takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2月22日 板敷

650m 40分
北日本まで南風予報にもしや記録も?と思い11時40分テイクオフ。しかしサーマルは600~650までしか上がらず、しょうがなく発射してみるが、1グライドで50号に刺さる。
まさに刺さったという感じだった。
やっぱり最初が難関の模様。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-23 11:07 | Flight Log | Comments(0)

2月21日(水)

随分前からログブックを付けていないので、ブログ公開に合わせてログを付けようかと思ったりして。
でも、「お前、飛びすぎだ!」って言われそうで怖いなあ。仕事なんですいません?!

T2-144マイラー(デモ#1) 1.5hr 1600m 雲底1200m~1400m
板敷TO(13:00)→難台→真家→足尾→つくば→新治こまち西の鉄塔→板敷LZ

足尾からつくばに向かう途中、そろそろ雲底で上がりも弱くなったので風上側(西側)に離脱するとまた強いサーマルにヒット。海抜1669mまであがりました。(もっと上がったかもしれないけど手が凍りそうだったのでやめました)このサーマルはもっと高いところで雲になったのか?あるいは雲にならなかったのか?オレにはわかりませんがオレの高度でも明らかに他の雲より高かったです。今日は場所によって雲底高度がバラバラでした。
風は弱めの北西風、2日前に飛んだときよりは強かったと思います。(板敷TOはフォローベースでした。)
つくばの南東側、高度1300mから板敷まで13kmグライド練習したら、けっこうギリギリでした。ふー(^^;;
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-21 20:23 | Flight Log | Comments(1)

花粉対策

d0065302_17401037.jpg

この薬、1日1錠で鼻水がけっこう止まって便利です。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-21 17:40 | Diary1 | Comments(0)

U2ってすごい。

なんか、最近板敷はすっかり春で、花粉で目が痛いけどサーマルは強くてよく上がります。
今日も新品テスト。楽しい仕事です。

U2-145 1hr 1600m
板敷TO→難台→足尾→つくば→足尾→有明中学校→板敷LZ
ちなみにLZっていうのはLandingZoneの意でランディングの場所を表す略語らしいです。

風は弱ーい北西風。U2-145は大好きな機体です。
まず、棒の状態が軽いのがいいです。(メーカー発表値28.6kg)
とってもあげやすいです。コントロールは自由自在な感じです。
ランディング時、角なし程は緊張しなくていいです。(弱気)
フルVGでの性能はちょっと前の角なしと同じです。
実際Fusion141とかに乗るとU2-145の方がピッチも軽くよく飛ぶような気がします。

難台で上げきって1500m、足尾山頂までグライド、約1000mで到着。
弱い向い風だけど明らかに滑空比10以上はでてますねぇ。
つくば雲底1600m、スピード出して板敷LZにダイレクトで向かったけど、明らかに高度が余りそうだったので、足尾山頂から五差路に向かい、まだ高度があまりそうだったので有明中まで行ってから板敷に戻りました。最後は弱いながらも、もろ向い風でシンクもあったので、ちょっとあせりましたが余裕で板敷LZに届きました。

知ってたけど再確認、U2最高!!
d0065302_212796.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2007-02-19 21:05 | Flight Tool | Comments(1)

独り言、公開

更新もあんまりしないし、私の無知さを露呈するのも嫌だったので、あんまり公にはしなかったこのブログですが、最近、大会での調子も比較的いいので、情報共有の精神に賛同しこのブログをリンク解禁にします。

というわけで、ユースケやまっすー、うじーえさんなど良かったらリンク先にこのブログを追加して下さい。

調子に乗り過ぎないように気をつけます。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-18 16:28 | Diary1 | Comments(7)

New T2 テストレポート

紀ノ川スカイグランプリが終わって3日後、WWから機体の入荷があり、
お客様のT2も2機入った。2機とも私がテストフライト。

1機は前縁もノーマルのオールノーマルセール。
1700m、1hr、板敷TO→猿鉄塔→豊後荘病院→板敷LZ
1機は新しいUVMオールマイラーセール、12mmバテンのオプション。
1000m、1hr、板敷TO→猿鉄塔→板敷LZ

感想はらくちんでおもしろい。
比べれば、ノーマルセールの方がらくなんだけど、UVMマイラーの機体もノーマルセールかと思うほどハンドリングが軽く、扱いやすかった。もちろん高性能機なので、食い込んだり、スリップしたりもするが、挙動がわかりやすく安心感があるので、逆にそれを利用して小さなサーマルのコアに容易に絡ませることができる。西富士の大会のときでも感じたけどT2はサーマルの中で動くことができるような気がします。サーマルのなかでさらに強い波にのれるような気がするんです。
工場出荷の設定は少しだけスプログも高めでVGフルONにしてもピッチは比較的しっかりしています。それでも80km/hくらいのグライドはらくちんですが。

ペネートレーションや高速性能を追求したい本気パイロットには多少のチューニングアドバイスもできますので、お気軽にご相談ください。
オレのスーパーT2-144フルコンペ仕様も売り出し中です。

d0065302_023195.jpg

                  UVMオールマイラー T2
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-18 00:15 | Flight Tool | Comments(0)

紀スカ Day4 task3

Day4 task3
TO→お城→竹房LD→新大門口橋→井坂橋→龍門LD→竹房LDゴール
最終日で渋めということでちょっと短めタスク。
勝負をかけた若者たちが早めにテイクオフするがぶっ飛びも結構いたりする。
スタート時間が迫ってきて、まだ渋そうだけどシードが動き出し、オレもテイクオフ。
最初にあげたサーマルがかなり荒れていて、暴力的な感じだったのですっかりびびってしまい、
この日は弱気にキープハイで動いた。
13:00にはまだ上げきっていなかったので、13:15、高度1500でスタート。
最初の竹房LD前後に時間を掛けすぎたのと、前日の失敗も影響して、
ファイナルをなかなかきれなかったのがタイムをロスした原因。
でも、まあゴールできて良かったです。

この日は11位。総合では9位でした。

オレはタラレバは嫌いだけど、もしtask2で最後、慎重にゴールしていれば、総合で5位になれたかもしれない。
つくづくゴールが大事だなあ、とあらためて思っているところです。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-17 23:25 | competition | Comments(3)

紀スカ Day3 task2

Day3 Task2
TO→コカコーラ→北山→井坂橋→新大門口橋→岡田スポーツ公園→長田中学校→龍門ランディングG

やってしまいました、リフライト。さらに最後に絶対ゴールできる位置にいながら焦ってゴールできず。リフライトの飛び自体はスタックも少なくスムーズに動けたのでゴールできればTのやんより速かったはず。なんてもったいないことをしたんだー。ゴールランディングに降りたので、泣きそうだったけど、きれいにランディングしたから明日があるさ。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-17 22:55 | competition | Comments(0)

紀ノ川スカイグランプリ2007

2月9日~12日和歌山県、紀の川市で紀ノ川スカイグランプリが行われました。
そのフライトログを軽く残しておこう。
Day1 キャンセル

Day2 task1
TO→JR→Lタン→松下→九度山鉄塔→新大門口橋→岸上ゴール
ブリーフィング後ゲートオープンまで間がなく、準備に手間取って並ぶのがゲートオープンの3分後になってしまったらすでに列は動かない。シードが出始めてしまった。
テイクオフ後とりあえずは上がるんだけど、上げきれず、スタート時間が迫るのでJR方面へ。
13:20に1度スタートするが、高度が低かったので上げ直していたら、さっきより高い高度になって13:30スタート切りなおし。Lタンとって龍門で上げるがやっぱりあがりはいまいち。じわじわ前に出ていって寺山付近でねばるが高度はあまりとれない。このまま松下に向かうのはリスキーだが、雲が良さそうだし松下付近はわりとグランドサーマルが出るらしいので、低い高度のまま松下へ。リフトは弱いがあんまり落ちないで松下をとりすっげーしょぼいサーマルで回しだす。すぐにH林さんとN野が下に入ってくる。しめしめ最高のダミー登場。ここからはゴールまでH林さんと一緒に動いた。機体の浮きはオレの方が良かったが、サーマルの捉え続け方やサーマルの探し方、ヘッドウインドでのグライドの判断等はH林さんはさすがという飛びだった。
回していくと次のパイロンに近づくのでしょぼいながらも上げていくとH林さんがサーマルを育ててくれていい上がりに。上げきって北山までグライドするとさらにいいサーマルにヒット!雲底まで上げる。九度山までグライド。パイロンは風下側なので手前でサーマルを拾いあがりきるくらいでパイロンをとる。比較的高度はあったが次の新大門口橋まで強めの向い風なのでできるだけ高度が欲しいところ。しかし強気なH林さんは(オレより)低い高度のままグライド開始。オレも追いかける。新大門口橋の2つ手前の尾根でO沼さんが回していたのでそこに合流。ちょっと高度を戻すとO沼さんがグライド開始。オレの方がちょっと高かったのでつられてグライド開始。
結局これでファイナルグライド。いやー、最近の機体はホントに良く飛びます。
最後、グライド勝負で世界選代表クラスのH司さんとH林さんに勝ったので、気分をよくする。
O沼さんには30秒も離されたけど。(^^;

この日は7位。13:30スタートでは2番目。まずまずのスタート。
[PR]
by taka_sunama | 2007-02-17 20:58 | competition | Comments(2)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28