takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

2009/6/21 南西の霊石

max1080m 1h02min
午前中は車検見積もり、自分の車の事は後で書こう。
13時頃登頂、風は南5m/s。霊石の南TOは難易度が高いので、若い衆は誘わず。南ランチャー台の前でせっせと機体を組むと、南風が弱まり、北TOから飛べそうだということで機体を北TOへ移動。
付き添ってくれたマツは「コンバージェンスは目の前だ、今は急ぎ時でっせ!」
付き添ってくれた、らんほうさんは「マジで今出るの!?」
14時過ぎ、テイクオフの風は前から1m/s。今しかないでしょ、と、しっかり加速して、しっかり蹴りだしたが、ほとんど浮かず、ダイブっぽくテイクオフ。荒れ気味のシンクが5秒続いた後、荒れ気味の頼りないリフト帯に入る。上げにくいが頑張ってちょっと上げると、明らかに南西風に流されるので、霊石の南斜面を舐めてみるも上がらず、戻ってきて霊石の西の肩で強めのサーマルにヒット。ここから前山の南山頂にかけて、荒れ荒れのリフトラインが形成されていた。何度も切り返しながら上げて、1000mくらいまで上がるが、雲底はまだ高い。何故霊石のサーマルは雲底につけるのがこんなに難しいのだろう?やはり空気が湿っているからなのだろうか。



いつもの霊石より、高度は全然高いが、荒れ具合も全然高くて、すっかりびびってしまい、ほとんど動けなかった。東西に綺麗に積雲が並んでいたのは分かっていたが、イマイチ雲を信用しきれていないオレはこの積雲を利用できなかった~、残念!せめて雲底までつければ、雲に沿って飛ぼうと思っていたのに、結局雲底にはつけれなかった。
北は小学校くらいまでは行ったが、今日は帰りが向かい風なので、自重してかなり高いところでリターン。というか、すでに安全に降りる事しか頭に無かった。LZも南風3m/sくらいだが、やっぱり荒れていた。最後にちょっと、とられて傾きを直し切れずに傾いたまま、軽くフレアをかけ、走りながらランディング。
このコンディションのランディングとしては90点。

LZは酷暑で死にそうだったので、コンビニに冷たい物を買いに行って戻って来ると、風は180°変わっていて、はっきりとした北風に(16時頃)。最後は神風が吹いて、いつもの平和な霊石となり、オレが飛んでから組み出した人達も全員飛べました。
今日のオレって、実は人柱だったような?
[PR]
by taka_sunama | 2009-06-23 23:58 | Flight Log | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30