takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009/1/25 龍門月例会

max1750m(海抜)、1h36min

Task:TO→デュプロ(Lタンの近くの工場)→JR→パナソニック→コーナン(幸の湯の近く)→龍門LZ(約30km)
時間:自由だ~!!

タスクが決まった段階で、13時を過ぎていたので、みんなでさっさと出ようという雰囲気の中、選手の中ではオレが最初にテイクオフ。
すぐあとに出た濱口と一緒に上げ出すが、ちょっと渋くなったのと山際を嫌って南西斜面に移動。しかしこれは失敗で荒れている割にあんまりあがらない。カトちゃんがヒットしたので、下に入りドカン、雲低1600mにつける。

先に上げきった濱口はすでにスタートしていた。オレもスタート。デュプロとって山頂に戻ってくると、濱口は山頂で上げていたが、もっと前でとのやんがいい上がりだったので、下に入りドカン、雲低1600mにつける。JRに向けてグライドを開始すると、200m程低い濱口がほぼ同時にグライド開始。もはや、濱口との1on1に近い。スタートが高かったのでさすがにオレが先行。JRとってパナソニックに向かうとコーナン―パナソニックのラインにうっすら白いリフトラインが見える。多少の後ろめたさを感じつつ、絶対大丈夫だと思ったので、このリフトラインを使ってコーナンまでグライド。コーナン上空で850mくらい。一応後方確認の為、2周程まわしてみるが、まだ濱口はきていないし、龍門LZにも余裕で届きそう。ファイナルグライドに入る。途中で上げている濱口も見つけたので、勝利を確信し、このまま降りてしまったら、今日のフライトタイムが短すぎると思ったので普通に80km/hくらいでグライド。龍門LZゴール上空で250mほど。

ここからしょぼしょぼ上げなおし船戸の方に行ってみようと思ったが、全体的に渋くなっていて、いまいち高くあがらない。前山手前にできていた、クラウドストリートの下までいってみるもいい上がりはなく、ぼちぼち龍門LZへ。

ランディングは西を向いて降りたが、地面効果に入ってから北成分に流されて、思いのほか、みんながバラしている近くに降りてしまった。
自己ランディング得点60点。

結果は優勝!!
スタートはデュプロエンター1kmだったのでタイム計測距離は約28km。
タイムは30分45秒。平均速度54.6km/h。
もし、レーサーだったらコーナン上空の2周をカット。ファイナルで引ききれば
30分は切ってましたね。うーん、ハングって速いなあ。

賞金ありがとうございました。ホントに助かります。
鳥取に戻ってからのビールはマジうまかったです。
[PR]
by taka_sunama | 2009-01-26 23:13 | competition | Comments(2)

2009/1/17 龍門

max1600m フライトタイム2h51min

犬鳴トンネルを抜けると、逆転層、もやしっかり。今日も遅めか龍門山。
そそくさとTOに上がるが、山頂手前でツルン。危うく脱輪しかけるが、Bりおが探してきた塩カリで氷を溶かして、なんとか登頂。おつかれMつ。
そうこうしているうちに積雲ぽこぽこ。きょうのタスクは和歌山ICアウトアンドリターン
(片道17.2km)。コンペ組は、まじめにGPSへ座標を入力。

13時前、Mよ、Nの、テイクオフ。パラタン付近で上げ出したように見えたので、オレ、テイクオフ。パラタンに向かうにつれ、パラも含め全体的に低くなっていく。いきなりピンチ。1番ましな雰囲気で回しだしたパラにかぶさる。このパラ、センタリングもサーマルサーチもとてもスムース。しばらくこのパラを頼りに上げていく。このパラはたぶんT郎だろうと思っていたが、あとで確認したらやっぱりそうだった。(K山T郎、パラ世界戦代表、実は同期)
T郎と一緒にJRでヒッたサーマルをつなげて雲低1500mへ。

上空は北西の風、10km/h~15km/hくらい。とりあえず、少しずつ西へ。
3回上げなおすが、雲低まではつけれず、船戸手前1200mくらいでさらに西へ。船戸から西は、もやっていて、いかにも渋そう。和歌山高校で700mくらいになったので、1度あきらめて引き返す。船戸を西側から渋く上げていると、上空高くをM田さんがグライドしていく。追い抜かれた形になったのでしっかり上げなおして追いかけようと決意。船戸の東斜面まで流されたところでサーマルがしっかり立ち上がり、雲低1400mへ。川沿いの方にしっかりした雲があったので、北西に針路を取りグライドしているとM田さん発見。と同時に低い高度を川沿いに飛んでくる機体を見つけたが、そのまま川辺の湯の横に降りてしまった(これはMつだった)。M田さんは流されながら上げているがあがりはいまいち。M田さんの近くで上げなおすが上限は1000mちょっと。ここから北西方向(SA方向)にパフ(小さな雲)ができかけていたので、リフトラインを探りながら数km進む。これが当たりでちょっと荒れ気味だが、高度ロスが少ない。途中渋いサーマルで900m→1000m。パフの北西端で850m→1000m。ここで和歌山ICの北北東2.5km。パワープレイでまっすぐICをとりに行く。IC上空では700mくらい。

南側にできている雲の下に行くか、まっすぐ船戸から続く山並に帰るか、迷ったが、帰りはテイルウインドだから、だましだまし戻れると判断して後者を選択。予定通り、レベルキープできるサーマルで流しながら戻っていくと、船戸の山並みの途中にU家さん発見。サーマルはしょぼいが2人のセンタリングは熱く、抜きつ抜かれつで800mくらいまで。とりあえず、竹房LZまでは帰れるだろう。オレはJRに向けてグライド。

JR-寺山のリッジ帯より高く戻れたのでちょっと上げなおして、龍門へ。龍門は楽勝リッジになっていて800m弱まであげて、心を鍛える龍門リッジ練習タイム。TO→Lタン→TOをほとんど高度ロスなく飛べたので、ホテルまで行ってみる。このタイミングで風が北西から西北西くらいにシフトしたため帰りはちょっと高度ロスして、TO前には戻れなかった。まわりこめる高度はあったが、ゴールしていて、ぼちぼち集中力がなくなってきたので龍門LZへ降りることに。あいかわらずアプローチはダサかったが、フレアは完璧。
Bりおにゴールチョコレートをもらった。ラッキー。

どうやら一人ゴールだったらしい。
最近、グライダーがよく飛ぶので、フリーフライトでは常にLZへ戻れる範囲でしか飛んでいなかった。久々にちょっとした冒険フライトができて楽しかった。
いやいやご機嫌だー!!
[PR]
by taka_sunama | 2009-01-18 19:48 | Flight Log | Comments(0)

2008-2009 幸せな日々

08/12/28 龍門 max1210m 3h23min
長時間飛びたかったので遠くには動かず、近場をうろうろ。
TO-JR-TO-松下辺り-体育館辺り-粉河高校辺り-前山ふもと-
TO-井坂橋-ちょっと南の運動公園-TO-Lタン-TO-高圧線手前-
TO-松下-龍門LZ
前半は900から1100くらいが上限のサーマルコンディション
後半は穏やかなプチ龍門マジックコンディション
最後はパラをよけながら、Nるせ、Bりおと飛びました。

08/12/29 鳥取で仕事

08/12/30 西富士 15min
逆転層きつく少しねばっただけでぶっ飛び。それでも早めに出た地元のナベさんは1時間くらい飛んでました。

08/12/31 西富士 max2150m 1h19min
冬型バリバリなのでビビりながらフライト。
さすが西富士、げんこつサーマル。
ビビりすぎで上げきらず、毛無山にも行かず。
天子と養毛の間をいったりきたり。
精神的な疲れと寒さで淡白にランディングへ。
地元のK鳥A川さんによると、西富士としては普通のコンディションだったらしく、普通に上げきって3000m近くまであげて、余裕で毛無山にも世界地図にも行ったらしい。やはり西富士はこんなもんなのか!?

09/1/1 西富士 max3150m 1h52min
昨日のビビりフライトをちょっと反省し、上がるとこまで上げてやるー!と気合を入れてのフライト。ちょっとだけ動いて、天子からでっかい屋根(大覚寺?)まで、毛無山で雲低3000mにつけ、富士山の北西麓のちっちゃい山(ガリバーの近く?)のちょっと手前まで行きました。
やはり、海抜2000m以上は極寒で、寒さで疲れてしまい2時間弱で降りてしまいました。N野とW田っちはコンバージェンスにのってほとんど富士山まで行ったらしい。

09/1/2 丹沢 max2480m 2h20min
丹沢でのフライトの名目は会員テストなのでどこまで行った、とかいうのはやめておきます。今回のツアーメンバーでもフライトの引率はオレということでこの日は関西メンバーの最後にテイクオフ。
丹沢は西富士以上にサーマルが強すぎて、またしてもビビってしまう。
この日は3000m越えの人も多く、特にリジットのMのるやY本さんは大きく動いていたようです。オレはビビっていたのでホントにこじんまりと飛んでいました。

09/1/3 丹沢 max2150m 2h35min
この日は事情により飛ばないメンバーもいたので、最初にテイクオフ。
上げ始めは渋めだったが順調に高度を稼ぐ。前日よりはだいぶ穏やかだったので、前日より高度は上がらなかったが、ちょっとだけ広めの空域を飛ばさせていただきました。以前は、はるか彼方に感じたあのパイロンもあのパイロンもすぐ近くに感じました。機体の進化とコンディションのおかげだと思います。ランディングで思いのほか伸びてしまい、LZぎりぎりで(ちょっと早めの)フレアをかけ、軽くベースバーを付いてしまう。アプローチも含めまだまだオレはランディングが下手なようだ。反省して次に生かそう。

今回のツアーは本当に楽しかった。
一緒にツアーに行ったみんな、お世話になった西富士、丹沢の皆さん、ありがとうございました。

*max高度はオレのバリオによる海抜高度です。
[PR]
by taka_sunama | 2009-01-05 14:29 | Flight Log | Comments(4)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30