takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:competition( 84 )

2009/11/15 龍門月例会

max980m
1h31min

くもり後晴れ
西北西3m/s後、西5m/s

月例会タスク
TO→JR→Lタン→ジョイフル→体育館→お城→龍門LZ
曇ってて渋そうだったし、中級者もいたので、パイロンは近場。

フリーフライトの2、3人が普通に上がっていたので、選手では最初にテイクオフ。予報より、西風は弱いが、リフトも弱い。上げきって950mくらいで、一人でスタート。JRとってテイクオフレベルに戻ってくるが、さっきよりも渋い。みんなで頑張って上げて、900mちょっと。みんなはJRに向かうがオレはLタンへ。戻ってきて上げ直し、750mくらいで上がらなくなったのでジョイフルへ。500m程でジョイフルをとり龍門の下に付けるか寺山に付けるか迷ったあげく、晴れてきた寺山へ。しかし着いた高度が低くリフトはあるものの、上げ直せず、竹房LZに降りる。
この日、4位。
オレが降りた前後が、全体的に渋くなっていて、この時生き残った、松田さん、さだぼんさん、田中さんが距離を伸ばし、松田さんはゴール!オレはタスクコミッティだったので、ゴール者が出たのは嬉しかった。

more
[PR]
by taka_sunama | 2009-11-15 20:28 | competition | Comments(0)

2009/10/18 霊石 八上姫レディースアンドメンズカップ

max985m
2h21min
西から北西5~7m/s

やはりオレが飛ぶ日は晴れる気がする。
続々と飛んでいくパラを見ながら、そろそろ上がるんじゃね?と思ってハーネスを着ると、きったんとマツもスタンバイ。飛んでみると結構渋いがだんだん条件は良くなっていき、今やん、マツ、上手そうなパラと1000m近くまで上げる。
メンズカップには最高到達高度部門があったのでマツよりちょっと高く上げてから北上開始。
バードスタジアム付近まで行って戻り際、前山先端の北東側で上げ直そうとするも荒れているわりには渋く流されるので霊石に引き返す。西風強く結構高度ロスしてしまいLZ付近から上がっていた強いサーマルに乗り遅れて降りそうになるもLZ上120mからサーマルを捕まえて上げ直す。その後は海風成分が入ってしまったからか600m~700mくらいまでしか上がらない。それでも前山先端辺りまで行き西北西7m/sくらいのリフトラインでホバリングしたりしていた。

More
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-19 00:29 | competition | Comments(0)

2009/10/12 EJC4日目

max1100m
2h01min

ゲートオープン後、ランチャー台からの選手としては1番にテイクオフ。さる壁でもパラ前でも上がらず、ぶっ飛びかけるが足尾LZ上100mでヒット。丁寧にサーマルを追いかけて600mくらいまで。その後なかなか上がらないがウロウロしながら高度をキープ。スタート時間の13時にはガーグルのトップへ。さる公園上のサーマルでも高く上がった4人は板さん、オレ、まつ、あき。この時高度1000mくらい。板さんは単独で山の西側を通り、その後、富谷山、下館と進んだらしい。残りの3人は東側を足尾に戻るが、あまり上がらず、右往左往。その内にリフライトの選手とも一緒に飛ぶはめに。1時間くらい飛んだ後、さる壁600mで加波山に渡るが全く上がらず、そのまま雨引の北側麓にランディング。
我慢が足りなかった。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-12 20:57 | competition | Comments(0)

2009/10/11 EJC3日目

max2000m
4h06min

100kmタスク。
ゴール手前2.5kmショート。
12:30 1450m雲底からスタート。あちこちで集団を作りながら佐野藤岡ICまで進む。リターン後、シゲト、まっすー、北野さんと回すがあまり上がらず、高度700mくらいで単独で動き出してしまう。小山の町の南側で何度か切り返しながらやっと上がる。しかしこのサーマルは雲底まで届かない。高度1700m、残り23kmでファイナルをかけたが、下層の北東風に阻まれ2.5kmショート。オレのタイミングでは、ユージやまっすーのようにコースの南側の晴れ間を進んでも、北野さんのように雲底に付けてファイナルをかけてもゴールできたと思う。最後の詰めが甘いなあ。
この日ゴールは順番に大門さん、平林さん、ユージ、北野さん、まっすーの5人。オレはコカジと並んで6位タイ。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-11 00:00 | competition | Comments(0)

2009/10/10 EJC2日目

max1300m
2h29min

さる公園スタート→高峰→自治病院→関城ゴール

スタートオープン1時間前に上げきっていたが、スタート時間には中途半端な950mくらいでスタートしてしまう。
それでも高峰までは順調に進むが、Y寺さんの事故情報で動揺してペースダウン。富谷山では集団で大スタック。800mくらい上がったところで動くが、その後も高くは上げれず、自治病院バイロン9km手前にランディング。

上手い人に比べると周りが見えていないようだ。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-10 00:00 | competition | Comments(0)

2009/10/9 EJC1日目

max1800m
1h35min

雲底1750mくらいでスタート。雲底でスタートしてるのに集団では真ん中あたりの高度ってのは、どういう事やねん、と思いながらも高峰に突っ込む。ドカンと上がり、次のサーマルへ。次はドカンとはいかないがぼちぼち上がり1600m強、茂木バイロン6km手前でGO。ヘッドウインドきつくバイロン取った時は高度500mくらい。バイロンリターン後はなんだかシンク帯だったみたいであっという間に集団でランディング。
急ブレーキとバックギアが必要だったようです。
[PR]
by taka_sunama | 2009-10-09 00:00 | competition | Comments(0)

2009/8/15 足尾WELA月例会

max1180m 1h20min

タスクはサル公→雨引→つくばね→トステム→ちょっと西のゴルフ場→桜川滑空場

雨引の帰りで上げ直せず、板敷LZに降りてしまった。直ぐにリフライトしたい気分だった。

少しだけ、マンフレッドと絡めた。
ただ、スタート前、マンフレッドと飛んでいたマッスーとシゲトとオレはなんだか3人ともイマイチな結果に終わった。きっと意識し過ぎると自分の飛びが出来ないのかなあと思った。
[PR]
by taka_sunama | 2009-08-18 02:39 | competition | Comments(0)

2009/7/31 池田山カップ 2日目

15min ぶっ飛び

曇ってしまい、ソアリングできず、ぶっ飛び。
一応、2ndパイロンまで取ったが、今の距離の計測方法だと6kmちょうど、くらいだったみたい。
結果論だが、個人的には、この日はキャンセルにするべきだったと思う。
ただ、オーガナイザーはテイクオフできる状況でのキャンセルの決定は難しいので、例えば、デイクォリティ0.1未満はキャンセルにする、などのルール決めが必要かもしれない。
[PR]
by taka_sunama | 2009-08-07 16:24 | competition | Comments(0)

2009/7/30 池田山カップ 初日 with Manfred Ruhmer その2

その1の続き

1stパイロンの池田温泉を取って戻ってきて、池田山のサーマルポイントを通って2ndパイロンに向かうが、全然リフトに当たらない。テイクオフはフォローだったし。途中で弱ーいリフト帯で1周回したけど効率悪く、太田に追い越された。そのまま2ndパイロンを取って、その尾根の先端で太田が回し出したので、一緒に回す。相当渋いが、二人の気合いで少しずつ上がっていく。すると、西側の山の方からマンフレッド再登場。同高度でサーマルに入ってきた。この時は3人でうまく協力して渋いサーマルで上げられたと思う。1000mもいかないくらいで上がらなくなり、マンフレッドはサッサと小島山の方へ行ってしまった。ちなみに3rdパイロンとは90°違う方向。次に太田が3rdパイロン方向に真っ直ぐ向かう。オレはもうちょっと上がらないかなあ、と余分に回してしまい返って高度ロス。太田があんまり落ちずにグライドしていたので、3rdパイロン方向に向かう。この時、城台山(T11)の上に頼りなさそうな雲を見つけたので、城台山に向かうか3rdパイロンに向かうか迷ったが、結局、太田を追いかけて真っ直ぐパイロンに向かってしまった。

More
[PR]
by taka_sunama | 2009-08-05 23:25 | competition | Comments(0)

2009/7/30 池田山カップ 初日 with Manfred Ruhmer その1

max1320m 1h21min

前日の天気予報が完全な雨だったにもかかわらず朝から晴れていた。梅雨前線が予想より南下した為らしい。
タスクは池田の山並みを少し飛んだ後、対岸の低い山並みを行ったり来たり。
11:15 ゲートオープンして飛んだウインドダミーの立畠さんが少しづつ上がって、サーマルのコアに入って、ググッと上がるのを確認して、プッシュ。
アーリーバード6人の後、テイクオフ。いつもの展望台で難なく上がる。上限高度は低く850から900mくらい。高度がとれないのでしばらく近くで粘っていたら、マンフレッド発見。ワクワクしながら上にかぶさる。コンディションは強くないので、恐ろしいスピードではないが、下から確実に上がってくる。間もなく同高度になり、そのサーマルで上げきると、サッサとTO方面に移動。もちろんオレも付いていく。
しかし、次のサーマルには同高度から入ったので、一度マンフレッドに上をとられたら、あっさり上げ負けてしまいました。マンフレッドは1000m位の低い雲底に着けて、すぐに雲底がもっと高い裏の山並みに行ってしまう。

More
[PR]
by taka_sunama | 2009-08-03 00:09 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31