takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

ライトスポーツ4

6月26日(木) 霊石山
曇りときどき晴れ 北西の風 4m/sくらい
LST4 テストフライト
1.max410m 35min(LST4)
2.max388m 20min(T2-144)

楽にリッジがとれるテストフライト日和。
ランディングが、もろ土手被りなのが嫌だなあ。

今日はH大Y君の モイス ライトスポーツ4ノーマルセールで飛びました。
オーバーホール明けの機体です。

ライトスポーツには初めて乗りましたが、噂通りの、なかなか乗り味の良い機体でした。一部ではコントロールが軽すぎるという話もありましたが、特に不安定な感じはなく、ピッチの手応えもそこそこあってオレとしては乗り易いセッティングでした。
ターン、センタリング時の食い込みが少ないのでのんびり飛ぶ分にはハイサイドのコントロールはあまり必要なさそうです。
安定したリッジで混雑していなければ、VG半分でも楽にコントロールできました。
VGフルONの性能は60km/hまではかなり良さそうでしたが、80km/hまでだすと、もちろん今の角無しにはかないません。高速域ではノーマルコントロールバーの抵抗が気になりました。
片翼あたり1本しか無いラフラインですが、このラフラインのおかげでどの速度域でも適度なピッチの重さがあり、フライト全般に安心感をもたらしている気がします。
コントロールが軽くて、低速の持ちもよいのでランディングも簡単だと思いました。フレア操作も軽めでしっかりかかりました。
と、ベタ褒めな感じですが、この機体を誰に薦めるかというと、ちょっと悩むところです。確かにとても乗り易い、いい機体なのですが、その特性は、角付きといっても、やっぱり上級機だと思います。
さて、今の角無しコンペ機も乗り易い機体が多いですが、10年前の上級機と比べると、性能の良さと引き換えにランディングアプローチが結構シビアだと思います。ランディングが得意なパイロットや、毎週飛んでいる人ならいいですが、それほど頻繁には飛べないパイロットも多いでしょう。

高性能キングポスト機というクラスは’有り’だと思います。
このクラスの機体には是非ベテランのパイロットに乗ってほしいと思います。
リラックスして飛べるのに、VG引けばしっかり高性能という機体はフリーフライトをより楽しいものにしてくれるはず。
すでに、このクラスの機体で楽しく飛んでいるベテランパイロットの方も意外と多いです。

ちなみにこのクラスの機体は各社から発売されていてそれぞれのメーカー色があってベテランパイロットも選べる楽しみもあるんじゃないかなあ。
以下、たぶん、このクラスだと思われる機体。
モイス ライトスポーツ
ウイルスウイング U2
エアロス ディスカス
イカロ ラミナールMastR

とりあえず、オレが飛んだことのあるウイルスウイングのU2-145、U2-160、モイスのライトスポーツ4は完成度の高い、いい機体だと思います。
[PR]
by taka_sunama | 2008-06-27 02:26 | Flight Tool | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31