takashiの独り言

takashi427.exblog.jp ブログトップ

EastJapan Championship 2017 day3

ファーストゴールでデイリー1位。

10/8 day3 一応晴れてはいるものの、800m程の低い雲底、海風の早めの進入が予想され、タスクはテイクオフ3kmEXITスタートから西に20km、北に10km、また西に9km進んでゴールの39kmショートタスク。スタートはオープン時間無しのエラップス。つまりいつでもいい。
ポイントは西にこぼれるタイミングか?とのテイクオフ前の予想。
2番目にテイクオフするも一上げに苦しみ、ムタが先行して行ったのは知らなかった。最初は雲底700m程なので、もう少し高度が欲しくて待機。時間は12時を回ってきて、西の空は東よりは晴れているので、雲底に着けた人から西へ向かう。足尾山の西側の比較的近いところで上げ直しのガーグルが出来ていたので、そのサーマルに入れそうなタイミングで西側へこぼれる。
まだ、スタートシリンダーの中なので、加波山、足尾山付近でしっかり上げてからスタート。近くに田中元気選手。世界選手権の最も渋い日に単独ゴールを決めるパイロットと一緒に飛ばない手はない。元気君を見失わないようにしながら、やや北側のコースを進む。
高度が取れないので、ちょくちょく上げながら進み、第一パイロン手前4km付近の街の上で元気君に引き離されてしまったで、自分でサーマルを探したら割と良いサーマルに当たり900m程まで上がる。
第一パイロン取って北に進むレグは下層の南風と鬼怒川の東側に出来ていたリフトラインに乗って、わりと順調。先行していた太田君をかわし、再び先行する元気君が見える位置になる。しかし、第ニパイロンの橋に近づく頃には高層雲がしっかり張り出してしまい日照が弱まり、本日終了の雰囲気。橋を取った先の小さな集落の上で元気君が回していたので、そこに合流するけど、とても上がるサーマルではなく、元気君はサーマルを探しに更にゴール方向へ向かって行ってしまった。高度300mくらいで回しだして250mくらいまで下がったところで太田君が近くにきて少しだけ南側で回しだしたのでリフト帯を外さないように丁寧に回していると少しずつ上がってきた。高度350mくらいまで上がった頃に後続の集団が合流。南東風に流されていき、ゴールまでは6.5kmくらい。700mくらいまで上がったところで、砂間がファイナルグライドをかける。
ゴールが見えてきたけど、機体が見えないのでどうやらファーストゴール。
なかなか気持ちいいもんです。
結局、最後の渋々サーマルで上がった7機だけがゴール。いろいろラッキーな展開でした。
d0065302_17143279.jpg

d0065302_17143715.jpg
自撮り難しい。(^^;;

EJC2017 day3 結果


[PR]
by taka_sunama | 2017-10-10 16:06 | competition | Comments(0)
line

ハンググライダーフライトログなど


by taka_sunama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30