takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

西富士JC最終日

もう、だいぶ日が経ってしまったが、まだ覚えているので書いときます。
あくまで、独り言なので。

タスク TO→天子→さんじゅうTO→野外活動センター→天子の墓→さんじゅうTO
     →白光信仰会SL→メインランディング タスク距離約46km

内藤さんの気象情報通り、朝は良かった天気が、サーマルによって発生した雲がどんどん拡がって空を覆い、いつ終わってしまうのか?という心配の中ゲートオープン。みんなすんなり上がり次々とテイクオフするが、雲底が低いため(TO+200~300m)雲に入らないように注意しながらスタートを待つ。2名ほど、わざとフライングする選手も出た。(今年からの新ルールでフライングした選手にも距離得点は与えられる。)

11:00一斉スタート。おそらく約30機が天子の往復をハイウェイでグライドする。オレは10番手くらいか?そのまま毛無のアゴになだれこむ。しかしこの場所でみんなとガーグルを組むことを本能的に避けてしまうオレはあっさりあげ遅れる。とはいってもちょっと時間をかければ、すんなり雲底に。さんじゅうTOをとって、養毛の尾根に戻るか?ダイレクト野活か?。野活方面をよくみると、先頭集団(4,5機)がグランドでいい感じで上げている。もちろんその下へ。最近の経験上、いいサーマルはいい時に使うのが大事と思っていたので野活をとる前にグランドで上げて雲底に。そのまま雲底から落ちずに野活をとって西富士TO前に戻った。

西富士TO前で渋いサーマルヒット。回しているうちに、前日の夜聞いた、リジット世界選で活躍したY本さんの言葉が頭にうかぶ。「コンディションのいい日に平均+1以下のサーマルで回すのは悪だ!」そうかこのサーマルは悪なんだ。もうハイウェイに乗れる高度はあるし、さっさと前に進もう。ハイウェイを天子に向けてグライド。やっぱり落ちない。途中で桂さん岡田さん博司さんとすれ違う。うーん遅れてる。天子の墓をとって天子に戻り、いいサーマルで雲底に。上げすぎると北に向かうときに雲の入ってしまうので途中でサーマルきってまたグライド。雲底が低いので心細いが雲底よりは上げられないのでそのまま毛無のアゴへ。

さっきより低いし渋い。しばらく粘るが上がらない。ちょっとずつ前に出てサーマルを探しているうちにさんじゅうTOがとれてしまった。オレより上、雲底近くに1機いた。ここであげきればぎりぎりだけどファイナルがかけれる。幸いパラは同高度以上にはいない。
パラTOの尾根をなめるようにセンタリングを続けると渋いけど徐々に上がりだし雲底に。
あとはファイナルグライド。風は弱いし、大気は安定してそう。出だしは雲底であんまり落ちないし。残り10km弱、高度800m。
行くしかない。慎重にグライドするとわりと余裕でゴールに届きました。

タイムは1時間21分、トップ大門さんは1時間8分。
このタスクで13分差はちょっと大きすぎる。やっぱりまだまだ無駄が多いということ。
この日は7位でした。

総合では6位でした。もちろん満足はしていないけど、よく頑張れたかなあとは思う。
大会は楽しいです。来年以降も大会開催して欲しいです。

さらなる、技術向上の為に、苦手な理論を勉強中。
クロスカントリーソアリングって本がいいらしい。
でもすぐ寝ちゃうからなかなか進まない。(^^;

ところで今回の参加賞の写真の中で1番かっこいいと思った下の写真、良く見たらオレでした。
どっかのコンクールに出したら入選しそうだと思いません?カメラマンは誰だろう?

d0065302_22371348.jpg

[PR]
by taka_sunama | 2007-01-10 22:52 | competition | Comments(1)
Commented by あっしぃ at 2007-01-14 22:04 x
BestShotは西富士の名カメラマン通称oh鈴さんでしょう。
最近は飛ばずに写真ばっかりですけど。
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31