takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010/1/31 霊石

max530m
44min

くもり、かすかな晴れ間が見えたかなあ
北3~4m/s

雪の少ない今年の鳥取。1月の霊石飛び初めは過去最速という噂。12時過ぎに登頂開始。最初はHG5人でTOを占領かと思いきや、続々と集まるパラフライヤー。結局いつもの霊石となりました。鳥取在住フライヤーって意外に多いのね。
まつ、今やんに続き13:40頃テイクオフ。そこそこ風は吹いていてリッジをとるのはたやすい。回せるリフトもあるが、霊石らしい、流れる弱いリフト。うかつに動くとすぐに降りてしまうのでリッジ帯で粘り強く飛んでいた。やっと500mを越えるまで上がったのでリフトラインに乗せるつもりでサイロへ。サーマルと呼べるリフトはなく、低めで霊石に戻ると北風は弱くなっていて、リッジがとれず終了。

今日はずっとハーフVGでソアリングしてみた。浮きはいいけどきつめのバンクをかけてサーマルを外すと激しいスパイラルに入っていくので、混んだガーグルでは使えない感じ。
フルVGのピッチが軽すぎて速すぎる気がしたので、降りてからインナースプログを半周上げる。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-31 22:42 | Flight Log | Comments(0)

THE SECRETS OF とのやん

ソアリング技術ヒントメモ

龍門でのフライトの帰り際、トノエアーに寄ると、とのやん、キャ○ロンにソアリング講義中。

立ち聞きついでに質問:
みんなが降りてしまうくらい渋い時に上げる為には?

答え:
翼が保(も)つかどうかギリギリのところでグライダーを飛ばすべし。

解釈:
低速で小さく回して、ハイサイドを多様する。自分の翼の失速ギリギリのところで、いかに飛ばせられるかがポイント。

最近、低速でのソアリングは意識してやっているが、失速ギリギリの速度を使えるか?というとそうでもない気がする。降りない為に必要な技術だと思った。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-25 01:08 | technic | Comments(0)

2010/1/24 龍門

max1100m
1h09min

晴れ、南西2~3m/s
高気圧に覆われ、穏やかに晴れる時の龍門は渋い

タスク
TO→JR→デュプロ→荒川中→粉河高→近大の方の小学校→竹房LZ(約35km)
エラップスタイム

寺山のパラも上がって来ない渋そうな雰囲気の中、12:30過ぎに出た、えもGが一番上げをしてくれて、マツ、オレがサッサとテイクオフ。順調に上がるも、風は南西。1050m程まで上げてスタート。
JRをとって振り向くとテイクオフ前にガーグルが出来ていて、混ざりに行くが、ガーグルは上がらずにバラけてしまう。しばらく、のたうった後、龍門北西斜面の辺りで800m程まで上げ、龍門南斜面へ探りに行く。荒れ気味のサーマルヒット。上げ切って1100m。まじめにデュプロを取りに行く。TO前にTOレベルで戻るがもはや渋渋。寺山周辺で上げ直して800mくらい。流されてしまったのでJRで上げてから荒川中に行こうと思ったがJRでスカッてしまい、寺山に戻ってもスカッ。そのまま竹房にランディング。タスクを回っていたのはタスクを決めた二人だけだった模様。
竹房LZでは早めにアップライトに持ち替えて、ちょっと早めにフレアするとクラッシュしにくい気がした。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-25 00:36 | Flight Log | Comments(0)

LaminarZ9 13.2

2010/1/17 龍門で試乗

LaminarZ9 13.2 マイラー
カーボンバテン
カーボンインサート
コンペAフレーム

一般に売られているフル装備

パイロットの裸体重 67kg
フックインウエイト 約85kg

3時間28分飛ばせていただきました。
価格を除くトータルパフォーマンスで自分のT2よりいいかもしれないと思った機体はここ数年では初めて。

試乗した機体はとても新しく、まだ慣らし運転中かな、といった感じ。
ハンドリングはちょっと堅い感じで、フニャフニャではなくドッシリ安定している雰囲気。イカロの出している推奨体重的には重めで飛んでいる為、そんなに浮きの良さは感じない。ただ翼面荷重の割には全般的に沈下が少なく、雑なピッチ操作をしても激しい失速には入りにくい。
さすがに3時間飛んだら、後半は慣れてきてあんまり上げ負けないようになったけど、少なくともこの機体は誰でも簡単に乗れて楽に上げられる機体ではないと思った。

1番気に入ったのはVGフルオン時のピッチの雰囲気と滑空性能とコントロール性。
システム的には複雑で、それってどうなの?と思っていたアウタースプログを上下させるシステムは確かに効果的に機能していた。

More
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-19 20:08 | Flight Tool | Comments(2)

2010/1/17 龍門

max1420m
3h28min

晴れ、北西3m/sくらい、パラは景気良く上がっているが積雲は部分的。
優秀そうな人達がセットしたタスク
TO→パナソニック→九度山鉄塔→高積中学→貴志川大橋→龍門LZ(61km)
基本的にはフリーフライトだが、みんなで飛ぼうという目的で、デパーチャーオープンタイムを13:15にセット。
今日はLaminarZ9 13.2を試乗。
12:40頃、えもG、うじーえさんの次にテイクオフ。慣れない機体で最初はあまりうまく上がらない。うじーえさんやサノさんに上げ遅れる。
13:15頃からパイロンを回り出す。九度山方向の雰囲気はイマイチでみんなで慎重に上げながら進む。ピラミッドの手前辺りで哲平と残業していたらサーマルが育ち1300mくらいまで上げて、九度山ゲット。リターンして低くなっていた人達を上から追い抜く。
みんなでスタックしていたところはダメそうだったのであまり深追いせずに北山の北西斜面に飛び込む。ここで北野さん、博司さんとリッジとしょぼいサーマルで若干高度を戻す。
北野さん、博司さんは見切り良く、サッサとテイクオフ方向に進んで行ったがオレは少し残業。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-18 21:01 | Flight Log | Comments(0)

2010/1/10 西富士ジャパンクラシックDay3

max2480m
1h32min

task:TO→試験場北SL→さんじゅうTO→まかいの牧場→バイオセンター→上井出IC→長者東屋→竜ヶ岳東→三叉路→試験場北SL(73.5km)

上空の北西の風がしつこく残り、北へのグライドは高度ロスが大きい。高度、場所によっては荒れていてちょっと飛びにくいけど、慎重に飛べばたくさん飛べるコンディション。

オレはまかいの牧場取ってMLZにランディング。ゴールは9名。たしかユウジ、ムタ、元気、チャッキーが速かった。

ちょっとスタートを失敗したが、うまくリカバリーして、毛無へ。ちょうどタイミング良くドカンと上がり、ダイレクトにまかいの牧場を取りに行く。上空の北西の風に乗り、高度ロス少なくまかいの牧場を取り、元気、板さん、岡田さんとML方向にグライド。元気は先頭で降りそうな高度で走って行く。
オレと岡田さんは陣馬尾根からHGTO前に戻るが、HGTO周辺は積雲の陰になっていて激渋。オレはこぼれて降りてしまう。やってもうた。

元気と板さんは反射板南で対地200mから上げ直して先に進んだらしい。

西富士教訓:陰った山より晴れている反射板。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-12 22:09 | competition | Comments(0)

2010/1/9 西富士ジャパンクラシックDay2

max2580m
2h57min

task:TO→天子→JA倉庫→佐折尾根→バイオセンター→大倉川ダム→三叉路→さんじゅうTO→試験場北SL(77.6km)

過去2番目?の最高のコンディション。サーマルは強く、後半の毛無のサーマルは平均プラス6m/s。

オレのタイム、2h00minで5位。
ほぼ一斉スタート後、TO裏でスムーズに上げ直し先頭でJA倉庫を取ろうとするが、ひよって毛無で上げ直す。JA倉庫を取ってTO裏で上げて天子で上げて佐折尾根を取って帰りは天子で上げずにTO裏までグライド。また上げて毛無でドカン。バイオ取って、もう一度毛無でドカン。
天子でちょっと上げ直しダム取って天子で上げて三叉路取って、グランドのしょぼいサーマルで300mくらい上げ直してファイナル。
先頭3人は全然速かった。このフライトは元気と飛ぶ事が多かった。ファイナルグランドで負けた。悔しい。超高速グライドの練習が必要なようだ。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-12 21:27 | competition | Comments(0)

2010/1/8 西富士ジャパンクラシックDay1

max3020m
1h40min

task:TO→天子→道の駅→まかいの牧場→さんじゅうTO→豊重小学校→田貫湖奥→MLZ(50km)

おそらく過去最高の西富士コンディション。海抜3000m近くまで普通に上がり、ほとんど荒れておらず、しかもひどいシンクが少なかった。

オレのタイム、1h12minで11位。
最初のゲートでいい位置でスタート後、一気に毛無のあごまでグライドするが期待した程のサーマルに当たらず、手前でしっかり上げて道の駅を取りに行った人達に遅れを取る。まかいの牧場の前に田貫湖の尾根でしっかり上げたので、まかいの牧場を取ってそのままさんじゅうTOに行こうとしたが、途中でひよって、HGTOに戻って上げた。最後は毛無のあごで3000mまで上がったので一気にファイナル。

トップのワダッチは56分。
もう少しリスクを犯せばタイムを縮められたかもしれないが、絶対ゴールしたかったのでまずまずの結果だったと思う。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-12 20:44 | competition | Comments(0)

2010/1/3 西富士

max2050m
1h40min

晴れ
上空は 北西3m/s→北西6m/s

ミニ大会タスク
TO→長者→三方尾根→天子→DKTO→農業試験場SL→野活→MLZ(約40km)
DPOP11:30 :40 :50 12:00 :10 :20

11:20頃、ナイナイ崇裕の直後にテイクオフ。順調に上がり、11:30でも行けそうだったが、11:40きっかりにスタートを合わせる。11:40にスタートしたのはオレ、崇裕、トックン、ちょっと遅れて川口さん。
いい位置でスタートを切ったオレと崇裕が先行する形になる。が上空は北西の風がちょっと強くタスクの割にはペースはイマイチ。三方尾根をとった後、上げはぐってしまいスタック。崇裕に置いていかれる。前山の上空(海抜1300m以上)で強力なサーマルで上げきり、後はいいペースでタスクをこなす。最後はDKTOで2000mまであげてファイナルをかけたが、ビビって野活が取れなかった。でも上げなおしてちゃんとゴール。
1時間10分くらい。崇裕は57分だったかなあ。だいぶ遅れてしまった。
後半は北西の風が低い高度まで降りてきてしまい、川浪さんや山本つよしさんも降りてきていた。
やはり、西富士は早めの勝負が良さそうです。

More
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-03 18:27 | Flight Log | Comments(0)

2010/1/2 西富士

max1800m
1h00min

晴れ
TOレベル以下、南東3m/s
主稜線以上、西北西6m/s
海抜1500m以上、北西8m/s

西富士JCプレ大会?というか月例会ちっくな感じ。
タスクは45kmくらいだったが、うまく上げてしまった人はもれなく恐ろしいタービュランスをくらい、結局みんな自主キャンセルしてランディング。

西富士はこんなものなのか?と思いながら第1パイロンの天子をとったさのさん、オレ、小笠原さんの3人がトップ。天子の帰りに高く上げて前に出しても荒れ具合は酷く心が折れてランディング。
ランディングもアプローチが甘く、風が死んでいる場所まで伸びてしまい、新年早々ボディーラン。
ダサい。
でも、みんなのアプローチを見て、良さげなコース取りを見つけたのでたぶん明日は大丈夫。
[PR]
by taka_sunama | 2010-01-02 17:12 | Flight Log | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31