takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

2009年4月5日 霊石 ぶっ飛びリフライト

1本目
max650m 27min
マツ、今やんに続いて11:40頃テイクオフ。リッジでプラス100mの後、サーマルで650mまで上がる。霊石にしては随分楽に上がるなあ、なんて思っていたら、その後サイロ経由でぶっ飛んだ。
ぶっ飛びかどうかというのは個人の主観だと思う。オレとしてはこのフライトは明らかなぶっ飛びだった。

2本目
max770m 1h07min
飛び足りない元気な若者3人とオレはリフライト。
きったん、にのっち、オレ、カッキーの順に14:30頃テイクオフ。
カッキーは出遅れ、きったん、にのっちと谷で、上げ上げ。翼面過重の為か、センスの違いか、ボケっと飛んでいると若者2人の方が高い。強めのサーマルをヒットした時、最後まで上げきったオレが一番高くなり、北に向けて、グライド開始。前山のちょっと東を比較的効率よくグライドでき、何度か上げ直して、前山尾根の真ん中よりちょっと北辺りで高度600mプラス。ここからダイヤモンド電気に向かってみる。ダイヤモンド電気上450m程でサーマルヒット、流されながらプラス100m。あんまり上がらないのでランディングに帰るつもりで前山北先端に向かう。



けっこうなシンクをくらい、前山北先端で高度200m前後。低い尾根でちょっとリッジをとった後、しばらくここで上げる。ここはうまい具合にリフトラインになっていて15分くらい、何度も切り替えして上げる。最後はちょっと前に出過ぎて、高度ロスしたのでランディングへ。
アプローチがダサかった。荒れている時こそ、機体を振り回さなくて済む、アプローチを組み立てなければならないが、強めのシンクをくらって慌ててしまった。機体の安定性に助けられたと思う。
リフライトは楽しかった。霊石とはいえ、春はサーマルがたくさん出るので飛びがいがある。

今やんのアドバイス。1本目のオレのフライトで随分がっかりさせてしまったらしく、いろいろ教えてくれた。
①オレは一人で飛べる力があるのに他人に影響されすぎている。
②先週のフライトも含め、あせり過ぎ。霊石は高度を取りにくいエリアなので、しっかり上げて動かなければダメ。
③コンディションが煮詰まるまで、待つことも必要。
④谷がサーマルコンディションの時は、谷に風が吸われるので、低高度ではリッジは取れなくなる。谷のリフト帯で上げるべき。(ホントか?)

うむむ、確かに一理あるかも。
[PR]
by taka_sunama | 2009-04-05 20:22 | Flight Log | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30