takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Flight Log( 148 )

2014/4/27 大佐山SC day2

簡単なログのみ。
競技はキャンセル。
テイクオフレベルの風は南5〜7m/s
10:45 テイクオフ
風は南南東強めながら、雲もリフトも豊富。雲底は約1700m(海抜)。
大佐山→大佐盆地の南南東方向へ、北房エリアはわからなかった。→大佐LZ近くに戻り→東へクロカン開始→いつものコースでゆっくり津山盆地へ。→依然南風強く、那岐山並びの山並みへ。→ちょくちょく上げながら那岐山到着14:30→フォローを背負って鳥取へ。→一度上げなおして霊石に到着。南強いがリフトもあり、市立病院まで行ってリターン。→霊石LZの上で高度処理中にアンコントロールになり、少しだけ逃げて1.5km北西の老人ホームの前に15:25ランディング。
直線距離で75kmくらい。那岐山をターンポイントにすれば、85kmくらい。

飛行時間 4時間36分
最高海抜高度 1860m
積算獲得高度 16244m
[PR]
by taka_sunama | 2014-05-01 23:43 | Flight Log

2014/4/26 大佐山スプリングカーニバルday1

晴れ、南東強め
11:30 2番目にテイクオフ。大佐山で1900m。南側の山で上げていたマツの下に入り1400→1800m。マツ2000mで発射を見て、やや低いが追いかけるも、直ぐに+4のサーマルにヒット。2500mまで上げる。真っ直ぐ勝山の南側のゴルフ場を目指すが、強めの向かい風と長いシンクに捕まり、まさかのワングライドで沈。月田駅の脇に降りる。L/D 5.3くらいか?
飛行時間 58分

わりとすぐに回収され、大佐ランディングでのアクシデント発生もあり、回収斑長に。

さすがの氏家さん、宣言通りの那岐山アウト&リターン。(オレは宣言知らなかったけど。)→本人ブログ参照。
さすがの松村貴博、那岐山から中国山地のコンバージェンスに到達。シコタマ上げて鳥取、岡山、兵庫の県境を周遊し、霊石エリアにランディング。最長距離でこの日のトップ。→本人ブログ参照。
さすがの田中猛さん、大佐山→新見IC→那岐山で17時過ぎにランディング。
さすがの中野、大竹、美作まで。
新人巨神兵、箕谷、大佐初クロカンで津山盆地横断。一歩、歩いただけらしい。

多くの賢明なクロカンパイロットは向かい風の中、東へ向かうも無理せず引き返し、大佐エリアにランディング。

宴会、楽しかった。^_^
[PR]
by taka_sunama | 2014-04-29 17:01 | Flight Log

2014/4/25 大佐山〜山崎 96km

2014年4月25日(金)
大佐山からのクロスカントリー。
前々日の予報では、コース上にコンバージェンスラインが形成されていたが、前日の予報では、それがだいぶ北上していたらしい。

最高海抜高度 2615m
積算獲得高度 14742m
飛行時間 4時間33分
風向は高度2000m以下は南南東3m/sくらい、2000m以上は西南西4m/sくらい。
大佐山周辺はブルー。
津山盆地はパフ程度。
美作辺りからは積雲が出来ていたが、最盛期は過ぎていた印象。

11:08 テイクオフ
11:30頃 高度1800mで大佐山山頂仮発射。
大佐盆地出口でサーマルヒット 1500→2000mで東に発射。
勝山市南側の山で700〜1300mくらいで、もがきながら東進。
弁当屋に降りそうになるも、こいのぼりが弱い西風を示していて、弁当屋東の山に入り込んでヒット。500→1800mくらいまで回復。
津山盆地入口辺りで切り返しを使いながら750→2000m。
津山市街地でリフトラインを感じ、コースを2km近く南にシフトし、この日一番のサーマルにヒット、1200→2600m。
ここから、ややスピードアップ。2000m以上は追い風みたいで進みが良い。
美作IC辺りで低くなるも、雲を頼りに突っ込むと、イマイチなサーマルながら、それなりに上がり、700→1700m程。
この頃、既に15:00頃。高度は心細いが、作用辺りから山に入って行く。
相変わらず風は南南東で進みが悪く、サーマルもショボくなり、上がっても1500m程。あげくに発達した雲から雨が降ってきて、逃げるように尾根を渡る。
最後の尾根筋では頑張って上げて1200mがやっと。その高度では次の谷のランディング候補地が確認出来ない為、進めない。尾根筋をやや北上するも、変電所と高圧線に阻まれ、意気消沈。
南下して15:46広い田んぼにランディング。降りた場所は山崎インターの数キロ北でした。テイクオフからの最長距離で96km。

全体的な印象としては、渋めのコンディションでスピードが上がらなかった。
この日のコンディションで、自分が出来る限りのことはやれたかな、という満足度の高いフライトでした。

弁当屋付近だけ低高度が西風だったのは、地形的に開けている久世の南から入り込んだ南風が久世の町にぶつかって、東西に分かれ、勝山は東風、弁当屋方向は西風になっていたと思われる。
コンバージェンスとは反対の、風が分かれる現象をダイバージェンスと呼ぶらしく、その付近はあまり上がらない、という話を2年程前にマツから聞いた事を思い出した。


昔懐かし、ランディング4方向写真
d0065302_23134130.jpg

d0065302_23134239.jpg

d0065302_23134412.jpg

d0065302_23134621.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2014-04-28 21:50 | Flight Log

2013/5/26 徳島三加茂

吉野川クロカンチャレンジ2日目

サラッとログ

テイクオフ近辺は曇ってて、ブローも弱い。テイクオフ順はエントリーNo.順らしいよ、と言われ、1番のオレは1番にテイクオフ。

三加茂、水の丸TOは標高差、約1000m。
なんと、晴れている空域まで移動できる!
テイクオフ近辺で粘るもイマイチなので、尾根沿いに東へ。
鉄塔の先でヒット!雲底1700mまで上がる。迷わず発射。

今日もタスクは名田橋手前のサブラン8ゴールのストレート43km。
平地はテイクオフ近辺とは違い、晴れていて積雲も適度に出来ている。いけそう。
風は南メインだが、それほど強くなく、高度が高いほど、南西なので、進みは悪くない。
リフトラインと雲を頼りに多少蛇行しながら、ほぼ真っ直ぐゴールに向かう。
ちょうど中間地点辺りで、平均ブラス4m/sの強烈サーマルにヒットして、2000mまで上がる。
後方は近づいてなさそうなので、細かく上げながら、余裕の高度でゴール。
念の為、名田橋まで行って、めちゃくちゃ広いサブラン8にランディング。
南南東6m/sくらい。
降りてから、さらに強まる感じで、機体を畳むのが大変でした。


d0065302_032269.jpg

写真はゴールのSL8

max高度 2002m
maxバリオ(10秒) 4.9m/s
フライトタイム 1時間50分
[PR]
by taka_sunama | 2013-05-28 23:29 | Flight Log

2013年4月28日 大佐山 158km

とり急ぎ、ログアップ2
久世(弁当屋の南)で低くピンチになったときにマツと中野と一緒に上げきり、その後、奈義山~作用JCTあたりまで、3人で飛べたのが良かった。
特にマツと氏家さんは大佐のコースを良く知っているので、一緒に飛べるとすごく頼りになる。
まあ、一緒に飛ぶのはけっこう難しいですが。

ちなみに今日は弁当屋におりました。
d0065302_19552439.png

[PR]
by taka_sunama | 2013-04-29 19:56 | Flight Log

2013年4月27日 大佐山 188kmログ

取り急ぎ、ログアップ。
クロカンキングの氏家さんが最初にテイクオフしてくれたので、ちょっと精神的に楽させてもらった事と、
作東手前で氏家さんと雲底につけて、スムーズに山コースに入っていけたのが良かったです。
何度か大きなスタックをしているので、スタックなしで飛べれば日本記録更新の可能性もあったかもなあと思います。
d0065302_1928738.png

[PR]
by taka_sunama | 2013-04-29 19:29 | Flight Log

2013/2/24 龍門

客観的なフライトログ

テイクオフ龍門 15:45 北西3m/s
ランディング竹房 17:10 北東4m/s
フライトタイム 1h25min
最高高度 海抜1477m
雲底はもう少し高かった。
上空は北北西のち北北東 6〜7m/s

動いた範囲: 北はパナソニック、東は北山、西はJR
九度山以東は降雪

北風は強かったが、夕方は少なくともハンググライダーの上級機は飛べる風速だった。

テイクオフの風が、サポートなしでも飛べるくらい弱くなったのは龍門山が雲に覆われて、対流が弱くなったのか?、対流のおかげで北風がブロックされたのか?

すなまとしては、それほど怖くもなく、グライド練習もたくさん出来て、楽しいフライトだった。

他に寺山から数機パラグライダーも飛んでいたが、あまり長くは飛んでいなかった様子。
[PR]
by taka_sunama | 2013-02-26 01:29 | Flight Log

2012/12/2 龍門

曇り、たまに晴れ間
東北東3m/s

14min ほぼぶっ飛び

西日本学生選手権2日目。テイクオフできるかも怪しい東風。なんとなく粘ってぶっ飛ぶのもなんなので、expクラスのタスクを回ってみた。

龍門TO→Lタン→粉河高校→龍門LZ→竹房LZ

すなまは龍門LZまで。風向きは悪いがそれ程強くなさそうなので龍門山北東斜面に回り込む。しばしリッジを試みるがなんとかレベルキープ。それでもLタンまでは北東斜面のリッジを乗り継いで、高度400ちょっとでLタンゲット。リッジを戻るより、ダイレクトで高校にいった方が可能性が高いと思って前に出す。が、リフトには当たらず高校取って、龍門LZにランディング。

ランディングの風が強かったので、フレアーはちょっとだけかけてソフトランディング。

これはこれで楽しいもんだ。
[PR]
by taka_sunama | 2012-12-05 23:33 | Flight Log

2012/8/5 霊石〜砂丘

晴れ
本流 南南東強め
max1173m 50min

12時を回っても、テイクオフにはたいして北風が入らない。見込みのありそうなタイミングでパラの上級者が出て行くが、ぶっ飛び。

雰囲気的にリフトはありそうだったので、北風0.5m/sでテイクオフ。しょぼいリフト帯で少しさまよった後、なんとか上がるサーマルを引っかける。直ぐにマツと高波がテイクオフして、下に入る。
が、このサーマルはそんなでもなく、オレは500mくらいまで上がるが、マツと高波は400mくらい。一度霊石の稜線を試すがダメなので、右尾根で上げ出した、二人に被る。
まずまず上がったところでマツは谷へ。谷が上がり出したので、オレも移動。
で、二人でいいリフトを探しながら雲底近くまで上げて、1170m。
今日は確実に砂丘まで行けそうなので、オレは少し右寄りのコースで北上。鳥取の市街地で800m→1000m。
マツが先行して砂丘に向かってくれたので、見失わないうちについていく。
で、あっさり砂丘到着。500m以上は未だ南風だが、波を見たら明らかな北東風。
マツのランディングをよく観察してからオレも近くにランディング。砂丘の爆風は荒れてて、降りにくかったけど、ソフトランディング。

その後、風の弱い場所に機体を移動させるのがしんどかった。
いつのまにか、4年近く鳥取で飛んでいますが、砂丘ゴールは初めて。条件さえ揃えば簡単なのは分かってはいたが、なかなか条件が揃わない。やっぱり難しいんだろうな。
オレは砂丘育ちではないので、みんな程こだわりはなかったけど、一度はやっておきたかったので、出来て良かった。
マツとのコーラでの乾杯は素直に嬉しかったです。

しみずさん、回収ありがとうございました!


d0065302_2154594.jpg

d0065302_215472.jpg

d0065302_2154813.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2012-08-08 21:05 | Flight Log

2012/6/3 霊石

晴れのち雷ゴロ
北風3〜4m/s のち南風

Falcon3tandemをソロでフライト。
20分くらいリッジで粘った。

渋かったせいもあるが、思っていたより、全然浮かなかったし、飛ばなかった。
最近のコンペ機にも言える事だが、適性重量より、あまりに軽いと、グライダーの性能が出ない、
という気がした。

普通にコンペ機で飛んだ人達は谷で500mくらいまで上がって、数人がサイロに行けたくらいのコンディションでした。
[PR]
by taka_sunama | 2012-06-04 23:24 | Flight Log
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31