらに高くなるので、すぐにエントリーしましょう。

今回は全日程参加します!
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-03 21:17 | Diary | Comments(0)

2010/4/2 桜

d0065302_1295422.jpg

鳥取の山桜は5分咲きくらいかな。
やっと晴れてきた。
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-02 12:09 | Diary | Comments(0)

2010/3/28 龍門

max1560m
3h23min

曇り後晴れ
西北西 2~4m/s

飛んだ経路
TO→JR→TO→龍門山系より南側の尾根→JR→岩出橋辺り→TO→Lタン→ほぼ真北に前山→前山伝いに西進して犬鳴峠→近大→次の峠→紀の川SAに向かう途中で引き返す→龍門LZ

後半は前山の尾根の真ん中まで行き、ちょっと低くなって引き返すとリーサイドのサーマルで上がって、西北西へのグライド、を繰り返した。前山のリーサイドはリフトが豊富でどこまでも行けそうだった。

ランディング評価 B
(見た目はセーフティーだが、個人的には納得できない部分があり、反省点のあるランディング)
オレとしては、かなりありがちなダサいランディング。高度処理の360°旋回が一周足らず、長いベースレグをとっても高度を落としきれず、やむなく8の字旋回をせざるを得なくなった。アプローチがヘボい。
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-01 23:29 | Flight Log | Comments(0)

2010/3/22 板敷日選Day5

max1970m
2h07min

晴れ
西~南西 3~5m/s
ブルーだったかな?
task:TO→烏山入口の橋→西の方→南西の方→桜川滑空場

オレは烏山とって、戻って2000m近くまで上げた後、西へワングライドで降りる。最後は最も悪いラインを飛んでしまい、低高度でもサーマルヒットできなかった。

ランディング評価 C
(ギリギリセーフティーだが、カッコ悪く反省点の多いランディング)
風が弱く、無風か若干フォローだったかもしれない。ファイナルターンの高度が低く、機体を水平にする前にフレアタイミングを迎えてしまうが、なんとか水平にして放り投げフレア。ノーズは付かずにソフトボディラン。
[PR]
by taka_sunama | 2010-04-01 23:08 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30