takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:technic( 46 )

2017年3月19日の事故についての主観的論考②

前回の記事は事故の現場に居合わせた者として、出来るだけ正確に事実を見たままに記述しましたが、今回の記事は私、砂間隆司のかなり主観的な考え方が入るので、参考程度に見ていただきたいです。
今回の事故を受けて、改めて思い知らされたのは、我々人間は自然の摂理の中で生きていますが、自然には情も慈悲もないので、時に不運が重なれば何の罪も落ち度もない人でも、あっと言う間に命を失うこともある、ということです。特に自然を相手にするスポーツ(スカイスポーツ、マリンスポーツ、登山、etc)をする人達は、自然の中では人間はちっぽけな存在であることを理解して、謙虚に自然の摂理を理解し、受け入れる必要があるように思います。
さて、ハンググライダー、パラグライダーの愛好者にとって、死亡事故は最も避けなければならないことです。今回の事故はパイロットに大きな過失があったとは思えませんが、結果として最悪の事態になってしまいました。
今回の事故はどうすれば防げたか?というのは非常に難しいですが、どうすれば事故にならなかったか、というのはタラレバになりますが論ずることができます。
①Nさんが着陸しようとしていた時、まだ数機のハンググライダーが近くを飛んでいました。そのうちの何人かはNさんと同じように河川敷付近のサーマルで上昇し、テイクオフした板敷エリアの着陸場まで戻って着陸しています。おそらく理由は人それぞれですが、結果的に板敷エリアは、まだコンバージェンスの弱風域にあったらしく、問題なく着陸できたようです。ハンググライダー、パラグライダーは強風に対しては比較的弱く、飛びにくいので、風がぶつかって風速が弱まっているコンバージェンスをよく使いますが、コンバージェンスから外れる境い目ではコンバージェンスに吹き込む風と、違う性質の空気の境い目によるサーマルの発生に伴う強い風が吹くようです。この辺りは私自身、まだ自信がないのですが、飛んでいてコンバージェンスから外れて荒れた空域に入ってしまったけど、まだ上昇できる場合はコンバージェンスを追いかける方向に向かった方が弱風域に戻って着陸できる可能性が高まるように思います。
②板敷エリアに戻らず、近くの広い田んぼに降りたパイロットも数人いました。これは最終的にはNさんの下した判断と同じですが、高度200m以上で河川敷に降りることを諦めて障害物の少ない田んぼを選び、おそらく必死のコントロールだったと思いますが何とか、無事着陸しています。
同じ時間に飛んでいた多くのパイロットが通常とは違う大気の状態を感じていたようです。高度が低くなる前に、より安全と思われる場所を選定したのだと思います。
③風が強くて酷く荒れている空域では大気速度の低下は直ぐに失速、ロールオーバー、タンブルを招く恐れが高まるので、出来るだけ、もろに追い風を背負う方向にはターンしない。
これは、私自身の体験と今回の事故から感じた推測です。約10年近く前の3月19日に西風強風の中、高い山の山頂のパイロンを風下側から取りに行った私はギリギリでパイロンを諦め、風下側に逃げる為、向い風方向から追い風方向にターンして数秒後、激しい乱気流(もちろん今回のような分かりにくいものではなく、高い山のローターですが)に巻き込まれ、今回の事故と同じような機体の挙動を経験しています。私の場合はレスキューパラシュートが間に合い、一命は取りとめました。
では、どう逃げればいいのか、というのも難しいのですが、着陸できる地点が近くの場合は風が強いということは高性能機でも滑空比は悪くなるので、着陸地点の少しだけ風下側で大きく8の字を書いて高度処理をすれば、もろに追い風を背負う必要はなくなります。

以上、長くなってしまい、まとまりもないですが、思うままに綴ってみました。
Nさんは、とても上手なパイロットでしたし、荒れた空域での経験も豊富なパイロットでした。私自身、今回のNさんと全く同じ状況であれば、全く同じ判断を下していたかもしれません。気象を理解するのは非常に難しいし、終わりはありませんが、空を飛び続ける為には謙虚な心で気象に関する理解を深めて行かなければならないと思います。

砂間隆司
[PR]
by taka_sunama | 2017-03-24 14:15 | technic | Comments(0)

2017年3月19日 の事故についての主観的論考①

残念ながら、3月19日の15:45頃 茨城県桜川市の滑空場付近でハンググライダーの墜落事故が発生し、パイロットのNさんは搬送先の病院で死亡が確認されました。Nさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

当日はハンググライダーの競技会、板敷スプリングフライトの3日目でした。本流の風は北西でしたが、南西向きの板敷のテイクオフ場にはサーマルブローの風が入り、この日受付をした61名の選手全員がテイクオフしています。
タスクは TO→真家2km→国民宿舎2km→五叉路→益子駅→下館1km→桜川滑空場 の総距離63km
コンディションは良くも悪くも春の激しいサーマルコンディションで砂間の最高高度は2300m、3秒平均の最大上昇率は8.3m/sでした。選手の約半数にあたる29名がゴールしました。ただ、選手の多くがコース上の何処かで発達した雲による雪、雨に遭遇しています。
速い選手は14:20〜15:00くらいにゴールしていて、15:15くらいまでは桜川滑空場の南1kmの河川敷は西から北西の風が1〜2m/sくらいでハンググライダーが着陸する上で問題ないように思われました。Nさんは15:07にゴールラインを通過しているので、そのまま高度を落として着陸していればよかったのですが、ゴールしてからサーマルにヒットして1800mくらいまで上昇したようです。これは上級パイロットであれば、よくやることで、サーマルが出ている着陸場は着陸しづらいので着陸場付近でサーマルが出ている時は上げて上空で待機するのは不思議ではありません。
15:30前後から次第に風が強まり風向もはっきり西風になりました。ゴールの河川敷は南北に長かったので真西の風は降り辛くなりますが、河川敷自体は広かったので、まだ降りることは可能だったと思います。外村さんと名草君はこの頃、河川敷にランディングしています。おそらくNさんは上空からこの2人のランディングをチェックしていたと思います。早めにゴールした選手達も一時の興奮は収まり、風が強まり、降りにくくなってきたことからまだ上空にいる選手が気になりだします。
次に降りてくるのがNさんだとはっきりわかる高度になってNさんが最後の河川敷チェックをする頃、河川敷を10m/s以上の南西の突風が襲います。車に積んだ棒状のハングが飛ばされ、風を背にして広がっていたハングはパイロットが必死で抑えても、引きづられて動いていきます。今、ここに降りてきたらタダでは済まない、と誰もが思い、Nさんに身振り手振り、地声で広い東側の田んぼに行くように伝えます。Nさんもさすがに河川敷に降りることは諦め、東側の田んぼに降りる為に右にターンして東を向きました。その直後、激しい乱気流がNさんを襲いました。イメージでは先ほどの突風が河川敷の土手から上昇し、Nさんのグライダーを後ろから、ぶん殴ったように見えました。荒れたサーマルとかダストデビルという言葉では足りない程の乱気流でグライダーは激しいピッチとロールで暴れ、Nさんはコントロールバーから投げ出され、機体のフレームにぶつかったように見えました。推測ですが、この時Nさんは気を失ってしまったのではないか、と思います。
グライダーは前転し、木の葉のような動きでダイブに入り、自由落下に近い形で墜落。接地の瞬間は私からは見えませんでした。

その後、懸命の救命活動を行いましたが、残念ながらNさんの命を繋ぎ止めることはできませんでした。
長くなってしまったので、この事故をこれからの我々のフライト活動にどう活かしていくべきかは、近いうちに次の記事に書きます。


[PR]
by taka_sunama | 2017-03-23 14:51 | technic | Comments(0)

ハンググライダー、ランディングの流れ

私の立場上、不本意ながら早めにランディングしてしまいリフライトも難しい状況では、ランディング場で風の状況を発信したり、場合によっては無線誘導をすることもあります。

スカイスポーツの着陸というのは、奥が深く難しいのですが、だいたいの流れはあるので、その流れを理解して実践していくことは重要です。

まず、ランディング場に近づいてきたら、風向、風速を確認します。飛ぶ前や、飛んでいる時も感じているはずですが、ランディング場の風向、風速は特に重要なので、吹流しを何度も見て風を確認してください。
次に風に対応するアプローチをイメージして、そのイメージに沿ってアプローチ飛行、高度処理を行います。基本的には少し速めの速度でアプローチします。アプローチはイメージとずれていったり、不意の気流の乱れでコントロールが遅れたりすると、リスクが高まるので、最もコントロールが効く速めの速度で行いましょう。そして、この速めの速度はファイナルターン、最後の直線飛行でもキープしていきます。
この、速めの速度が何km/hかによりますが、直線飛行に入って高度が3mくらいからコントロールバーを引いていた力をスムーズに緩めていって減速させます。
ベースバーと地面が1mくらいになる頃にはコントロールバーは持っているだけのニュートラルな位置になっていて、減速を続け、グライダーが失速する直前にフレアーをかけます。
高度が高いうちに減速してしまってフレアーのタイミングを迎えてしまってはいけませんし、高度が低くなっても減速していなくて、速度が速いまま接地してしまうと、ハードクラッシュになります。また、速度が速いままで、まだフレアーのタイミングとしては早いのに、地面が近づいたからフレアーをしてしまうと、俗に言うロケットフレアーになります。
さて、ベースバーからアップライトへの持ち替えはいつするの?という問題がありますが、持ち替えるスキがある時?ですかね。持ち替え、というのもリスクのひとつなので、今は持ち替えなくてもいいスカイフローターハーネスで初ソロフライトをするスクールが多いです。
ランディングの終盤では、とにかくグライダーを水平にさせることに神経を使いたいので、速めの速度から減速、フレアーまでの流れは考えなくてもできるくらいになって欲しいところです。

もうひとつ、フレアーして無事に着陸できたら、すみやかにグライダーを後続のフライヤーの邪魔にならない場所に移動してください。自分がぶつけられない為にも重要です。
[PR]
by taka_sunama | 2016-12-23 16:54 | technic | Comments(0)

2016年7月18日 霊石でのフライトで気がついた事

自分用メモ
1 良いサーマルは渋そうに感じるリフト帯の近くにある。つまりリフト帯に入っている時はサーマルにヒットするチャンスなので、より慎重にサーマルを探るべき。
2 雲を観察することは絶対に必要。雲の下に行っても上がらないことはよくあるが、やはりリフトの形跡なのでよく観察しなければ、結局いつまでたっても理解出来ない。良いサーマルにヒット出来なくてもリフトラインに乗せて沈下を抑えてグライドできることもある。
3 マツは絶対的な要チェックパイロット。とにかく、マツ君は上手いので、見つけたら視界に入れておく価値の高いパイロットですね。

まあ、世界の常識ですかね⁈
d0065302_22393352.jpg


[PR]
by taka_sunama | 2016-07-18 22:22 | technic | Comments(0)

技術ヒントメモ2

The secrets of some special pilots.
1、サーマルの活発な空域は規模は違っても風がぶつかっている場所が多い。
2、風は高度によっても違うし、地形の影響もうける。風が吹き抜けるような場所は下降風帯になることもある。
3、クロカンはコンディション以上の記録は出ない。飛び続けることが大事。
4、川はそのエリアで一番高度が低い。河原の石は暖まり易い。川の水は冷たくて流れている。だから川はトリガーにもなるし、リフト帯も形成され易い。
5、グライド中もソアリング中と同じように修正していく。翼が上げられる方に寄せていけばリフト帯につながる。
6、リフト帯、シンク帯でグライダーのピッチの動きに合わせたドルフィン飛行。
[PR]
by taka_sunama | 2016-04-18 22:21 | technic | Comments(0)

迷っている間に高度はどんどん落ちていきますよ。

ハンググライダーのコンペでもフリーフライトでも、上手な人は、何というかスムーズで効率よく広範囲を飛んでしまいますが、そこまで上手でない人との違いは何でしょう?
ひとことでいうと、上手な人は迷いがない、と言えると思います。数ヶ月前に霊石で飛んでいる時に気が付いたのですが、そのパイロットはとても基本技術は高く、若い人からも尊敬されるほどだし、頭も良く知識も豊富なのですが、ソアリング中もサーマル間の移動も上げきってからのグライドも迷いまくっているのがグライダーの動きに現れていて、迷っている時はたいていシンクの中を飛んでしまっているので、せっかく頑張って高度を上げても、その高度を活かした飛びが出来ません。
はっきり言うと考え過ぎで、判断のスピードが遅く、迷っている内にどんどん高度を落としています。
いろいろな知識を身につけることは大事ですが、フライト中は自分が良いと感じる方に素直にフライトした方が結局は良いフライトにつながっていくと思います。たとえその判断が間違っていたとしても、判断できずに迷っている間に高度を失い降りてしまうよりは、サッサと判断して自分の行きたい方に行った方が後悔は少ないはずです。
話は飛躍しますが、コンペでよく大量ゴールのスピードレースと言われるタスクがありますが、何となくベースバーの引き込み勝負みたいな言葉の印象ですが、ほとんどの場合はサーマルの見切りやコース取りの判断の良さや判断の速さのレースで、ベースバーの引き込み勝負になるのはファイナルグライドで高度が無駄に余ってしまった場合だけです。
刻々と変わる気象条件の中で自分で風の流れをイメージして次々と判断を下して、飛んでいく。ハンググライダーって楽しいなあ。

判断の中に、自分の中の安全マージンを加味することを忘れずに。

[PR]
by taka_sunama | 2015-11-09 11:11 | technic | Comments(0)

サーマルのシフト、合流、強いショットに乗せること

2015年5月6日 霊石
晴れ、薄曇り、南風、お昼に下層の海風(北風)到着

前回、4/26日だったかな。注意不足でコンバージェンスをみすみす逃し、たぶんMが御立腹だと思われたので、今日はマジメにフル装備まで準備して、風を観察。登頂時点では普通に南風、風車は一度西を向くが再び南に向き回り方は遅い。ランディングの風は登頂前から弱い北風。
12時近くになって地表付近の風がランディングから山方面に強めに吹き出した。
川が波立ってわかりやすい。ハーネス着どき。南から出ようと思う、と言ってきた若者に直ぐに北風が入ることを伝え、構える。Mに風のイメージのアドバイスをもらいちょろちょろと入ってきた風でテイクオフ。
渋いが大きめのリフト帯で少しづつ上がっていく。リフト帯の中で少しづつ探りを入れて強い上昇を探しつつ、風に流されるリフトを追いかける。まだ南からも風は吹いているはずだから、南から上がるサーマルも合流する可能性もイメージ。この、サーマルというよりも風の流れの立体的なイメージがポイントなのかもしれない。
サーマルのシフト、他のサーマルが合流してより強いサーマルに、リフト帯の中に上がってくる強いショットに機体を乗せること。
そんなことは後付けで、飛んでいる時は全て直感なんだけど、そんなこんなで1100mくらいまで上がり、その後もう1度、一時は平均プラス5m/sの強烈サーマルで1330mまで上がった。
そうは言っても、いいことばかりではなく、1000m以上は南に進まないくらいの南風。これだけ高度によって風速が違うと、当然、激荒れの空域もあり、弾かれてダイブに入ったりして大変だった。で、ビビってたいして動けず、その内下がってきて、あとはいつもの海風の中のフライト。それでも600m以上は南風だったので700mくらいまで上がって北に向かうといつもは遠い小学校にあっというまに到着。帰りに高度が下がると海風フォローで楽に戻ってこれた。
マニアックな霊石の海風コンバージェンスに興味がある人の参考になればとダラダラ書いてみました。

サーマル、リフトラインのイメージは、こういう上げるのが難しいエリアで鍛えられると、他のエリアのわかりやすいサーマルだと簡単に上がりますよ。

今日はコンバージェンスがきっかけのサーマルで上がっただけなので、もっとコンバージェンスラインに沿って飛べるようになることが今後の課題です。

d0065302_19562059.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2015-05-06 18:46 | technic | Comments(0)

紀スカでの失敗で学んだこと

ペース配分

タスク前半でいくら先行してもゴールかゴール直前まで飛ばないと、leadingポイントは全く付かない。
タスク前半はリスクを最小限に、出来るだけ集団からはぐれないように飛びたい。もちろん速い集団に留まる為には、自分自身も速い判断が必要になりますが。
やはりゴールが最優先されるが、ファイナルの見切りで得点が大きく変わるので、細心の注意を払いつつ、時には勇気を持ってファイナルグライドをかけようと思う。

[PR]
by taka_sunama | 2015-02-20 12:02 | technic | Comments(0)

ひどく荒れた空域でのコントロール

今年の春は、勢力の強い高気圧が長く日本列島に居座り、晴天をもたらすことが多く、空気も乾燥していて、強いサーマルコンディションの日が多いと感じています。強いサーマルコンディション≒激しい乱気流とも言えるので、怖い思いをしたパイロットも多いと思います。
はい、私も最近のフライトはリスクが高く、フライトすべきでないコンディションで飛んでしまった事もありました。

まあ、こんな事を言えるのも、結果的には大事に至っていないからですが。

で、私に限らず、パイロット証を持っている人は基本的には自分でコンディションの判断をして飛ぶのですが、いつも自分の予想通りのコンディションというわけにはいきません。
予想よりも穏やかな優しいコンディションなら(少なくとも安全上は)問題ないのですが、予想より風が強かったり、思いのほか空域が荒れている場合も起こりえます。
そういう場合、自分が飛んでいて楽しくないのであれば早くランディングすればいい、と考える人が多いですが、問題なのは指定地へのランディングが非常に厳しい場合もあるということです。
そういう場合は、ランディング場の風が良くなるのを期待して飛び続けるか、諦めて、指定地ではないが、出来るだけ他人に迷惑をかけないで、風の安定している場所を探してランディングするか、のどちらかになると思います。

さて、そんな一般論はもっと偉い人に任せて、もうどうにもならないような酷い荒れた空域に、誤って入ってしまった時のコントロールで私が実践していることを紹介します。
1.VGフルオンは危険なので、適度なVGセッティングへ。ただ、VGフルオフが安全か?といえば、そうでもないかな、と感じています。荒れた空域では、激しい失速からのタンブルが一番怖いので、VGフルオフの速度が失速ギリギリのセッティングの機体は1/4〜1/2、VGを引いておいた方が安全な気もします。

2. ベースバーを強めにグリップする。
これは、本能的にも、やる事ですが、意識的に'ベースバーを絶対に離さない'覚悟でグリップする必要があります。
ひどく荒れた空域では、体も振り回されるし、ベースバーが後ろに飛んでいってしまうような事も起こります。もちろんズーッとベースバーを握りしめる必要はありませんが、激しくグライダーが暴れるような時は、しっかりグリップしてください。

3. ベースバーを上に引っ張って自分の体重を増やす。
これは以前、板垣さんやミノルに聞いて、実践してみたら、使えるテクニックでした。ベースバーを胸に引き付けるイメージで上方向の力を加えると、加えた力分の荷重がスイングラインにかかり、コントロールする上での荷重を増やせます。普段から使えるテクニックですが、荒れた空域では特に有効だと思います。

4.最終的にどうにもならない時はレスキューパラシュートの使用をためらわない。
これは、最後の手段ですが、普段から頭に入れておかないと、いざという時に忘れてしまい、レスキューを投げれずに、接地してしまうことがあります。
具体的にはコントロールバーが手から離れてしまい、コントロール不能、グライダーの何処かが壊れてしまいコントロール不能、対地高度が低い状態での激しいスピンなどで回復の見込みが薄い時などです。
対地高度が1000m以上あれば、少し時間的余裕がありますが、対地高度が300m以下では、ほとんど時間的余裕はありません。
あくまで、対地高度なので高度1700mで飛んでいても、1500mの山の上なら対地高度は200mしかありません。


もちろん、こんな状況にならないように用心して飛ばなければなりませんが、時として、自然の力は想像以上の乱気流を作り出すことがあります。コントロールの方法などは知識として知っておいて、普段から練習しておくのは意味のあることだと思います。
[PR]
by taka_sunama | 2014-05-13 22:26 | technic | Comments(0)

ログ研究 パリスのワープ

霊石は南風、時折小雨の為、フライトは断念。アジトでログ研究。

確認したログは、板敷の2日間とメキシコのTask4。
感想としては、誰もマジックは使っていない、ということ。
メキシコのtask4でファーストゴールしたパリスが何処でワープしたのか気になっていたので、確認してみたら、2ndパイロン付近で低くなって、遅れをとっていたと思っていたところで、いいサーマルでしっかり上げきり、ブルーで、もっとも厳しそうに見えた3rdパイロンに真っ直ぐに向かい、慎重に3rdパイロンに向かっていた前の集団をゴボウ抜きにしていた。
ログを見る時に、タスクトップをとった人のログは、たいてい最もシンプルでセオリー通りの飛びをしている。
最近思うのは、みんなが思っているほど、パイロットの技量差はないのでは?ということ。自分では結構苦労して、やっとゴールに辿り着いたと思っても、それほど間を置かずに続々と選手がゴールしてくることは、よくあること。
また、メキシコでは、前半のちょっとしたミスで、もうトップ集団には絶対追いつけないな、と思って飛んでいたら、タスク終盤でトップパイロットと遭遇したり。
自分や他のパイロットの技量を必要以上に過大評価したり過小評価したりしないで、謙虚に落ち着いて、しっかり上げて毎日ゴールに辿り着くことがコンペにおいては大切だなあ、と改めて思った。

大門さんの優勝スピーチも、まんざらお世辞ではないんじゃないかなあ。
[PR]
by taka_sunama | 2014-04-05 20:36 | technic | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30